Pizza Hut

導入事例

Pizza Hut

機械学習を活用してチャネルを追加し、収益を21%増加

本記事では、業界のトップランナーでありBrazeの「2020 Customer of the Year」にも選出されたPizza Hutが、Brazeのプラットフォームを活用して革新的なキャンペーンを打ち、30%のトランザクション増加、21%の収益増加、 10%の利益増加を達成した事例を紹介します。

Yum! Brands社の傘下にあり、全世界で18,000以上の店舗を展開するPizza Hutは、これまでホワイトハウスから国際宇宙ステーションキリマンジャロの頂上まで、さまざまな場所に熱々のおいしいピザを届けるための努力を重ねてきました。

Pizza Hutは以前よりEメールSMSをマーケティングに活用していたものの、より良いマーケティング方法はないかと模索していました。既存のプラットフォームにはモバイルチャネルのネイティブ機能やクロスチャネルでの顧客とのコミュニケーションを一元的に把握する機能がなく、データ運用に手間と時間がかかるのが難点だったといいます。

そこで同社はさらに効果的にメッセージを伝えるべく、より多くのモバイルチャネルを活用。同時に既存チャネルもよりパーソナライズした形に改良する計画を立ち上げました。その際に、柔軟性に欠ける既存のプラットフォームでは理想的な対応ができないと考え、2019年春にBrazeを導入したのです。

Pizza Hutは、Brazeを導入してからわずか数ヶ月で、それまでのカスタマーエンゲージメントプラットフォームでは不可能だったMABmulti-armed bandit :多腕バンディット。機械学習の分野で注目を集めている)の多変量テストの立ち上げを行いました。

また、Brazeへのデータ読み込みの容易さや、カスタマージャーニーを構築する機能「Canvas」の柔軟性、メッセージをパーソナライズする機能「Liquid」による多面的なダイナミックロジックの構築力などを活かすことにより、数百種類のバリエーションを持つターゲットメールの配信に成功しています。

Pizza Hut独自に開発した機械学習アルゴリズムであるMABは、数日ごとに結果を確認し、最新情報をフィードバックすることで、メール戦略をリアルタイムで最適化できます。

さらに、Braze導入後にプッシュ通知アプリ内メッセージも開始。パーソナライズされたチャネルのポートフォリオを充実させて情報を活用することで、顧客とのコミュニケーションを図っています。

Brazeのプラットフォームの柔軟性が、Pizza Hutのビジネスが1年間で大きく成長した一つの理由となのです。

MABを活用してトランザクション、収益、利益が増加

MABを活用して送信したメールは、標準的なメールと比較してトランザクションを30%、収益を21%、利益を10%増加させ、大きな成果をもたらしました。

Pizza HutのCRMチャネル戦略担当マネージャーであるビクトリア・ミッチェル氏は「Brazeの機能を活用して、Eメール、SMS、モバイルチャネルを通じた顧客コミュニケーション戦略を進展させることができ、非常に感銘を受けました。2021年以降に向けて、クロスチャネルの統合とターゲティング機能はさらに重要になっていくでしょう。」と述べています。

まとめ

Pizza Hutは、カスタマーエンゲージメントの実践と大規模なパーソナライゼーションに注力することで、顧客との関係を深めながら収益を増加させることができました。また、Brazeは、複雑なMABを迅速かつシンプルに構築。ROIの取得を即座に実現しています。

Brazeプラットフォームについての他の事例は、こちらの記事で紹介しています。

お問い合わせ

Brazeの製品/ソリューション、デモやお見積りに関しては、下記フォームよりお問い合わせください。

お問い合わせ