トピック


クロスチャネルメッセージング|用語集

Team Braze 作成者: Team Braze 2022/10/17

プッシュ通知やEメールなど、複数のメッセージングチャネルを併用し、さまざまなコミュニケーションタッチポイントで効果的に顧客とエンゲージメントするアプローチです。

定義

ブランドは、複数のメッセージング・チャネルを連携させて顧客コミュニケーションを行うことを、クロスチャネル・メッセージングと呼んでいます。このアプローチは、単一のチャネルを使用するよりも強いエンゲージメントレベルをもたらすことが示されており、現代の顧客対応の大部分を占めるようになってきています。

マーケターがクロスチャネル戦略を採用する場合、Eメール、プッシュ通知、アプリ内メッセージなど、従来からある手法と最新の手法を賢く組み合わせて、ユーザーがどこにいてもリーチできるようにすることです。クロスチャネルマーケティングを正しく行うには、組織のすべての部門が、異なる目標や優先順位を持つ別々のチームとでも、コミュニケーションを取り、協力し合うことが不可欠です。

文章例

「クロスチャネル戦略が賢明なビジネスであることを知ることと、マーケティングチャネルを追加することでどれだけエンゲージメントを高められるかを理解することには大きな違いがあります。」

←用語集へ戻る


Team Braze

Team Braze

関連コンテンツ

AIおよび機械学習

生成AI(ジェネレーティブAI)とは?AIとの違いや特徴、活用メリットについて解説

もっと読む

カスタマーエンゲージメント

CX(カスタマーエクスペリエンス)とは?向上のためのポイントや施策を成功させる道筋について

もっと読む

マーケティングオートメーション(MA)とは?基本機能や導入の流れやメリット・選び方について

もっと読む

キャンバスフロー

カスタマージャーニーとは?作成するメリットやマップの作り方・注意点を紹介

もっと読む