データおよび分析

内容 Census

Censusは、他社のツールやデータベースに囲い込まれている顧客データをBrazeに取り出すことを可能にする統合プラットフォームです。Censusを活用すると、エンジニアの力を頼らずに、欲しい情報にすぐにアクセスできるようになります。

パートナーとの連携方法

  • エンジニアの助けは不要:データ作成にエンジニアの助けを借りたり、Brazeに手動でインポートしたり、マージしたりする必要はありません。Censusはデータパイプライン全体を自動化することにより、Brazeで適切なデータに直接アクセスできるようにします。
  • データプロセスの自動化:フィールドをマッピングし、クエリーを作成してデータを変換、統合することで、Brazeでの使用が可能になります。
  • 既存のウェアハウスとの連携:Censusにデータを移行したり、別のシステムと同期させたりする必要はありません。Censusは、既存のウェアハウス上で動作するため、全てのデータを一元管理できます。