お知らせ

2021/09/06

プレスリリース

コンタクトレンズメーカーのシンシア、カスタマーエンゲージメントの基盤として 「Braze」を採用

2021年9月6日

コンタクトレンズメーカーのシンシア、カスタマーエンゲージメントの基盤として「Braze」を採用

「徹底的な顧客理解」をもとにしたブランド構築を目的にカスタマーエンゲージメントの高度化を目指す

統合型カスタマーエンゲージメントプラットフォームを提供するBraze株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:菊地 真之、以下「Braze」)は、株式会社シンシア(本社:東京都文京区、代表取締役:中村 研、以下「シンシア」)が顧客とのコミュニケーションおよびエンゲージメント強化を目的に「Braze」を採用したことをお知らせします。

背景

​シンシアは創業当初より、「誠実な企業でありたい。」という企業理念を持ち、「ひとみに、誠実に。」という方針のもと、高度管理医療機器であるコンタクトレンズの製造・販売を行う企業の責務として、商品の安全性、品質管理を第一に考えながら、より多くのお客様に喜んでいただけるよう、お客様に寄り添いながらさまざまな商品を開発し、従来の眼科、処方施設のみならず、ドラッグストアをはじめとした新しい販路のインフラ構築にも取り組んできました。

昨今の新型コロナウイルス感染拡大の影響により、既存の対面接客・販売が主流であったコンタクトレンズ市場でも大きな変化を余儀なくされ、これまでのマーケティング手法を刷新し、より精度の高いマーケティング戦略とデータドリブンな施策展開が可能となるインフラ構築実現が求められています。このような背景から、徹底的な顧客理解を基盤としたコミュニケーションの構築を早期に実現させるために、すべての消費者をリアルタイムで把握し、直感的なカスタマージャーニーが構築可能なBrazeを採用していただきました。

展望

瞳の色がひとりひとり違うように、求められるコンタクトレンズも異なります。個人に合わせて選べること、使い続けやすい価格であることも忘れずに、お客様をはじめ社会に対して、常に価値のあるモノ・サービスを提供する企業でありたいという想いのもと、「Braze」を導入することにより、ユーザーの行動や状況をリアルタイムで把握し、パーソナライズされたメッセージ配信を行うことで、更なるデジタルマーケティング戦略の強化を目指します。

※2021年8月末時点

株式会社シンシア マーケティング部 部長 麻生 俊幸氏は次のように述べています。

コンタクトレンズの販売については現在も眼科医ルートが主流であり、大手コンタクトレンズメーカーが、そのシェアを占めています。後発である当社が、大手メーカーと同じことをしていては勝ち目がありません。その中で、業界でも先駆けてネット販売にチャレンジすることにより市場を拡大し、業績を伸ばしてきました。Brazeを導入することによって、ユーザー一人一人に適切なタイミングで、そのタイミングに求められる価値あるサービス、コンテンツを提供することで、顧客エンゲージメントの高度化を実現すると共に「徹底的な顧客理解」の実現、ユーザーとの長期信頼関係の構築を目指します。

Braze 株式会社 代表取締役社長 菊地 真之は次のように述べています。

シンシア様のマーケティングの新たなフェーズにおけるCRMとマーケティングオートメーション領域強化においてBrazeがご支援できることを光栄に想います。消費者のニーズが多様化し続けるコンタクトレンズの市場において、マーケティングオペレーション工数を削減しつつ、お客様一人ひとりを理解したコミュニケーションを実現していくことは喫緊の課題です。弊社はカスタマーエンゲージメントプラットフォームのサービスプロバイダーとして、シンシア様とお客様との信頼関係構築を支援してまいります。

シンシアについて

会社名:株式会社シンシア(東証第一部:7782
本社所在地:〒113-0033 東京都文京区本郷1-28-34 本郷MKビル6
事業内容:コンタクトレンズ製造・販売ほか
代表者名:代表取締役執行役員社長 中村 研
取得許認可:医療機器製造業(13BZ201476・第一種医療機器製造販売業(13B1X10069)・高度管理医療機器販売業(2020文文生薬第1227号)・品質マネジメントシステム ISO 134852016JQA-MD0059
ホームページ:https://www.sincere-vision.com

Brazeについて

Brazeは、消費者とブランドとの間に関連性のある記憶に残る体験を提供する、包括的なカスタマーエンゲージメントプラットフォームです。Brazeのすべてのインタラクションはコンテクスト(文脈)によって支えられており、ブランドは、迅速かつ継続的に価値を提供するチャネル間のインタラクティブな会話を通じて、消費者との人間的なつながりを育むことができます。Brazeは、Fortuneの「2021 Best Workplaces in NY」、Fortuneの「2021 Best Workplace for Millennials」に選ばれたほか、英国と米国で「Great Place to Work」に認定されています。詳細はhttps://www.braze.co.jp/をご覧ください。

報道関係者の問い合わせ先

Braze株式会社
広報担当:高橋
メール:Info@braze.co.jp
電話番号:090-4412-0263
所在地:東京都港区赤坂9-7-1 ミッドタウン・タワー18階

お問い合わせ

Brazeの製品/ソリューション、デモやお見積りに関しては、下記フォームよりお問い合わせください。

お問い合わせ