Brazeカテゴリー


用語集

Team Braze 作成者: Team Braze 2019/02/10

目次


A/Bテスト

\\ˈā\\ \\ˈbē\\ \\ˈtes-tiŋ\\

要約

A/Bテストにより、マーケターはメッセージ(またはその他のアセット)の2つのバージョンを比較して、どちらのバリアントのパフォーマンスが最適かを評価できます。

定義

A/Bテストでは、顧客向けメッセージ、アプリ、Webサイトなど、特定のアセット内で1つの変数をテストできます。このタイプのテストは、3つ以上のメッセージバリアントをテストできる多変量テストと対比されることがよくあります。

マーケターはA/Bテストを使用して、プッシュ通知やメールなど、どのバージョンの顧客向けメッセージがエンゲージメント指標を促進(コンバージョン数の最大化など)しているかを判断できます。例えば、2つのメールメッセージバリアントを比較して、どのバージョンの件名が最も効果的かを確認できます。

例文

「A/Bテストを実施したところ、世界絵文字デーのプッシュ通知は、テキストに絵文字を含めた場合の方がコンバージョン数が多くなるという意外な結果が明らかになりました。」

トップに戻る


>アプリケーションプログラミングインターフェイス(API)

\\ˌa-plə-ˈkā-shən\\ \\ˈprō-ˌgram\\-miŋ\\ \\ˈin-tər-ˌfās\\

要約

APIは、開発者がソフトウェアアプリケーションを構築し、情報を互いにやり取りさせるために使用するツールと指示です。

定義

APIは、ソフトウェアを接続するためのツールと指示のセットであり、プログラム間で情報を共有することによってデータベースやテクノロジーをより適切に接続する目的で使用されます。APIは、2つのシステム間の相互のやり取りに必要なガイダンスと支援を開発者に提供し、ユーザーエクスペリエンスとユーザーデータ統合の可能性を広げます。

多くの場合、より堅牢なエクスペリエンスを提供するには、CRMが他のデータベースと情報をやり取りできることが必要です。APIは、CRMを設定または選択するとき、あるいは動的な(自動入力される)コンテンツを使用してキャンペーンを実施するときに検討すべき重要な機能です。マーケターは開発者と協力して、キャンペーンの実施に必要なドキュメントと企業が必要とするレポートを入手する必要があります。

例文

「この気象情報APIを使用すると、メッセージングをパーソナライズして、ユーザーの地域の実際の気象条件を反映させることができます。」

トップに戻る


アプリケーションプログラミングインターフェイス(API)

\\ˌa-plə-ˈkā-shən\\ \\ˈprō-ˌgram\\-miŋ\\ \\ˈin-tər-ˌfās\\

要約

APIは、開発者がソフトウェアアプリケーションを構築し、情報を互いにやり取りさせるために使用するツールと指示です。

定義

APIは、ソフトウェアを接続するためのツールと指示のセットであり、プログラム間で情報を共有することによってデータベースやテクノロジーをより適切に接続する目的で使用されます。APIは、2つのシステム間の相互のやり取りに必要なガイダンスと支援を開発者に提供し、ユーザーエクスペリエンスとユーザーデータ統合の可能性を広げます。

多くの場合、より堅牢なエクスペリエンスを提供するには、CRMが他のデータベースと情報をやり取りできることが必要です。APIは、CRMを設定または選択するとき、あるいは動的な(自動入力される)コンテンツを使用してキャンペーンを実施するときに検討すべき重要な機能です。マーケターは開発者と協力して、キャンペーンの実施に必要なドキュメントと企業が必要とするレポートを入手する必要があります。

例文

「この気象情報APIを使用すると、メッセージングをパーソナライズして、ユーザーの地域の実際の気象条件を反映させることができます。」

トップに戻る


コントロールグループ

\\kən-ˈtrōl\\ \\ˈgrüp\\

要約

コントロールグループ(対照群)は、変更を加えていないマーケティングの対象となり続けるテストのセグメントであり、新しいキャンペーンやチャネルアウトリーチの適用対象となる別のセグメントと結果を比較するために使用されます。

定義

コントロールグループは、テストで使用する変数の適用対象とならないテストユーザーのグループであるため、結果測定用の比較データセットの作成に役立ちます。新しいチャネルへのリーチを開始したり、新しい方法でユーザーにアプローチしたりする場合、コントロールグループは、新しいチャネルやアプローチの適用対象とならず、引き続き通常のマーケティングの対象となります。コントロールグループと比較して、テストグループで統計的に有意なコンバージョンの増加が見られる場合は、新しいアプローチが効果的であったと見なすことができます。ただし、2つのグループのコンバージョンに有意差がない場合は、新しい戦術が違いを生んだと結論付けることができないため、別のアプローチを試してみることをお勧めします。

コントロールグループのユーザーがそれ以外のユーザーと同様の人口構成になっていることが重要です(例えば、コントロールグループのほぼ全員を誤って女性にすると、意図しない別の変数がミックスに追加されてしまいます)。また、開始する前に仮説を設定しておき、テストする単一の変数に焦点を合わせることで、結果をできるだけ理解しやすくすることも必要です。

例文

「プッシュ通知がオンボーディングキャンペーンをどのように強化したかをテストするため、(新しいプッシュ通知以外の全てを受信する)コントロールグループを維持しました。これにより、通知がテストグループに大きな影響を与えたことを、より簡単に確認できました。」

トップに戻る


コンバージョン

\\kən-ˈvər-zhən\\

要約

コンバージョンとは、企業が顧客に働きかけて実行させようとしているアクション(購入など)のことです。

定義

コンバージョンは、企業が顧客に働きかけて目標とする特定のアクションを実行させることに成功したときに発生します。製品を購入する、デジタル広告をクリックする、アプリを開く、ニュースレターを購読登録するなど、さまざまなアクションが考えられます。企業は通常、顧客の獲得、定着化、収益化に関連した戦略の一環としてコンバージョンを促進するために、広告と顧客アウトリーチチャネル(メールやプッシュ通知など)を利用します。企業は、コンバージョンを追跡することで、顧客の行動に影響を与える要因や、オーディエンスのメンバーのカスタマージャーニーの進み具合をよりよく理解できるようになります。

例文

「当社は購入ではなくアプリ内広告を通じて収益を上げているため、アプリを開くというコンバージョンを最も重視しています。」

トップに戻る


クロスチャネルメッセージング

\\ ˈkrȯs \\ ˈcha-nᵊl \\ˈme-sijiŋ /

要約

このカスタマーエンゲージメントアプローチでは、複数のメッセージングチャネル(プッシュ通知やメールなど)を連携させて、さまざまなコミュニケーションタッチポイントで効果的に顧客にリーチします。

定義

企業が複数のメッセージングチャネルを連携させて顧客向けコミュニケーションを送信することを、クロスチャネルメッセージングと呼びます。このアプローチは、単一のチャネルを使用した場合よりも強力なエンゲージメントをもたらすことが分かっており、新時代の顧客アウトリーチのますます大きな部分を占めるようになっています。


マーケターはクロスチャネル戦略を採用する場合、メール、プッシュ通知、アプリ内メッセージなどの従来の方法と最新の方法をスマートに組み合わせて使用して、あらゆる場所のユーザーに無理なくリーチできます。クロスチャネルマーケティングを正しく行うには、組織を構成する全ての部門が、目標とプライオリティの異なる別個のチームであってもコミュニケーションをとり合い、コラボレーションを行うことが不可欠です。

例文

「クロスチャネル戦略をスマートビジネスとして認識していることと、マーケティングチャネルをもう1つ追加することでエンゲージメントをどれだけ高められるかを理解していることには大きな違いがあります。」

トップに戻る


顧客行動

\\ˈkəs-tə-mər\\ \\bi-ˈhā-vyər\\

要約

顧客行動は、マーケティング活動を改善するために追跡および分析できるユーザーアクションです。

定義

顧客行動とは、顧客が企業に関連してとりうる全てのアクションを指しますが、マーケターにとって特に知る価値があるのは、顧客との関係構築に必要な情報を得ることのできる追跡可能なアクションです。モバイルの世界の顧客行動は、視聴、ダウンロード、オプトイン、購入など、何らかの形のエンゲージメントを示しているのが一般的です。

