トピック


フリークエンシーキャッピング|用語集

Team Braze 作成者: Team Braze 2022/10/17

短時間に膨大な数のメールを受信することがないよう、自動的にメッセージを制限する機能です。

定義

フリークエンシー・キャッピングとは、ある期間内にユーザーが受信するメッセージや目にする広告の数を制限する行為です。マルチチャネル機能を備えた自動化プラットフォームには、ユーザーが受信するメッセージの数を、1つのチャネル、すべてのチャネル、またはその両方で制限する方法が含まれている場合があります。日、週、月など、さまざまな期間に基づいてメッセージの上限を設定することができます。

ユーザーは圧倒的な数のメッセージに直面すると、プッシュ通知をアンインストールまたはオプトアウトする傾向がありますが、同時に興味、場所、または現在のオファーに基づいて複数のキャンペーンに登録されている可能性もあるため、上限を設定することは特に重要です。ちょうど良い頻度制限を決定するには、データトレンド、特にオプトアウトとアンインストールが異なるセグメントでピークになる場所を確認する必要があります。フリークエンシーキャップは完全に拘束されるものではなく、重要なメッセージや緊急のメッセージには設定を上書きすることができます。

文章例

「プッシュ通知のフリークエンシー・キャッピングを設定しておいてよかったです。もししていなかったら、このグループには、今日33通のメッセージが届いていたはずです。」

←用語集へ戻る


Team Braze

Team Braze

関連コンテンツ

AIおよび機械学習

生成AI(ジェネレーティブAI)とは?AIとの違いや特徴、活用メリットについて解説

もっと読む

マーケティングオートメーション(MA)とは?基本機能や導入の流れやメリット・選び方について

もっと読む

カスタマーエンゲージメント

CX(カスタマーエクスペリエンス)とは?向上のためのポイントや施策を成功させる道筋について

もっと読む

AIおよび機械学習

プロンプトエンジニアリングとは?重要性や手法、設計のポイントについて

もっと読む