メール配信機能


配信到達性(デリバラビリティ)の指標:メールのブロックリストの理解とカスタマーエンゲージメントに与える影響

Team Braze 作成者: Team Braze 2024/06/11

2023年には1日に推定3000億通以上のメッセージが送信され、メールは依然としてブランドのマーケティングツールの中で重要な役割を果たしています。最近のデータによると、このチャネルを正しく活用すると、メールのROIは最大4,200%に達することがあります。その効果は、主に送信者が受信トレイに到達できるかどうかに依存しているため、到達率のベストプラクティスを遵守することが、効果的なメールマーケティングプログラムの基盤となります。

業界が進化し続ける中で、成功を測る能力は送信結果を分析し解釈する能力に依存しています。しかし、どの指標が重要で、どれがそれほど重要でないのでしょうか? 高い到達率を維持するためには何を監視し、予期しない、または好ましくない結果に直面した場合にはどのように対応すべきでしょうか?ここでは、到達率に影響を与える指標について詳しく見ていき、メール送信者の評価に影響を与える要因を包括的に解説します。

今回の焦点:ブロックリスト

代替用語:ブラックリスト、ブロッキングリスト、拒否リスト

ブロックリストとはブロックリストは、スパムに関連するIP、IP範囲、またはドメインのリストです。その名前に反して、ブロックリスト自体がメールをブロックするわけではありません。これは、メールボックスプロバイダーが配信の判断を補助するために参照できるデータベースに過ぎません。

歴史的には、ブロックリストは配信到達性に大きな影響を与えていましたが、スパムフィルタリングが進化するにつれて、その重要性は低下しました。1990年代から2000年代初頭にかけて、メールが拒否された場合、まずブロックリストを確認するのが一般的でした。しかし、一般のメールボックスプロバイダーが送信者の評判をより正確に評価できるようになると、ブロックリストを補完するために、内部の配信履歴データを統合したアルゴリズムが使用されるようになりました。その結果、今日ではブロックリストに登録されていても、ブロックリストや受信ドメインによっては、トラフィックにほとんど影響がない場合もあります。

ブロックリストの作成者:ブロックリストには制約や管理機関が存在しないため、誰でも作成することができます。知名度のあるメールブロックリストは100以上あり、それ以外にも無数のリストが公開されています(ただし、利用がほとんどない場合もあります)。

最も影響力のあるブロックリストはSpamhausで、そのリストに掲載されると、リストの構成によりますが、配信率が60%以上低下することがあります。他の一般的なブロックリストには、SORBS、UCEProtect、SpamRats、Invaluement、Abusix、Proofpoint、Spamcop、SURBL、0Spamなどがあります。Microsoftなどの一般向けメールボックスプロバイダーも独自のブロックリストを維持することができます。

なぜブロックリストに載るのか:ブロックリストに掲載される主な理由は、スパムトラップに引っかかること、スパムの苦情、その他IPまたはドメインが不要または悪意のあるメッセージを送信していることを示す兆候に起因しています。

どこで確認できるのか:ドメインやIPがブロックリストに載っているかを確認するためのオンラインツールがいくつかあります。代表的なものにはMXToolboxやWombatmailがあります。ただし、配信到達性の問題がブロックリストによるものであるとは限りません。むしろ、ブロックリスト掲載と配信到達性の問題には同じ原因(例:スパムトラップに引っかかること)がある可能性が高いです。

心配するタイミング:IPやドメインがブロックリストに載っている場合、まずその影響を把握しましょう。あなたのメールはブロックされていますか(つまり、拒否されていますか)? バウンスコードや拒否理由が、ブロックリストを原因としていますか? Brazeの顧客は、メッセージアクティビティログやCurrentsを利用してバウンス理由を確認できます。バウンスメッセージにブロックリストへの言及がない場合、そのリストが拒否の原因である可能性は低いです。しかし、リストに載っていることは、IPやドメインがスパムを送信している兆候を示している可能性があるということです。

たとえメールが拒否されていない場合でも、オプトインプロセスが期待通りに機能しているか、サンセットポリシーが有効になっているか、最もエンゲージメントの高いオーディエンスにターゲットを絞って送信しているかなどを確認するために、配信方法を見直す必要があります。ブロックリストに載ることは、将来的な到達率の問題を予告している可能性があるため、目立った影響がまだ出ていない場合でも警告として捉えるべきです。中には、IPアドレスの範囲全体やメールサービスプロバイダ(ESP)全体をリストに載せる攻撃的なブロックリストもありますが、これらの広範なブロックは採用率が低いため、到達率に影響を与える可能性は低いでしょう。

予防:強力なオプトインプロセスとサンセットポリシーが、ブロックリストに載らないための主要な防御策です。確認済みオプトイン(ダブルオプトイン)を実施することで、メーリングリストのすべてのアドレスが正当な購読者に属していることを確実にします。確認済みオプトインでは、ユーザーがメールアドレスを登録した後に確認メールを送り、そのメール内のリンクをクリックして初めて登録が完了します。これにより、不正なアドレスや誤った登録を防ぐことができます。サンセットポリシーは、エンゲージメントのないアドレスに送信するリスクを排除します。このポリシーでは、一定期間にわたってメールを開封したりクリックしたりしなかったアドレスを定期的にメーリングリストから削除します。これにより、スパムトラップとして再利用されたアドレスへの送信を防ぐことができます。

Braze Deliverability Servicesのお客様には、ブロックリストを回避するためのカスタマイズされたガイダンスと、万が一ブロックリストに載った場合の改善策を提供しています。

対策:一度ブロックリストに載った場合、最近の送信内容を確認し、潜在的な原因を特定する必要があります。原因としては、オーディエンスの変更(ユーザーターゲットの変更を伴うセグメントの更新)、新しいリード生成元、または休眠ユーザーの再アクティベートの試みなどが考えられます。オンラインサインアップフォームでアドレスを収集する場合、ブロックリストの原因となるフォームの不正使用を阻止するために、キャプチャおよび/またはハニーポットフィールドで保護する必要があります。ブロックリストの中には、サイト上で削除方法を提供しているものもあれば、問題のある送信行動が見られなくなってから一定期間が経過すると自動的にブロックリストを解除するものもあります。削除を依頼する場合は、オプトインプロセスの改善やサンセットポリシーの更新など、今後の再掲載を防ぐための対策についての詳細を含める必要があります。また、ブロックリストからの削除に対して支払いを求められた場合は注意が必要です。影響力のあるブロックリストは、削除手続きを行うために支払いを要求しません。

重要なポイント

ブロックリストの重要性は時間の経過とともに減少していますが、影響を評価し、メールが目的のオーディエンスに届いていることを確認するための実践を見直すことは依然として重要です。

メール配信に課題を抱えている方は、ぜひBrazeまでお問い合わせください。

こちらの記事もご覧ください!

2024年 メール配信の到達に関するアップデート: GmailとYahooメールに期待すること


Team Braze

Team Braze

関連コンテンツ

配信到達性(デリバラビリティ)の指標:スパムトラップの理解とカスタマーエンゲージメントに与える影響

もっと読む
A robot hand reaching out to click

Botなのか否か: メールのBotクリックを理解する

もっと読む

メール

2024年 メール配信の到達に関するアップデート: GmailとYahooメールに期待すること

もっと読む

メール配信機能

最新のメール事情:YahooとGmailの2024年から導入される新しい配信要件について

もっと読む