どのような種類の顧客行動データをCRMで収集できるか、どのようにして特定の行動をターゲットにすれば戦略に必要な情報を得ることができるか、どの行動がゴールに到達したことを示しているかを把握しておくことが重要です。「ダウンロードの1か月後にエンゲージメントを増やす」ことを目標としている場合は、その取り組みがアプリのオープン数、アクティビティレベル、プッシュ通知に記載されたオファーへの応答数にどのように影響するかに焦点を当てるべきです。価値ある情報の例としては、顧客からの反応が最も多い時間帯についての情報や、クリックして詳細を調べたいと顧客に思わせるほど興味を引くアウトリーチの形式についての情報があります。収集した情報は、セグメンテーションの改善とパーソナライゼーションに役立てられるほか、適切なメッセージを使用して適切な顧客に適切なタイミングでリーチする可能性を高めます。

例文

「再許可の顧客行動を追跡したおかげで、オンボーディング後にオプトインにつながる可能性のあるトリガーをより正確に把握できるようになりました。」

トップに戻る


カスタマーエンゲージメント

\\ˈkəs-tə-mər\\ \\in-ˈgāj-mənt\\

要約

カスタマーエンゲージメントとは、オーディエンスのメンバーと企業との間のオンラインまたは対面の関わり合いを指します。

定義

カスタマーエンゲージメントは、顧客が特定の企業と関わり合うときに生まれます。これには、アプリを開く、Webサイトにアクセスする、ソーシャルメディアの投稿にコメントする、メールを読む、プッシュ通知をタップする、実店舗に立ち寄るなどが含まれます。多くの企業は、メール、プッシュ通知、アプリ内メッセージ、ソーシャルメディアの投稿などのチャネルを介して顧客に働きかけることで、オーディエンスのメンバーとのより一貫したエンゲージメントを促進しています。カスタマーエンゲージメントは、キャンペーンと企業メッセージが顧客の共感を呼んでいるかどうかを把握し、特定の顧客またはオーディエンスセグメントに解約の危険があるかどうかを調べるために、企業によって追跡されることがよくあります。

例文

「過去1週間にWebサイトやアプリにアクセスしていないユーザーにパーソナライズされたメールとプッシュ通知を送信し始めたことで、カスタマーエンゲージメントの問題を解決できました。」

トップに戻る


顧客イベント/顧客アトリビューション

\\ˈkəs-tə-mər\\ \\i-ˈvents\\ \\ˈa-trə-ˌbyüts\\

要約

顧客イベントと顧客アトリビューションは、CRMによって収集される行動とユーザー情報に関するデータであり、アウトリーチをパーソナライズするために使用されます。

定義

顧客イベントと顧客アトリビューションはCRMによって収集され、セグメントまたはパーソナライズされたコンテンツの開発に使用されます。イベントには、セッション数、メッセージの最終受信日時、最近の購入など、エンゲージメントと使用状況に関する行動情報が含まれます。アトリビューションは、名前、年齢、所在地、性別、お気に入りの商品など、ユーザーに関するデータポイントです。これらの情報の組み合わせは、目的に適ったキャンペーンを開発し、顧客との関係を構築するために役立てられます。

この情報を利用することで、ユーザーが興味をもつ可能性の高い商品、ユーザーが反応する可能性の高いタイミング、ユーザーが好んで使用するチャネルに的を絞ることが可能になります。このデータをモニタリングすると、エンゲージメント強化に向かっている傾向を見極めて、セグメント化されたキャンペーンを開始し、より多くのユーザーをその方向に誘導できるようになります。CRMでデータを収集することは最初の一歩にすぎず、情報を入手した後は、アウトリーチをパーソナライズする可能性がほぼ無限に広がりますが、明確な意図をもってパーソナライズすることが重要です。ユーザーに価値を提供することを常に意識することで、メッセージングで相手を不快な気分にさせてしまうのを防ぎ、(プロフィールや基本設定の入力を通じて)データがどのように収集されたかを理解してもらえるようになります。

例文

「当社は多数の重要な顧客イベントと顧客アトリビューションを追跡しているため、新しいキャンペーンを常に適切にセグメント化して、パーソナライズされた体験をお客様に提供することが可能です。」

トップに戻る


カスタマージャーニー

/ˈkəstəmər/ /ˈjərnē/

要約

カスタマージャーニーは、顧客または潜在的な顧客が企業を認知した瞬間から、購入者または忠実な長期ユーザーに変わるまでの全プロセスを指します。

定義

以前は、「認知>関心>欲求>行動」モデルに沿った従来のファネルを使用して顧客を追跡できました。新しいテクノロジーの出現とビジネス目標の変化を背景に、カスタマージャーニーと呼ばれるこのプロセスは非常に緻密で複雑なものになっています。

今日のカスタマージャーニーは直接的な軌跡ではなく、1回限りの購入で終わるものでもありません。ユーザーがサービスや企業を体験する道のりはさまざまな段階にまとめることができますが、これらの段階が決まった順序で存在するわけではありません。新時代のデジタルカスタマージャーニーは、通常、ロイヤルティ>アクティビティ>エンゲージメントの低下>そして時として非アクティブな状態の順に進みます。これらの新しい段階は一人ずつ異なります。また、顧客が4つ段階を全て経ることがあっても、毎回同じ順序をたどることはめったになく、ユーザーごとに予測できるとも限りません。典型的なカスタマージャーニーを理解し、理想的なカスタマージャーニーとはどのようなものかを把握するほか、各段階でユーザーの注意を追跡して引き付けるためのシステムを導入することが重要です。

例文

「ほとんどの企業にとって、現在のカスタマージャーニーは直線ではなく、1回の購入で終わるものでもありません。」

トップに戻る


カスタマーパーミッション

\\ˈkəs-tə-mər\\ \\pər-ˈmi-shənz\\

要約

カスタマーパーミッションとは、企業がオーディエンスのメンバーの個人情報やデバイスアクセスなどについて行う要求です。

定義

カスタマーパーミッションとは、モバイルアプリまたはWebサイトに関連して企業が顧客に対して行う要求です。これらの要求には、顧客データ(所在地や連絡先情報など)へのアクセス、プッシュ通知やメールなどのメッセージを送信することの認可、またはスマートフォンやタブレットの構成要素(デバイスのカメラなど)へのアクセスを求めるものが含まれます。カスタマーパーミッションは、マーケターが特定の種類のメッセージを送信できるかどうかを左右し、機微のある顧客データを収集してアウトリーチにパーソナライゼーションを含めることができる範囲に影響を与えるため、新時代のマーケティング戦略の主要な要素であると言えます。

例文

「キャンペーンのパーミッション戦略が策定されていないと、クラス最高のメッセージングキャンペーンを作成するのは非常に困難です。結局のところ、顧客がプッシュ通知をオプトインせず、コピーに含めることができる個人データへのアクセスを許可しなければ、プッシュ通知をパーソナライズすることはできません。」

トップに戻る


カスタマーリレーションシップマネジメント[システム](CRM)

\\ˈkəs-tə-mər\\ \\-shən-ˌship\\ \\ˈma-nij-mənt\\

要約

顧客との関係や顧客の好みを効果的に管理するのに役立つツール、ソフトウェア、またはプラットフォーム。

定義

CRMは、顧客情報を追跡し、マーケターがカスタマージャーニーを管理するのに役立つテクノロジーツールまたはプラットフォームです。CRMはキャンペーンを通じた関わり合いとその結果に関する情報を全ユーザーについて収集して、キャンペーンのレポート作成と計画をサポートします。サービスは多種多様であり、完全に同じ構成のサービスは存在しないため、CRMを選択するにあたっては、自社にとって必要な主要機能に焦点を当てる必要があります。

CRMは最近、自動化されたマーケティングメッセージングシステムと統合されました。つまり、マーケターはCRMデータに基づいて施策を展開し、新しいメッセージやキャンペーンを送信できます。適切に設定およびモニタリングされた堅牢なCRMを使用すると、ユーザーグループのパフォーマンス統計を集約して、タイミング、設計、履歴、傾向、デバイス、チャネルなどの基本設定に関する情報をマーケティング戦略に提供できます。CRMで収集されたデータは、高度にパーソナライズされたキャンペーンの情報源となります。

