レポート

"グロースマーケティング"を実現するBraze活用事例

顧客との関係強化によって収益を上げる「グロースマーケティング」
メルカリUSがBrazeを用いてビジネスを成功させた実践方法を徹底解説

「グロースマーケティング」は、顧客との関係強化によってビジネス収益を上げていく、エンゲージメント構築をもってグロースさせるという考え方です。メルカリUSではこの「グロースマーケティング」を、カスタマーエンゲージメントプラットフォームBrazeによって実現し、事業を成長させました。この記事ではその実行方法について、メルカリUSのリーダー現王園氏の経験を踏まえた解説でわかりやすく紹介しています。

またBrazeプロダクトマネージャーからは、Brazeによってブランドと消費者との関係をどのように育成していくかを、「リアルタイム性」「スケーラビリティ」「オムニチャネル」の3つの視点から解説します。

具体的な実践手法として、消費者行動のリアルタイム把握、パーソナライズ施策、アジャイルA/Bテスト、開封率の予測モデルの立て方、PDCAの回し方、そして、その結果としてのLTV向上について、最新事例を基に踏み込んで紹介していきます。顧客データ活用の条件が大きく変わりつつある現在、今後のマーケターのヒントになる内容が満載の資料です。ぜひご活用ください。

  • 記事1:メルカリUSはいかにして事業を成長させたか?“グロースマーケティング”を実現する「Braze」活用
  • 記事2:「Braze」が支える、メルカリUSのグロース戦略とリアルタイムエンゲージメントとは