Brazeキャンバスでダイナミックなキャンペーンやカスタマージャーニーを作成し、反復し、テストできます

1つの包括的なインタフェース

Canvas orchestration tool with single step
Canvas orchestration tool with many steps
直感的なカスタマージャーニーツール、キャンバスを活用する企業はセグメント化、オーケストレーション、パーソナライゼーション、メッセージングエクスペリエンスのテストなどをすべて一元的に実行できます。

話すだけでなく耳を傾けるキャンペーンの開発

ダイナミックなオーディエンスセグメンテーション、アクションベースの配信、リアルタイムのパーソナライゼーションで顧客関係のレベルを引き上げることができます。

31% パーソナライズコンテンツを活用したメッセージング戦略でコンバージョン率を向上
267% 時間ベースではなくユーザー行動をトリガーとしたメッセージ配信で、コンバージョン率を向上
642% キャンバスのクロスチャネル戦略の実行によるエンゲージメントの向上

ダイナミックセグメンテーション

固定リストや一括送信型のメッセージングはもう必要ありません。Brazeでは顧客のリアルタイムの行動や好みを把握し、顧客の変化に合わせてダイナミックにオーディエンスを強化できます。

ジャーニーオーケストレーション

直感的なドラッグアンドドロップのインタフェースが、ジャーニー開発プロセスをガイドします。ジャーニーが1つでも複数でも、またはチャネルが1つでも複数でも、一貫性の高いパーソナライズされたカスタマーエクスペリエンスが提供されます。

柔軟なデリバリー

Braze APIを活用することで、アクションベースのトリガーを追加することができます。これにより、消費者がキャンペーン内、またはアプリやウェブサイトの外部で特定のマイルストーンを完了したときに、キャンバスをデプロイすることができます。

A/Bテスト

コードを一行も書かずに、コントロールに対してバリアントをテストし、効果的な方を自動的に送信します。キャンバス分析レイヤーでは、どちらの機能が効果的だったか、また他のパフォーマンス指標を収集します。