例文

「さまざまなユーザーデータを管理できるCRMを導入したおかげで、地域住民以外のスポーツファン向けにメッセージをパーソナライズできるようになりました。」

トップに戻る


顧客リテンション

\\ˈkəs-tə-mər\\ \\ri-ˈten(t)-shən\\

要約

顧客リテンション率は、企業が特定の期間に保持している顧客の数を測定します。

定義

顧客リテンションは、最初のインタラクションの後に、引き続き企業と関わりを持つ顧客の数を表す指標です。リテンションは通常、一定の期間にわたって測定され(「特定のコホートまたはグループの何人の新規顧客が2か月後もエンゲージメントを継続したか」など)、未加工の数値(「企業が1年間に300人の顧客を保持」など)またはパーセンテージ(「企業の6か月間の顧客リテンション率は20%」など)で表すことができます。モバイルアプリでは、新規顧客を1人獲得するのにかかるコストが高く、リテンション率が低い傾向があるため、顧客リテンションを高く保つことが特に重要な懸念事項となっています。それを受け、多くの企業はパーソナライズされたアウトリーチなどのツールを活用して、リテンション率の向上に取り組んでいます。

例文

「3か月の顧客リテンション率が25%を下回ったとき、マーケティングチーム全体が緊迫した空気で包まれました。」

トップに戻る


ディープリンク

\\ˈdēp\\ \\ˈliŋ\\ˈkiŋ\\

要約

ディープリンクは、Webサイトまたはモバイルアプリ内のターゲットコンテンツにメッセージを接続して、ユーザーを次のアクションまたはエンゲージメントに誘導します。

定義

ディープリンクを使用すると、アプリ内の特定のWebページまたはコンテンツに移動できます。特定のお買い得品に関するプッシュ通知を送信する場合は、そのリンクをアプリの特定の商品リストまたはニュースフィードカードにつなげる必要があります。こうすることで、ユーザーをそのユーザーが興味を持っている商品のページやコンテンツに直接送って、ユーザーが結びつきを感じる度合いを高めることができます。ディープリンクは、顧客獲得の取り組みのためのインストールアトリビューションに関する詳細情報も提供します。

Web URLを共有するのは簡単ですが、アプリはすべて構造が異なるため、そのようなアプリ用のシステムはありません。ディープリンクを使用してユーザーを適切な場所に確実に移動するには、特定のソリューションが必要になります。URLとよく似た基本的なURLスキームを設定することができますが、ユーザーが既にアプリをインストールしていることが条件となります。状況連動型の新しいディファードリンクは、ユーザーをアプリ(インストールされている場合)に移動するか、ダウンロード用にアプリストアに移動するかを判断できます。これらのシステムは既存の構成に追加しなければならない場合がありますが、効果的で効率的かつ結びつきを強く感じるユーザーエクスペリエンスを提供するものであるため、十分な投資価値があります。

例文

「ディープリンクを使い始めてすぐにコンバージョンが劇的に増加しました。プロモーション通知を開いた後で、ユーザーがアプリの汎用ページから適切なページに移動されるようになりました。」

トップに戻る


メール

\\ˈē-ˌmāl\\

要約

メールは、比較的長いメッセージや比較的コンテンツが豊富なメッセージに適したモバイルメッセージングチャネルです。

定義

メールは、モバイルマーケティングの主要チャネルの1つです。今日の消費者の多くがスマートフォンやタブレットでメールを使用しているため、さまざまなデバイスに対応した機能と表示形式を考慮に入れてメッセージを作成することが必要です。マーケターは、場合によっては膨大なサイズになるメールサブスクライバーリストへのメッセージの送信と、IPアドレスのレピュテーション管理にメールサービスプロバイダー(ESP)を利用しています。これにより、メールが確実にユーザーに到達し、ユーザーが読めるようになります。有害なメールとしての報告や高いメール不達率などの問題がある場合、インターネットサービスプロバイダー(ISP)がそのメールドメインを受け入れる可能性が低くなり、メッセージの配信が停止されかねません。

メールは、プッシュ通知やテキストメッセージよりも深く掘り下げたリッチなコンテンツが必要な場合に最適なチャネルです。また、領収書や確認書を保存しておいて後で参照できるよう、トランザクションメッセージなどの特定のメッセージをメールで受信することを希望するユーザーも多くいます。メール戦略の改良とキャンペーン施策の増強にあたってテストおよび改善できるメールの側面は多数ありますが、その中でも特に重要なのは、ユーザーの興味を引く件名を付け、企業とボイスをメールに反映させて、ユーザーとの関係構築を継続できるようにすることです。

例文

「支払い確認などのトランザクションメールは、オートメーションが設定されていると見落とされることがありますが、実際には、ユーザーに付加価値をもたらす絶好の機会となります。」

トップに戻る


メールのレピュテーション/到達率

\\ˈē-ˌmāl\\ \\ˌre-pyə-ˈtā-shən\\ \\di-ˈli-v(ə-)rə-ˈbi-lə-tē\\

要約

メールのレピュテーションと到達率を判定するISPは、質の高いメールによる以前の対応実績に基づいて送信元IPとドメインを信頼できると判断した場合にクライアントにメールを配信します。

定義

送信したメールが実際に到達するかどうかは、IPアドレスとドメインのレピュテーションに直接関係しています。ISPは、スコアの高いIPアドレスとドメイン(通常は、送信が一貫していて有害なメールとしての報告がないIPアドレスとドメイン)のレピュテーションを信頼し、メールをスパムまたは迷惑メールフォルダーに送信するのではなく、受信者の受信トレイに入れます。有害なメールとしての報告はレピュテーションを損なう可能性があります(スパム規制法に違反した場合の損失は言うまでもなく)。そのため、宛先リストをクリーンに保ち、コンテンツの価値を高く保つことが不可欠です。

レピュテーションを向上させるために使用できるツールはありますが、長期的な視野で考えることが重要です。ダブルオプトインにより、サブスクライバーがコンテンツの受信を希望しているユーザー本人であることを確認でき、メールがスパムとしてマークされる可能性が低くなります。レピュテーションの構築または向上は、IPウォームアップによって実現できます。まず、反応の高い小規模グループにメールを送信してから、徐々に数を増やしていきます(開封率とクリック率を高く保ちます)。反応のないメールアドレスを削除するサンセットポリシーを導入すると、宛先リストを関心の高いユーザーだけで構成できます。また、古いメールアドレスにメールを送り続けた結果、スパムトラップに巻き込まれてしまうのを防ぐこともできます。これらの手順を実行して送信者スコアをモニタリングすることで、到達率を健全に保てるようになります。

例文

「メールのレピュテーションと到達率に注意を払うことで、送ったメールが実際にサブスクライバーの受信トレイに届き、読んでもらえる機会を確実に得ることができます。」

トップに戻る


例外イベント

\\ik-ˈsep-shən\\ \\i-ˈvents\\

要約

ユーザーが目的のゴールに既に到達したことを示す例外イベントは、トリガー付きメッセージを停止するユーザーアクションです。

定義

トリガー付きメッセージキャンペーンでは、例外イベントは、ユーザーが目的のゴールに既に到達したことを示すアクションです。このイベントが発生すると、ユーザーはトリガー付きメッセージを受信しません。例えば、ユーザーによるプロフィール更新が行われていない場合にトリガーするリマインダーメッセージを設定する際は、ユーザーが後でプロフィールを完了した場合(例外イベント)にリマインダーを送らないよう指定する必要があります。トリガー付きメッセージが送信される前にアクションを実行する時間を設けるため、例外イベントはメッセージ遅延と連携して機能します。例外イベントを導入することで、トリガー付きメッセージの目的適合性を保つことができます。

例文

「基本設定の更新を既に完了しているユーザーをキャッチする例外イベントを作成したおかげで、ユーザーからの苦情がなくなることが期待できます。」

トップに戻る


フリークエンシーキャップ

\\ˈfrē-kwən(t)-sē\\ \\ˈka-piŋ\\

要約

ユーザーが迷惑に感じるほどの不条理な数のメッセージが短期間に送信されるのを防ぐための自動制限。

定義

フリークエンシーキャップとは、特定の期間にユーザーが受信するメッセージまたは広告の数を制限する行為です。マルチチャネル機能に対応した一部のオートメーションプラットフォームには、単一チャネルまたは全チャネル、あるいはその両方でユーザーが受信するメッセージの数を制限する機能が用意されています。日、週、月など、さまざまな期間に基づいてメッセージ数に上限を設定できます。

