トピック


アプリケーション・プログラミング・インターフェース(API)|用語集

Team Braze 作成者: Team Braze 2022/10/17

APIとは、開発者がソフトウェア・アプリケーションを構築したり、接続するためのツールや指示のことである。

APIとは、ソフトウェアを接続するためのツールや指示の集合体である。APIは、データベースや技術をより良く接続するために、プログラム間で情報を共有するためによく使われる。APIは、開発者が2つのシステムのインターフェイスに必要となるはずのガイダンスと支援を提供する。APIは、ユーザーエクスペリエンスやユーザーデータの統合の可能性を開くことができる。

多くの場合、CRM は他のデータベースとのインターフェイスを必要とし、より堅牢なエクスペリエンスを提供する必要があります。API の機能は、CRM のセットアップや選択、または動的な(自動入力される)コンテンツを含むキャンペーンを実行する際に尋ねるべき重要なものです。マーケティング担当者は、開発者と協力して、ブランドが求めるキャンペーンやレポートを実行するために必要なドキュメントが揃っているか確認する必要があります。

文章例

「この気象APIを使えば、ユーザーの地元の実際の気象状況を反映して、メッセージをパーソナライズすることができるようになります。」

←用語集へ戻る


Team Braze

Team Braze

関連コンテンツ

a person surrounded by personalization attributes

パーソナライゼーション

パーソナライゼーションエンジン完全ガイド

もっと読む
Two puzzle pieces with logos representing marketing and tech teams

LTKとVSCOから学ぶ、マーケティングチームと技術チームがうまく協業する方法

もっと読む

AIおよび機械学習

AIを活用したカスタマーエンゲージメント:A Braze Playbook

もっと読む

クロスチャネル

大規模で洗練されたマーケティングを実現: 2023年、BrazeはいかにしてJust-in-TimeかつJust-For-Youメッセージングを可能にしたか?

もっと読む