Braze_PressRelease

プレスリリース


損保ジャパン、顧客エンゲージメントの高度化を目的にBrazeを導入

Team Braze 作成者: Team Braze 2024/07/03

〜エンゲージメントの高度化と内製化の両立を目指す〜

 カスタマエンゲージメントプラットフォームのリーダーであるBraze株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:水谷 篤尚、以下「Braze」)は、国内損害保険市場でトップクラスのマーケットシェアを占める損害保険会社、損害保険ジャパン株式会社(代表取締役社長:石川 耕治、以下「損保ジャパン」)が顧客エンゲージメントの高度化と内製化を目的にBrazeを導入すると発表しました。

損保ジャパンは、お客様ニーズにあった商品企画やサービス提供を行ないつつ、SOMPO Parkなどを通じたデジタルコミュニケーションやコミュニティーマーケティングにも注力しています。これらデジタル基盤とBrazeを組み合わせ、顧客エンゲージメントをさらに強化していきます。


従来のシステム環境では、外部パートナーと協力し、システム設定や施策の実行などを想定していましたが、レガシーなシステムを前提としていたため、市場変化や顧客ニーズに迅速に対応するという意味で、課題を抱えていました。Braze導入後はノンコードで施策の企画と実行ができる特徴を活かし、自社社員で顧客エンゲージメント戦略の策定と企画、実行のすべてができる体制とシステム環境を整備します。

また、新たに構築されるシステム環境はCDPなどの中間データベースをなくし、DWHやクラウドストレージとBrazeを直接連携を行います。システムをシンプル化することで、市場環境の変化へ対応のしやすさを担保しながらコスト削減も実現します。BtoC/BtoB双方の領域で活用をすすめ、チャネルもメールだけでなく、WEBも含めた統合的な顧客体験の構築を目指し各機能の利用範囲の拡大を進めていきます。また、Brazeが提供するAI機能(Sage AI)を活用し、全社レベルでの顧客エンゲージメントの高度化を実現する予定です。


損害保険ジャパン株式会社 マーケティング部 執行役員待遇 部長 関口憲義氏は次のようにコメントしています。

当社が運営する会員制オウンドメディア「SOMPO PARK」は、「自分らしく、毎日を豊かに、幸せに」をコンセプトに掲げ、“あなたに寄り添う情報メディア”として、ビジネス、就職活動、生活、防災の知識など、日常のちょっとしたお困りごとや、人生の転機におけるお悩みを解決するためのヒントとなる情報をお届けしており、現在600万人を超える会員の皆様にお楽しみいただいております。

会員の皆様にお届けするメールマガジンをはじめ、お客さまと直接つながることができる接点は当社にとって非常に重要であり、またお客さまのニーズに即した情報をお届けすることが大切だと考えております。

今回、Brazeを採用させていただいた背景には、Braze社が提供する優れたサポート体制、スムーズなオンボーディングプロセス、幅広い顧客セグメントに対する適切な接客能力、そして充実した機能群があります。 当社は、顧客体験を最優先に考え、常に最高のサービスを提供することを目指しています。特に、Brazeのサポート体制は、その迅速で丁寧な対応により、安心して導入プロセスを進めることができました。これにより、導入初期の段階から効果的にシステムを活用し、スムーズに運用を開始することが可能となりました。 また、Brazeは、多様な顧客セグメントに対して柔軟に対応できる点も非常に評価しています。個々のニーズに合わせたカスタマイズにより、パーソナライズされた顧客体験を提供できる点が魅力です。さらに、充実した機能群は、我々のビジネスプロセスを強化し、効率を向上させることに大いに寄与するものと考えています。 特筆すべきは、システムバックグラウンドがないマーケターでも、ノーコードで自身のアイデアをスピーディーに実践できる点です。これにより、クリエイティブな発想を即座に実行に移し、顧客体験の幅を広げることが可能となりました。この柔軟性と迅速性は、当社のマーケティング活動を一層強化し、革新的な顧客エンゲージメントを実現する原動力となると期待しており、お客さまへより良い顧客体験を提供していきたいと考えています。


SOMPO Park

損害保険ジャパン 公式HP

Brazeについて
Braze は、ブランドが「Be Absolutely Engaging™」を実現するカスタマーエンゲージメントプラットフォームです。Braze の活用で、マーケティング担当者はあらゆるデータソースから、データを収集、施策実行ができ、1 つのプラットフォームからマルチチャネル、かつリアルタイムに、顧客とパーソナライズされたコミュニケーションができます。さらにAIで仮説検証と最適化を繰り返しながら、大量配信を支援するスケーラビリティーで、ハイパーパーソナライゼーションを実現し、ブランドに熱狂するファンとの魅力的な関係を構築、維持できます。同社は、2024 年の米国ニュースで働きがいのあるテクノロジー企業に選ばれ、英国の Great Place to Work 誌で 2023 年の女性にとって最も働きやすい職場に選ばれ、ガートナー® の 2023 年マジック クアドラント™ でマルチチャネル マーケティング ハブおよびマーケティング ハブのリーダーに選ばれました。 The Forrester Wave: クロスチャネル マーケティング ハブ、2023 年第 1 四半期。Braze はニューヨークに本社を置き、北米、ヨーロッパ、APAC に 10 以上のオフィスを構えています。詳細については、braze.com をご覧ください。

報道関係者の問い合わせ先

Braze株式会社
メール:[email protected]
所在地:東京都港区赤坂9-7-1 ミッドタウン・タワー18階


Team Braze

Team Braze

関連コンテンツ

Braze_PressRelease

ココナラ、マルチチャネルでの一貫性とビジネス拡大を目的にBrazeを採用

もっと読む
Braze_PressRelease

シェアフル、顧客体験の向上を目的にBrazeを採用、エンジニアリソース最適化も実現

もっと読む
Braze_PressRelease

パイオニア、カスタマーサクセス活動・ポストセールス活動の高度化支援にBrazeを採用

もっと読む
Braze_PressRelease

タップル、愛される製品・サービス創りを目的にBrazeを採用

もっと読む