圧倒的な数のメッセージに直面したユーザーはプッシュ通知をアンインストールまたはオプトアウトする可能性がありますが、その一方で、興味・関心事項や所在地、オファー内容に基づいて複数のキャンペーンに登録していることも考えられるため、この機能を活用することが重要です。フリークエンシーキャップの最適な値を決定するには、データの傾向を確認する必要があります。このことは、オプトアウトとアンインストールの件数が複数のセグメントでピークに達すると考えられる場合に特に当てはまります。フリークエンシーキャップには完全な拘束力はありません。重要なメッセージや緊急のメッセージの場合は、フリークエンシーキャップをオーバーライドすることが可能です。

例文

「プッシュ通知のフリークエンシーキャップを設定していなければ、このグループは今日だけで33通のメッセージを受信して​​いたでしょう。」

トップに戻る


ジオフェンス

\\ˌjē-o-ˈfen(t)s\\

要約

ジオフェンシングは、特定の物理的な場所に出入りするユーザーやその場所に滞在しているユーザーを対象とした場所ベースのマーケティングです。

定義

ジオフェンシングでは、GPSテクノロジーを使用して仮想フェンス内の特定のエリアを隔離します。ユーザーとそのデバイスがこの「フェンスで囲まれた」エリアを出入りすると、特定の企業からのアウトリーチがトリガーされ、ユーザーのデバイスにテキストまたはプッシュ通知が配信されます(ユーザーがこのようなサービスにオプトインしている場合)。


車を運転中に馴染みの店舗に近づくと、その小売店からクーポンメールが届き、賑やかなコンサート会場周辺を通過するときに、イベント開催ベンダーからキャンペーン情報が届くといった仕組みです。ジオフェンシングの目的は単純です。ユーザーの所在地を検出し、その位置情報に基づいて関連性のある価値のあるメッセージを配信することです。

例文

「ショッピングモールの周りにジオフェンスを張って、顧客が駐車場に入ったときにプロモーションメッセージをトリガーしたところ、店内エンゲージメントが大幅に向上しました。」

トップに戻る


アプリ内メッセージ

\\ˈin\\ \\ˈap\\ \\ˈme-sij\\

要約

アプリ内メッセージは、ユーザーがアプリを使用しているとき、またはWebサイトにアクセスしているときにのみ届くデジタルメッセージです。

定義

アプリ内メッセージは、ユーザーが企業のデジタルプレゼンスと積極的に関わり合っている場合にのみ届く通知の一種です。このメッセージングチャネルは、さまざまな形式とサイズで提供され、シンプルなものからコンテンツが豊富なものまであります。基本的には、ユーザーがコンテンツを操作しているときに表示されるポップアップまたはモーダルです。アプリ内メッセージは当初、その名前が示すとおり、モバイルアプリのユーザーへのメッセージ伝達方法として登場しました。このタイプのメッセージがWebで使用される場合は、「ブラウザ内メッセージ」と呼ばれます。アプリ内メッセージは、マルチチャネルのカスタマーエンゲージメント戦略の一環として、プッシュ通知やメールなどのメッセージタイプと組み合わせて使用​​されることがよくあります。

例文

「ロイヤルティの高い顧客に新しいスプリングコレクションについて知らせるためにプッシュ通知を使用することはもちろん可能ですが、アプリを定期的に使用している相手には、アプリ内メッセージを利用するのがおすすめです。」

トップに戻る


インストールアトリビューション

\\in-ˈstȯl\\ \\ˌa-trə-ˈbyü-shən\\

要約

インストールアトリビューションは、ユーザーのアプリダウンロードのソース(使用されたリンクなど)に関するデータであり、ROIを測定したり、ユーザーの基本設定を特定したりするためによく使用されます。

定義

アプリのマーケターにとって、インストールアトリビューションは、ユーザーがどこからアクセスしてアプリをインストールするに至ったかどうかに関する情報です。このデータは、特定のキャンペーンの成果またはインストール1回あたり広告コスト(CPI)の投資効果を示すことにより、将来のマーケティング活動に必要な情報を提供します。また、パーソナライゼーションに必要なユーザーに関する価値ある情報を提供する最初のソースでもあります。

ただし、モバイルアプリのインストールアトリビューションには多少の注意が必要です。WebサイトのトラフィックはCookieを使用して追跡できますが、アプリ環境では証跡を失う可能性があります。アトリビューションの誤りは、不十分または不正確なユーザーデータや、広告料金の過払いにつながる可能性があります。ダウンロードに影響を与える全てのイベント(複数のチャネルから口コミまで)を追跡する完璧な方法はありませんが、優れたMMAは、複数のアプリ追跡システムを連携させて、インストールアトリビューション目的のソースを提供します。

例文

「インストールアトリビューションのこの変化の原因を明らかにする必要があります。以前はFacebookが当社の一番の情報源でした。」

トップに戻る


IPウォームアップ

\\ ˈī \\ \\ ˈpē \\\\ ˈwȯrm \\

要約

IPウォームアップとは、自分が信頼できる送信者であり、かつスパムの送信元ではないことを、さまざまな方法でISPに通知するプロセスです。

定義

企業が過去に大量のメールを送信したことがない場合、ISPにはその企業の身元を確認する術がありません。確認できる送信行動、パターン、履歴がないからです。そのため、注意深いマーケターは、配信を可能にするISPからの評価スコア、つまりレピュテーションを高めるために、4~6週間にわたって(時にはそれよりも長い期間にわたって)、メール送信に関連付けられたIPアドレスのウォームアップを実施します。

まず、送信するメールの量を徐々に増やし、メールの送信頻度を管理し、メーリングリストの大半のメールアドレスがクリーンで有効であり、かつダブルオプトインやアクティブサブスクリプションなどのステップにかけられていることを確認します。送信者のレピュテーションが低い場合は、正当なメッセージが受信者のスパムフォルダーに振り分けられたり、完全にブロックされたりする可能性があります。また、IPアドレスを適切にウォームアップせずに、短期間で突然大量のメッセージの送信を開始した場合は、受信拒否などの状態から回復するまでに数週間(または数か月)かかる可能性があります。

例文

「IPウォームアッププロセスを実行せずにホリデーキャンペーンを送信したところ、大半のメッセージが顧客のスパムフォルダーに振り分けられてしまいました。」

トップに戻る


重要業績評価指標(KPI)

\\ˈkē\\ \\pə(r)-ˈfȯr-mən(t)s\\ \\ˈin-də-ˌkā-tər\\

要約

重要業績評価指標(KPI)は、ビジネス目標に関連した成功の度合いを示すメトリックです。

定義

KPIは、特定のビジネス目標に従って成功の度合いを評価するために使用されるメトリックです。例えば、より効果的で人気のある商品を生み出すことが目標の場合は、リテンション率やインストール数などの関連するメトリックをKPI(または達成状況の指標)として使用します。

目標は企業によって異なりますが、多くのモバイルマーケティングKPIは、プラットフォーム間またはチャネル間で類似しています。多くはエンゲージメントを高めることが目標で、クリック数、視聴回数、購入回数などのコンバージョン数が指標として使用されますが、プッシュ通知のオプトアウト率やアプリのアンインストール数など、注意を払う価値のあるディスエンゲージメント(離脱)に固有の指標もあります。KPIを追跡する場合、ビジネスインテリジェンスチームと協力して、各指標がどのように追跡および計算されるかを理解することで、適切な結論を導き出し、他の要因による干渉を防ぐことが重要です。

例文

「実際に目標に則したKPIに焦点を合わせたことで、期待していた進歩がようやく見られるようになりました。」

トップに戻る


LTV

\\ˈel\\ \\ˈtē\\ \\ˈvē\\

要約

LTVは、企業の平均的な顧客または特定のオーディエンスセグメントが現在から将来にわたってどれだけの収益または利益をもたらしてくれるかを表す値の省略形です。

定義

LTVは「生涯価値」の略で、顧客または顧客グループから得られる財務価値の合計を表します。ただし、この用語の使い方は企業によって異なります。つまり、顧客が今後どれだけの利益または収益を生み出すかを予測する値として使用する場合と、顧客がこれまでにどれだけの利益または収益を生み出したかを計算する値として使用する場合があります。例えば、平均的な顧客の予測LTVを特定する方程式は次のようになります。

LTVは広い概念であるため、一部の企業は、顧客の獲得、定着化、収益化の取り組みのコストと影響をよりよく理解するために、複数の異なる方法でLTVを計算(これまでの利益としてのLTV、今後の収益としてのLTVなど)しますが、基本的な考え方は同じです。

