Braze_PressRelease

プレスリリース


6月26日、Braze Customer Engagement Daysを開催

Team Braze 作成者: Team Braze 2024/06/18

〜顧客起点マーケティングを支援する企業15社と大規模オンラインセミナーを開催〜

カスタマエンゲージメントプラットフォームのリーダーである Braze株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:水谷 篤尚、以下「Braze」)は、顧客起点マーケティングを支援する企業15社と共に、売上向上とブランディングを両立させた顧客体験向上戦略を考える大規模オンラインセミナー「Braze Customer Engagement Days」を開催します。

基調講演として、M-Force株式会社の長 祐氏を迎え、顧客起点マーケティングで売上とブランドを両立させる手法から始まり、オンラインやオフラインでの顧客体験の作り方やデータとAIを組み合わせた施策展開など、最新のテクノロジーと考え方で、顧客エンゲージメント戦略の構築と施策展開までを網羅的に考えます。

【協力企業様、および事例登壇企業様】

開催プログラムは以下を予定しています。最新情報は以下をご確認ください。

Braze Customer Engagement Days 公式サイト:https://brazeevents.braze.com/brazeengaging

時間

プログラム

講演者

10:00 - 10:30

基調講演:顧客起点で考える「売上アップ」と「ブランディング」戦略 〜 売上アップとブランディングを両立させる顧客体験の設計方法〜

M-Force株式会社

代表取締役社長 長 祐

10:30 - 11:00

顧客体験を向上させるために重要な考え方と戦略

株式会社グロースX

執行役員 松本 健太郎

株式会社グッドパッチ

Product Marketing Manager 富田 一行

11:00 - 11:30

顧客不在のマーケティングになっていませんか?

企業が今向き合うべき顧客の声がわかるデータと顧客と関係構築の重要性

株式会社クロス・マーケティング

コンサルティング本部 インサイトコンサルティング部

コンサルティングディレクター 堀 好伸

株式会社Asobica

セールス部 部長 花岡 良

11:30 - 12:00

データ活用で実現するコミュニケーションの最適化

株式会社 インティメート・マージャー

代表取締役社長 簗島 亮次


Braze会社

ソリューションアーキテクト大矢 真志

12:10 - 12:40

基調講演|来店購入に繋がる顧客コミュニケーションとは〜 TRIALの事例に見る、人流データ×メディアデータ×購買データ連携によるお客様理解〜

株式会社unerry

リテール・メディア事業開発担当VP 一枝 悟史

12:40 - 13:10

オフラインチャネルにおける顧客体験設計

株式会社丸井

小売DX推進部 OMEMIE担当 リーダー 蔭山 絢子

ラクスル株式会社

ラクスル事業本部エンタープライズ事業部 千賀 亮

13:10 - 13:40

SNS時代に広告は最適解なのか?SNS発信 vs 広告を徹底討論

株式会社ガイアックス

ソーシャルメディアマーケティング事業部 事業部長 重枝 義樹


株式会社オプト

アドパフォーマンスプランニング部 ストラテジックプランナー LINE Frontliner 野嶋 友博

13:40 - 14:10

顧客が喜ぶコンテンツの作り方〜ロイヤリティ向上施策、最初の一歩〜

株式会社リロクラブ

営業推進ユニット ユニットマネージャー 市村 創一郎


コミューン株式会社

エヴァンジェリスト 芳田 佳奈

14:20 - 14:50

スタートアップ企業におけるマーケティングの課題克服:量と質を両立した施策実施体制と進め方

株式会社 令和トラベル

Marketing Unit CRMグループ Manager 豊田 麻未


Braze株式会社

カスタマーサービス本部 カスタマーサクセスマネージャー紺野 賢

※こちらのセッションは令和トラベル様の競合他社のご参加はお断りさせていただきます。ご了承ください。

14:50 - 15:20

これからの顧客体験

株式会社電通デジタル

トランスフォーメーション部門 トランスフォーメーション事業部

生成AIラボ ラボ長 有益 伸一


Braze株式会社

カスタマーサービス本部 カスタマーサクセスマネージャ

紺野 賢



Brazeについて
Braze は、ブランドが「Be Absolutely Engaging™」を実現するカスタマーエンゲージメントプラットフォームです。Braze の活用で、マーケティング担当者はあらゆるデータソースから、データを収集、施策実行ができ、1 つのプラットフォームからマルチチャネル、かつリアルタイムに、顧客とパーソナライズされたコミュニケーションができます。さらにAIで仮説検証と最適化を繰り返しながら、大量配信を支援するスケーラビリティーで、ハイパーパーソナライゼーションを実現し、ブランドに熱狂するファンとの魅力的な関係を構築、維持できます。同社は、2024 年の米国ニュースで働きがいのあるテクノロジー企業に選ばれ、英国の Great Place to Work 誌で 2023 年の女性にとって最も働きやすい職場に選ばれ、ガートナー の 2023 年マジック クアドラントでマルチチャネル マーケティング ハブおよびマーケティング ハブのリーダーに選ばれました。 The Forrester Wave: クロスチャネル マーケティング ハブ、2023 年第 1 四半期。Braze はニューヨークに本社を置き、北米、ヨーロッパ、APAC に 10 以上のオフィスを構えています。詳細については、braze.com をご覧ください。

報道関係者の問い合わせ先

Braze株式会社

メール:[email protected]

所在地:東京都港区赤坂9-7-1 ミッドタウン・タワー18階



Team Braze

Team Braze

関連コンテンツ

Braze_PressRelease

ココナラ、マルチチャネルでの一貫性とビジネス拡大を目的にBrazeを採用

もっと読む
Braze_PressRelease

シェアフル、顧客体験の向上を目的にBrazeを採用、エンジニアリソース最適化も実現

もっと読む
Braze_PressRelease

損保ジャパン、顧客エンゲージメントの高度化を目的にBrazeを導入

もっと読む
Braze_PressRelease

パイオニア、カスタマーサクセス活動・ポストセールス活動の高度化支援にBrazeを採用

もっと読む