例文

「視聴者リテンション率の向上は、全てのプロモーションキャンペーンをまとめたものよりも、平均的な顧客のLTVを向上させる効果があったことがわかりました。」

トップに戻る


モバイルマーケティング

\\ˈmō-bəl \\ˈmär-kə-tiŋ\\

要約

モバイルマーケティングは、モバイルテクノロジーを使用して実行されるマーケティングです。

定義

モバイルマーケティングは、モバイルテクノロジーを利用したマーケティングです。一般に、「モバイルマーケティング」とは、スマートフォンやタブレットを利用して顧客とその行動に関するデータを収集し、モバイルメッセージングチャネル(プッシュ通知やアプリ内メッセージ、ますます利用されるようになっているメールなど)を介してそれらの顧客にリーチする方法を指します。モバイルマーケティングは、即応性の高い個別にカスタマイズされた方法でマーケターがオーディエンスとやり取りすることを可能にし、これまで以上に深い顧客/企業関係を築きます。

例文

「PamperHerは綿密に設計されたモバイルマーケティング戦略を実行した結果、収益が前年比で15%増加しました。」

トップに戻る


モバイルマーケティングオートメーション

\\ˈmō-bəl \\ˈmär-kə-tiŋ\\ \\ˌȯ-tə-ˈmā-shən\\

要約

モバイルマーケティングオートメーションは、モバイルユーザーにリーチしようとしているマーケターによって実行される作業をテクノロジーで自動化し、その効果を増幅させることです。

定義

モバイルマーケティングオートメーションは、マーケティング活動を自動化するために使用されるソフトウェアであり、企業がモバイルオーディエンスの獲得、定着化、収益化をより効果的に、より少ない労力で行えるようにします。これは、オーディエンス数またはメッセージ数が増加するにつれて特に重要になります。モバイルマーケティングオートメーションは、従来、アプリを展開している企業の間で利用されてきましたが、モバイルWebサイトに関連したマーケティング活動にも対応しています。

例文

「特定のオーディエンスを絞り込んだメッセージングキャンペーンを送信したい場合、モバイルマーケティングオートメーションがなければ、顧客のリストを手動で調べて、予定されているセールに関心を持ちそうな顧客を洗い出して、受信者ごとに個別のメッセージコピーを作成しなければなりません。これは技術的に不可能ではありませんが、膨大な労力を要する作業となります。」

トップに戻る


モバイルモーメント

\\ˈmō-bəl \\ˈmō-mənt\\

要約

モバイルモーメントとは、ユーザーがモバイルデバイスを使って必要な情報をすぐに調べる瞬間のことです。モバイルマーケターは、これらの瞬間に適切なユーザー体験を提供する方法を見つける必要があります。

定義

モバイルモーメントとは、ユーザーが何らかの目的のためにスマートフォンを取り出す瞬間のことです。米国では、この瞬間がユーザー1人あたり1日平均100回以上発生しています。スマートフォンが多くの人にとって常にそばにいる存在となる中、ますます多くの場面ですばやく情報を検索して収集できるようになりました。スマートフォンやモバイルデバイスを手放せなくなり、すぐに欲求を満たさないと気が済まなくなっています。例えば、何か知らないことがあれば、スマートフォンで調べます。忘れないようにアラームを設定する必要があれば、そのためのアプリを使います。退屈してしまったときも、いつでもゲームやソーシャルメディアをすぐに利用できます。
モバイルモーメントの課題と機会は、マーケターがこれらの重要な瞬間にいかにして顧客と関わり合い、関係を構築できるかに左右されます。役に立つ情報や目的に適った製品、ソーシャルメッセージ等にすばやくアクセスできるという価値を提供するアプリは、ユーザーに習慣的に使用してもらえるようになります。顧客行動について収集したデータは、最適な送信のタイミング、現在のライフサイクルステージ、季節によって変わる関心事項など、エンゲージメントを促進するためにパーソナライズできる詳細を特定するのに役立ちます。

例文

「旅行会社は、マイレージサービスのメンバーがレンタカーの検索や飛行機のチケットの価格比較を行っている場合などのモバイルモーメントに合わせて特別セールを作成できます。」

トップに戻る


多変量テスト

\\ˈməl-tə-ˈver-ē-ət\\ \\ˈtes-tiŋ\\

要約

多変量テストにより、マーケターはメッセージ(またはその他のテスト対象)の2つ以上のバージョンを同時に比較して、どちらのバリアントのパフォーマンスが最適かを評価できます。

定義

多変量テストでは、顧客向けメッセージやWebページなどのアセットの複数のバリアントを同時に比較して、どのバージョンのパフォーマンスが最適かを判断することにより、複数の変数をテストできます。この種のテスト(MVテストとも呼ばれます)は、1つの変数をテストするために2つのバリアントを比較するA/Bテストと対比されることがよくあります。

多変量テストは、マーケターが顧客向けメッセージを最適化するためによく使用されます。つまり、さまざまなメッセージバリアントを比較して、さまざまなコピー、画像、配色がコンバージョンにどのように影響するかを確認したり、さまざまな種類のアプリ内メッセージの効果を比較したりすることが可能です。

例文

「疑問符の付いたメールの件名が、疑問符のないメールの件名よりも優れたパフォーマンスを発揮するかどうかを調べるため、これまではA/Bテストを実行していました。ところが、疑問符と絵文字の組み合わせを使った件名が最も効果的であることが、多変量テストを実行して初めてわかりました。」

トップに戻る


オンボーディング

\\ ˈȯn-ˈbȯrd-iŋ \\

要約

企業が新しいユーザーを教育し、エンゲージメントを高め、長期にわたってユーザーを維持するために使用するプロセス。

定義

潜在的なユーザーまたは顧客に企業の存在を認知してもらうことは最初の大きな一歩です。アプリをダウンロードしてもらうことは、それよりも難度の高い重要なマイルストーンです。しかし、本当に重要なのはアプリがダウンロードされた後です。アプリをダウンロードする人の多くは、アプリを一度も開かないか、一度開いただけで再び利用することはありません。企業はアプリを継続的に利用してもらうために、新規ユーザーをロイヤルティの高い顧客に変える、オンボーディングと呼ばれるプロセスを作成する必要があります。



オンボーディングプランでは、さまざまなチャネル(メール、プッシュ通知、オプトインなど)を使用してユーザーの注意を引き付け、コンバージョンを繰り返し達成できるようにユーザーを呼び戻すことが可能です。優れたオンボーディングフローでは、ユーザーにさまざまな質問をして、アプリのセールスポイントである機能を紹介し、今後連絡を取ることに対して各ユーザーから許可を得ます。マーケターにとっては、自分の企業がユーザーのデジタル世界に価値をもたらす資産であることを証明する絶好の機会となります。

例文

「アプリのオンボーディングフローの3つの異なるバージョンをテストし、新規ユーザーのリテンションを大幅に改善するバージョンを特定できました。」

トップに戻る


オプトインプロンプト

\\ˈäpt\\ \\ˈin \\ˈpräm(p)t\\

要約

オプトインプロンプトは、プッシュ通知やSMSなどのチャネルを有効にする許可をユーザーに求めるメッセージです。良好な結果を得るためには、許可することによってもたらされる価値を効果的に相手に伝える必要があります。

定義

オプトインプロンプトは、SMS、プッシュ通知、位置データなどの機能を有効にするようユーザーに求めるメッセージです。プロンプトには、OSに対してネイティブ/ジェネリックなプロンプト(スマートフォン上のプロンプトなど)とカスタムプロンプトの2種類があります。ネイティブプロンプトは、モバイルデバイスのオペレーティングシステムからのものであり、一度選択した後で元に戻すには、手動での変更が必要となります。カスタムプロンプトは、ネイティブプロンプトと同じ許可を求めるためにマーケターによって作成されますが、オプトインの機会がもたらす価値について説明したメッセージの伝達とブランディングも行うことができます。

一般的に、ネイティブプロンプトが表示される前に使用できるカスタムプロンプトを作成しておくと効果的です。こうすることで、メッセージングをより細かくコントロールできるだけでなく、ネイティブプロンプトに対する答えが「いいえ」であった場合でも、より効果的に価値を伝え、もう一度許可を求める機会が与えられます。ネイティブプロンプトにはこれと同じ柔軟性はありません。一度「いいえ」と言われたら、将来設定を変更したり修正したりすることが難しくなります。また、「プッシュプライマー」などのオプトイン要求は、オンボーディング中に機能の価値を明確に示し、適切なタイミング(通常はインストールの直後ではない)でプロンプトを表示でき効果的です。

例文

「巧妙に作成されたカスタムオプトインプロンプトは、一般的なiOSプロンプトよりも、はるかに優れたパフォーマンスを発揮しています。」

トップに戻る


パーソナライゼーション

/ˈpərs(ə)nəˌlīz āSH(ə)n/

要約

テクノロジーを使用して、ユーザーとのコミュニケーションの際に各ユーザーの好みや傾向を考慮に入れること。

定義

収集したデータを使用して、カスタマーエクスペリエンスを個々の顧客に合わせて調整することを、パーソナライゼーションと呼びます。パーソナライゼーションは、ユーザーの実際の名前をメールに取り込むこと(「こんにちは、ジムさん」)のように単純なものから、各ユーザーの顧客プロフィールからの情報をメッセージに取り込むことのように複雑なものまであります。パーソナライゼーションの目標は、顧客のプライベートに立ち入ることなく、顧客の目的に適った価値の高いエクスペリエンスを効果的に生み出すことです。

地元の商店は、顧客一人ひとりの名前や好みを把握しています。デジタルマーケティングでは、画面越しの距離という明らかな壁が企業と顧客の間に立ちはだかりますが、顧客の行動と好みをデータから明らかにすることが可能です。マーケターがこの情報を収集するために必要なツールを持っており、データをスマートに活用できる場合、ユーザーは自分が一人の個人として扱われていると感じられるようになります。このことは、ユーザーに企業への愛着を持ってもらう上で非常に効果的です。

例文

「パーソナライゼーションとは基本的に、各顧客を一人の個人として扱い、関わり合うことです。」

トップに戻る


予測分析

\\pri-ˈdik-tiv\\ \\ˌa-nə-ˈli-tiks\\

要約

予測分析は、送信時間の最適化や自動A/Bテストの勝者の選択と結果の送信と同様に、既存のユーザー情報を使用して、パーソナライズされた効果的なキャンペーンを作成することを可能にします。

定義

予測分析は、マーケティングオートメーションプラットフォームのデータツールです。このツールを使用することで、過去の成功や失敗から学び、現行のマーケティング手法が将来どのように機能するかについて知識に基づいた推測を行えるようになります。直感に頼って行動するよりもはるかに効果的な予測分析では、ユーザーデータをマイニングして、送信時間、セグメンテーション、バリエーション、チャネル使用状況などの戦術のパフォーマンスを推測します。

予測分析をMMA(モバイルマーケティングオートメーションプラットフォーム)と統合すると、マーケターは最も効果的なメッセージの選択と送信を自動化することができます。これには、A/Bテストの結果のモニタリング、より効果的なバージョンの配布、以前のユーザーアクティビティレベルに応じた送信時間のカスタマイズなどが含まれます。予測分析を慎重に使用すると、パーソナライズされたマーケティングのための理想的な状況を規模に応じて作り出して、適切なユーザーをターゲットにした適切なメッセージを適切なタイミングで送り、ユーザーから求められている価値を提供することが可能になります。

例文

「タイムトラベルが開発されない限り、予測分析はマーケティングキャンペーンのパフォーマンスを予測するための最良の方法であり、全てユーザーとのやり取りから収集された情報に基づいています。」

トップに戻る


プッシュプライマー

\\ˈprīm iŋ\\ \\fər\\ \\ˈpu̇sh\\

要約

プッシュプライマーは、オプトイン要求を行う前に、プッシュ通知を有効にすることによるメリットを説明することで、より多くの顧客にプッシュ通知を有効にするよう促します。

定義

プッシュプライマーは、プッシュ通知をオプトインするよう顧客に促す機能であり、オプトイン要求の承認を求める前に、オプトインすることのメリットをアプリ内メッセージで受信者に説明します。

主にiOSアプリで使用されるほか(iOSアプリは、Androidとは異なり、顧客の許可をまとめてではなく1つずつ要求する必要があるため)、Webプッシュ通知をサポートするWebサイトでも使用されます。このアプローチの仕組みを利用して、顧客の連絡先情報や位置情報へのアクセスへの同意など、プッシュ通知以外のパーミッションを確保する可能性を高めることもできます。

例文

「プッシュ通知を使い始めた当初は、システムのオプトインプロンプトをトリガーして、うまくいくように願うだけでした。その後プッシュプライマーを導入したおかげで、プッシュ通知を有効にするユーザーの数を増やすだけでなく、オプトインすることを拒否したユーザーに後でもう一度承認を求める機会を確保できるようになりました。」

トップに戻る


プッシュアクションボタン

\\ ˈpu̇sh \\ \\ ˈak-shən \\ \\ ˈbə-tᵊn \\

要約

プッシュアクションボタンにより、ユーザーはボタンを使用して通知から直接アクションを実行できるようになります。

定義

プッシュ通知は強力なコミュニケーションツールですが、従来は一方向コミュニケーション専用でした。つまり、メッセージが送信され、ユーザーはそのメッセージに基づいて行動するか、行動しないかという結果しか生まれません。これを変えるのがプッシュアクションボタンです。ユーザーはアプリを開かなくても、通知から直接、企業とインタラクティブなやり取りを行うことができます。例えば、リマインダーの設定、カレンダーへの通知の追加、基本設定の変更を、ホーム画面を離れることなく行えます。簡単で便利なプッシュアクションボタンによって、優れたユーザー体験を提供することが可能です。

例文

「当社はプッシュアクションボタンを使用して、旅行者がメッセージの中で直接フライトにチェックインできるようにしています。体験全体がシンプルかつ簡単で、アプリを開く必要はありません。」

トップに戻る


プッシュ通知

\\ˈpu̇sh\\ \\ˌnō-tə-fə-ˈkā-shən\\

要約

プッシュ通知は、スマートフォン、タブレット、PC、ウェアラブルデバイスなどの画面に直接送信される、ユーザーの注意を引く短いメッセージです。

定義

プッシュ通知は、PCまたはモバイルデバイスにサーバーから直接配信される(通常は短い)メッセージです。プッシュ通知は、iPhoneユーザーにプッシュ通知を送信することを企業に許可した2009年のAppleの決定に従って、アプリと強く関連付けられ、デスクトップやモバイルのWeb訪問者だけでなく、スマートウォッチなどのウェアラブルデバイスにも配信できるようになりました。これらのメッセージは、ユーザーが現在その企業のアプリを使用していない場合やWebサイトにアクセスしていない場合でも、ユーザーのデバイスやPCの画面に表示されます。その意味でプッシュ通知は、ユーザーの注意を引く効果的な手段であると言えます。

例文

「SoulPatchRアプリを数週間使用していませんでしたが、あごひげの成長を追跡する新機能についてのプッシュ通知を受け取ったので、それをチェックしてみることにしました。」

トップに戻る


レート制限

\\ˈrāt\\ \\ˈli-mə-tiŋ\\

要約

レート制限は、一定期間に送信されるメッセージの数を制限してサーバーの過負荷を回避します。

定義

レート制限は、一定期間に送信されるメッセージの数を制限して応答が殺到するのを防いだり、複数のセグメントに属している可能性のある特定のユーザーに送信されるメッセージの数を制限したりするプロセスです。超大型セールの開催を発表する予定があり、サブスクライバーが多数いる場合は、プッシュ通知を1通送るだけでも、サーバーがトラフィックで過負荷状態になり、マーケティング施策の勢いが大幅に弱まる可能性があります。例えば、毎分10,000メッセージのみが送信されるようにレート制限を設定して、応答が一度に集中しないようにずらすと効果的です。

レート制限を使用する場合は、時間制限のあるセールや数量制限のあるセールについて計算することが重要となります。データベースによっては、レート制限の結果、一部のメッセージが1日以上送信されない場合があります(毎分10,000メッセージのレートの場合、500万メッセージを送信するには2日以上かかり、セールが時間切れになる可能性があります)。また、送信時間の最適化やフリークエンシーキャップなどの他の配信機能との調整をとることも重要です。

例文

「人気のあるキャンペーンをレート制限することで、サーバーの停止を防いでコンバージョン数を増加させることができます。」

トップに戻る


リレーションシップマーケティング

\\ˈrē-ˌlāˌ-shən-ˌship\\ \\ˈmär-kə-tiŋ\\

要約

リレーションシップマーケティングは、互恵的な顧客/企業関係を長期にわたって育み、維持することに焦点を当てたマーケティングです。

定義

リレーションシップマーケティングは、企業とその顧客との間の永続的な互恵関係の形成と維持に焦点を当てたマーケティングアプローチです。リレーションシップマーケティングのルーツは、消費者と地元の商店の間の従来の1対1の関係にありますが、モバイルテクノロジーが台頭したことで、マーケターはこれまでにないスケールで世界中の顧客とこのような関係を形成できるようになりました。

メールやプッシュ通知などのデジタルメッセージングチャネルを使用することにより、マーケターはパーソナライズされた価値を継続的に提供し、顧客は自分の好みを伝え、その企業とのエクスペリエンスを細かく制御できるようになっています。これにより、顧客と企業の関係が強化され、この関係から両方の当事者が利益を得る可能性が高くなります。

例文

「獲得した新しいアプリユーザーを定着化させるのが困難だったため、私たちはリレーションシップマーケティングアプローチに目を向けました。」

トップに戻る


リターゲティング

\\ri-ˈtär-gə-tiŋ\\

要約

リターゲティングとは、過去にエンゲージしなかった/特定のアクションを実行しなかったユーザーを対象に、アプローチ(またはチャネル)を変えてリマインダーメッセージを送ることです。

定義

リターゲティングとは、ユーザーを追跡して、そのユーザーが最初のインスタンスでは実行しなかった特定のアクションを実行するようユーザーに働きかける手法です。例えば、ユーザーがアプリを開いたが、新機能に関するコンテンツカードを読まなかった場合は、その後に、コンテンツカードを読むように案内するアプリ内メッセージがトリガーされます。また、メールを開封していないユーザーを対象に数日後にプッシュ通知でリターゲティングすることもできます。リテンションマーケターにとって、リターゲティングとは、チャネルを最大限に活用して、特に有益な情報や重要な情報をユーザーに配信することです。

より広義のマーケティングの世界では、顧客獲得マーケターにとってリターゲティングとは、Cookieを有効にしているWeb訪問者向けに、その訪問者をWebサイトに呼び戻すために表示される「フォロー」広告を指します。リターゲティングの一般的な概念は、顧客獲得マーケターとリテンションマーケターのどちらにとっても同じで、ユーザーに以前実行しなかったアクションを実行させることですが、違いも注目するに値します。

例文

「週に1回のメールを開封していないユーザーにプッシュ通知でリターゲティングしたことは、新しくリリースしたコンテンツの検索数を増やすのに大いに役立ちました。」

トップに戻る


リッチプッシュ

\\ ˈrich \\\\ ˈpu̇sh \\

要約

テキストだけでなく、画像、GIF、動画、メッセージ内エクスペリエンスも含めることができるプッシュ通知。

定義

プッシュ通知はコピーに焦点を当てた短いメッセージであると考えられがちですが、2016年にiOS 10が導入されたことで、企業が顧客に送信するプッシュ通知に、画像、GIF、動画などのリッチなエクスペリエンスを含めることが可能になりました。従来のプッシュ通知はスペースが限られています。テキストのみのメッセージでも言いたいことは伝えられますが、画像と動画を使うと、同じスペースに多くのアイデアを盛り込むことが可能になります。

例文

「リッチプッシュ通知を送信する場合は、販売中の商品の素晴らしさを文章で説明するだけでなく、商品の写真も含めることができます。」

トップに戻る


SDK

\\ ˈes \\ \\ ˈdē \\\\ ˈkā \\

要約

SDK =ソフトウェア開発キット。基本的な機能を補完するために既存のモバイルアプリまたはデスクトップアプリに追加できるコード(サードパーティによって作成されたもの)です。

定義

企業はSDK(別名「ソフトウェア開発キット」)を使用して、モバイルアプリやWebサイトをより効果的にする機能を追加できます。

たとえば、ソーシャルメディアコンポーネントをネイティブアプリに追加する場合、アプリのソーシャルメディア統合コードは既に存在しているので、一から作り直す必要はありません。例えば、これらのコンポーネントをアプリに組み込むためのコードは、Facebook iOS SDKで見つけることができます。SDKは、アプリやWebサイトのパフォーマンスを根本的に改善するのに役立ちます。また、難度や時間/リソースの消費量の点で社内開発の妨げになっている問題に対する解決策となります。

例文

「当チームでは、ユーザーデータの収集に役立つカスタマーエンゲージメントソリューションが必要なため、既存のプラットフォームに統合できるSDKを備えたマーケティングプラットフォームの導入を検討しています。」

トップに戻る


セグメンテーション

\\seg-mən-ˈtā-shən\\

要約

セグメンテーションとは、ユーザーをグループに分けて、各グループに関連性の高いコンテンツを提供することです。

定義

セグメンテーションは、類似したユーザーまたは顧客をグループに分けて、各グループのニーズや興味・関心事項に合わせてメッセージを適切にカスタマイズできるようにする戦略です。セグメントの作成を開始するのに十分なユーザーデータが得られたら、特定のセグメントをターゲットにしたメッセージまたはキャンペーンを作成することで、コンバージョン数を大幅に増やすことができます。

必要なデータがCRMで収集されていれば、ほぼどの特性に基づいてでもセグメントを作成できますが、一般的には、各ユーザーのカスタマージャーニーの進捗度合いに基づいてセグメントを作成するのが効果的です。現在の習慣を特定することで、ユーザーのエンゲージメントを高め、コンバージョン数を増やすように促すことができます。明確な目標を定め、セグメント改善のための分析とテストを継続的に実行することは、セグメンテーション戦略を成功させる鍵です。

例文

「ユーザーのセグメンテーションは、さまざまなユーザーのニーズにターゲットを絞ったメッセージを作成することを可能にするという意味で、顧客関係戦略の基盤です。」

トップに戻る


スパムテスト

\\ ˈspam \\\\ ˈte-stiŋ \\

要約

企業はスパムテストを実行して、メールがユーザーの受信トレイに到達するかどうか、またはスパムフォルダーに割り振られる可能性が高いかどうかを予測できます。

定義

メールマーケティングの開封率と到達率を向上させる必要がある場合、企業はスパムテストツールを使用して、メッセージがスパムとして誤ってラベル付けされるのを防ぐ方法についての提案を受け取ります。効果的なスパムテストツールは、メールの件名とメッセージ内のコンテンツを評価して、到達率を高める方法についての提案を行うことができます。

例文

「毎年恒例の大規模セールを控え、情報を効果的に発信できるようにしたかったので、スパムテストを活用して、どのような種類のメッセージが受信トレイに届いているかを調べました。」

トップに戻る


スティッキネス

\\ˈsti-kē\\ˈnes\\

要約

スティッキネスは、ユーザーがアプリやWebサイトを繰り返し利用しているかどうかと、ユーザーの生活との関連性を示す測定値(1日あたりのアクティブユーザー数を1か月あたりのアクティブユーザー数で割った値)です。

定義

一般に、マーケティングにおけるスティッキネスとは、情報が記憶に残る程度、つまり企業やコンセプトが消費者の心にどれだけ「定着」しているかを指します。

モバイルアプリの場合、これはDAU(1日あたりのアクティブユーザー数)とMAU(1か月あたりのアクティブユーザー数)に直接関連する指標です。スティッキネスは、1日あたりのアクティブユーザー数を1か月あたりのアクティブユーザー数で割ることで算出できます。この値からは、毎月繰り返し利用しているユーザーの割合がわかります(高いほど良い)。

ユーザーの心に残り、アプリやWebサイトを繰り返し利用したいと思わせている要因は何でしょうか。ユーザーエクスペリエンスに細心の注意を払い、常に価値を提供するよう心がけることで、時間の経過とともにスティッキネスを高めることができます。

例文

「ユーザーをアプリに呼び戻す戦略的なプッシュ通知を使用したところ、スティッキネス指標が向上しました。」

トップに戻る


サンセット

\\ˈsən\\-ˌset\\ \\ˈtiŋ\\

要約

サンセットとは、反応のないユーザーにメッセージを送信するのを停止することです。

定義

サンセットとは、反応のないユーザーを特定して、それらのユーザーへのメッセージの送信を停止するプロセス、つまり、宛先リストをクリーンアップするプロセスです。製品への関心を失ったユーザーが、メールリストの配信停止手続きやアプリのアンインストールを怠ることがあります。

これらのユーザーを適切な戦略で再度エンゲージできる場合もありますが、反応のないユーザーをキャンペーンに残し、メッセージを送り続けることは問題の原因となります。例えば、メッセージの開封率が低下するほか、メールの場合はISPによって低い優先順位を割り当てられたり、スパムフォルダーに割り振られたりして、リスト全体の到達率に悪影響を及ぼしかねません。企業は、有害なメールとしての報告数や前回のクリックまたは開封からの経過時間など、一定の基準に照らして離脱したと判断できるユーザーを特定し、アクティブなメッセージングリストから除外できるよう、サンセットポリシーを作成する必要があります。これらのユーザーをリストから除外する前にもう一度エンゲージを試みるサンセットポリシーもあります。

例文

「プッシュ通知とメールのサンセットポリシーを更新して、メールをスパムとしてマークしたユーザーや3か月以上開封したりクリックしたりしていないユーザーを除外できました。」

トップに戻る


トリガー付きメッセージ

\\ˈtri-gərd\\ \\ˈme-sij\\

要約

トリガー付きメッセージは、あらかじめ決められたユーザーイベントに応答して送信される自動配信アウトリーチです。

定義

トリガー付きメッセージは、事前に選択されたユーザーイベントに応答して送信される自動化されたマーケティングコミュニケーションです。購入後の確認メールなど、標準的なトランザクションメッセージの場合もありますが、特定のアクションをユーザーに促すキャンペーンを作成しておいて、ユーザーがそのアクションを実行しなかった場合にキャンペーンを送信することもできます。例えば、初めてアプリが開かれたときやアカウントが設定されたときは、オンボーディングキャンペーンをトリガーでき、カートが5日間放置された場合は、リマインダープッシュメッセージを配信でき、一定の期間内に多数の購入があったときは、ロイヤルティキャンペーンを開始できます。

全ユーザーに同じキャンペーンを送る一括大量配信とは異なり、トリガー付きメッセージは特定のユーザーアクションに応答して送信できるため、リレーションシップマーケティングにとって重要なコンポーネントです。トリガーの構造はアクションに結びつくデータに依存しており、多くのCRMは、メッセージが最適なタイミングで確実に表示されるように、遅延やフリークエンシーキャップなどの他のカスタマイゼーションも提供します。

例文

「サブスクリプションの後で送信されるトリガー付きメッセージキャンペーンにより、付随的な購入の件数が大幅に増加しました。」

トップに戻る


ユーザープロフィール

\\ˈyü-z ər\\ \\ˈprō-ˌfī(-ə)l\\

要約

ユーザープロフィールは、特定のユーザーに関する人口統計データと行動データのデジタルコレクションです。

定義

ユーザープロフィールは、特定の顧客またはユーザーに関する情報のデジタルコレクションであり、広範な顧客/企業関係をサポートするために使用されます。ユーザープロフィールを使用してデータを1つの場所で収集することにより、マーケターがオーディエンスについて把握し、エンゲージメントを効果的に高めるのが簡単になります。ユーザープロフィールに含まれる情報は、多くの場合、顧客のアプリ内の動作や好みに焦点を当てていますが、これ以外にもWeb上のアクティビティや店舗での購入などのさまざまなデータタイプを含めることができます。また、サードパーティAPIによって提供される気象データなどの情報を使用して、各プロフィールに含まれている情報を補強することも可能です。

例文

「ユーザープロフィールのデータのおかげで、お気に入りのスニーカーブランドのセールに注目して、パーソナライズしたプッシュ通知を送信し、ユーザーに購入を促すことに成功しました。」

トップに戻る


Webhooks

\\ˈwebˈhu̇k\\

要約

Webhookは、アカウントの変更、SMSの送信、ソーシャルメディアメッセージの投稿などのユーザー行動に基づいて、アプリ以外のアクションをトリガーするコールバック通知です。

定義

Webhookは、データまたはイベントに基づいてマーケティングアクションをトリガーし、他のサーバーやシステムにリアルタイムで接続できるようにするツールです。サーバー、メッセージングシステム、マーケティングCRMは常に連携しているわけではありません。マーケターはWebhookを使用することで、ユーザーイベントを常に把握し、それらのデータを自由に使用してメッセージやその他のアクションをトリガーできます。WebhookはAPIのように機能しますが、特定のアクションに関する情報を直ちに転送することに重点を置いています。

マーケターはWebhookを使用して、ユーザーにとって重要なアクションがシームレスに行われるようにすることができます。例えば、あるユーザーがゲームアプリでマイルストーンに到達した場合、そのマイルストーンに関連付けられたWebhookによってユーザーのアカウントが更新され、ユーザーが上位のランク区分に配置されるか、アカウントにクーポンが付与されます。Webhookを使用して、ソーシャルメディア上、SMS経由、または他のサードパーティシステムを介してユーザーとコミュニケーションをとることもできます。全てのマーケティングオートメーションプラットフォームでWebhookがサポートされているわけではないため、RFPを作成する際にWebhookサポートを含めることを検討する必要があります。

例文

「ブラックフライデーにアプリがクラッシュした後、Webhookを使用して、影響を受けた顧客のアカウントに1日限定10%割引のクレジットを付与しました。」

トップに戻る


Webメッセージング

\\ˈweb\\ \\ˈme-sij-in\\

要約

Webメッセージングは​​、ブラウザ経由でWebビューアに到達する顧客向けコミュニケーションです。

定義

Webメッセージングは​​、デスクトップかモバイルWebかを問わず、Webブラウザ経由でユーザーに到達することを可能にする、企業から顧客へのコミュニケーションです。Webメッセージングによって、マーケターはWebビューアのオーディエンスを引き付け、定着させ、収益化できるようになるため、企業がリーチを拡大し、Webとモバイルの両方で連携型のマルチチャネルメッセージングをサポートして、顧客と企業の関係を全面的に強化することが可能になります。

Webメッセージングには、Webプッシュ通知(Webプッシュとも呼ばれる)とブラウザ内メッセージというの2つの主要な形式があり、それぞれモバイルアプリプッシュ通知とアプリ内メッセージによく似ています。これらのメッセージングチャネルは、デスクトップとモバイルWebの両方でWeb訪問者にリーチするために使用できるため、ブラウザ経由で顧客と連絡を取り合う際の万能ツールになります。

例文

「オンラインで靴を選んでいるときにブラウザ内メッセージが表示されるまで、Webメッセージングが存在することすら知りませんでした。」

トップに戻る


ホワイトラベル

ˈwīt\\ \\ˈlā-bəl\\

要約

ホワイトラベリングとは、ユーザーが受信するメールが企業のドメインから直接送られたものとして表示されるよう、モバイルマーケティングオートメーションプラットフォームなど、企業が使用しているさまざまな製品に自社企業を付加することです。

定義

ホワイトラベリングとは、製品の企業を自社企業で変更またはマスキングすることによって、自社サイトまたは自社ドメインのルックアンドフィールを与えるプロセスです。特に重要な機能として、マーケターはホワイトラベリングを使用してドメインへのメールをカスタマイズすることで、メールが実際にはCRM、メールサービスプロバイダー(ESP)、またはマーケティングプラットフォームベンダーを介して送信されている場合でも、企業のドメインからエンドユーザーに直接送信されているように見せることができます。メールのホワイトラベリングは、ユーザーがそれらのメールに反応する可能性を大幅に高め、ISPがメールをスパムフォルダーではなく受信トレイに配信する可能性が高くなるため、レピュテーションと到達率の点で重要です。

例えば、メールがAppboyまたはSendGridからのものとして表示されるのではなく、ユーザーとそのISP/メールボックスプロバイダーは企業のドメインを送信元として認識するようになります。ホワイトラベリングは、メールマーケティングプラットフォームを使用して送信元サブドメインとDNSレコードを作成することによって実行されます。これらのサブドメインとレコードは、開発チームによってDNSシステムに追加されます。

例文

「ドメインのホワイトラベリングを行った後、開封率とクリック率が大幅に上昇しました。つまり、お客様はメッセージが実際に当社からのものであることを確認できる場合に、安心してエンゲージできるということです。」

トップに戻る


Team Braze

Team Braze