プレスリリース


Braze、Forbesが選ぶ未上場の有望なクラウド企業トップ100社 「Forbes Cloud 100」に4年連続選出

Team Braze 作成者: Team Braze 2021/08/23

Braze、Forbesが選ぶ未上場の有望なクラウド企業トップ100社「Forbes Cloud 100」に4年連続選出

統合型カスタマーエンゲージメントプラットフォームを提供する Braze はビジネス誌Forbes が Bessemer Venture Partners社 と Salesforce Ventures社と発表した、世界における未上場の有望なクラウド企業トップ100社「Forbes Cloud 100」(23位)に4年連続で選出されたことをお知らせします。

「Forbes Cloud 100」は、最高のプライベートクラウド企業を表彰します。厳格な選択プロセスの一環として、Bessemer VenturePartners社は世界トップクラスのクラウドスタートアップから何百もの応募を受けました。そのデータを使用して、パブリッククラウド企業のCEOを含むForbes Cloud 100審査委員会が、世界中から適格企業のトップ100を選択してランク付けしました。評価プロセスでは、マーケットリーダーシップ、推定評価額、経営指標、人材・文化の4つの要素で企業をランク付けしています。

Bessemer Venture Partners社(※1)のパートナー、Byron Deeter氏は次のように述べています。

「プライベート・クラウドのエコシステムでは、歴史的な勢いでデジタル・トランスフォーメーションが進んでいます。クラウドに対する市場の関心が高まるにつれ、プライベートクラウドの認知度はますます高まっています。これらの創業者たちは、今日のクラウド・コンピューティングの頂点に立っています。彼らは、過去の「Forbes Cloud 100」の受賞者たちの足跡をたどっていくことになるでしょう。これらのクラウドリーダーの皆さん、おめでとうございます。」

4年連続の選出となる2021年「Forbes Cloud 100」選出では、顧客エンゲージメントの重要性の高まりと、ブランドが顧客の好みやニーズの変化をリアルタイムで把握することにより、次の通常の機会をどのように捉えているかを反映しています。この認識は、年間2億ドルの経常収益(ARR)を超えた後の当社の重要な存在感を強調し、Brazeの設立10周年を迎える中でさらに特別なものになります。

新型コロナウイルスのパンデミックにより世界中の人々の生活が変化する中、Brazeは顧客のニーズと長期的な結果に焦点を合わせ続けてきました。過去1年間で、Brazeは350人以上、現在は合計900人以上の従業員を雇用し、日本とドイツに拡大しています。また、ニューヨーク市でのCrainの2020年の働きがいのある職場(2年連続)、Fortuneの2021年のミレニアル世代の働きがいのある職場、2021年の英国の女性の働きがいのある職場にもリストされています。

Braze社 共同創業者兼CEOビル・マグヌソン氏は次のように述べています。

「今回の受賞は、Brazeのすべての従業員にとって誇りであり、お客様のニーズと長期的な成果に対する当社の継続的な取り組みの証です。また、4年連続で「Forbes Cloud 100」に選出されたことは、カスタマーエンゲージメントの重要性が高まっていることと、次の時代に向けて変化するお客様の嗜好やニーズをリアルタイムに把握することにますますブランドが重点を置いているということを示しています。」

Braze 株式会社 代表取締役社長 菊地 真之は次のように述べています。

「4年連続でForbes Cloud 100に選ばれたことを光栄に思います。私たちは、コアバリューである「Forging human connections between consumers and the brands they love 」をもとに、マーケター、IT部門/エンジニアの皆様と新たな価値体験の創造、収益創出する。そのようなビジネス成長を加速するパートナーでありたいと考えています。最高のチームと、Forbesによって認められた企業文化とともにBrazeはマーケティング業界とテクノロジーを皆様とともに前進したいと考えております。​​」

Forbes Cloud 100 2021
https://www.forbes.com/cloud100/#36387bdc5f94

(※1)Bessemer Venture Partnersについて
Bessemer Venture Partnersは、世界で最も経験豊富なアーリーステージのベンチャーキャピタルです。Bessemer Venture Partnersは、世界で最も経験豊富なアーリーステージのベンチャーキャピタルであり、200社以上のポートフォリオを持ち、先見性のある起業家が重要な企業を生み出すための強固な基盤作りを支援し、その成長のあらゆる段階でサポートを行っています。Pinterest、Shopify、Twilio、Yelp、LinkedIn、Skype、LifeLock、PagerDuty、DocuSign、Wix、MindBody、Fiverrなど、130社のIPOを行っています。Bessemer の投資家とパートナーのチームは、シリコンバレー、サンフランシスコ、ニューヨーク、ボストン、テルアビブ、バンガロール、北京など、世界中に配置されています。BessemerVPをフォローし、詳細はbvp.comをご覧ください。

Brazeについて
Brazeは、消費者とブランドとの間に関連性のある記憶に残る体験を提供する、包括的なカスタマーエンゲージメントプラットフォームです。Brazeのすべてのインタラクションはコンテクスト(文脈)によって支えられており、ブランドは、迅速かつ継続的に価値を提供するチャネル間のインタラクティブな会話を通じて、消費者との人間的なつながりを育むことができます。Brazeは、Fortuneの「2021 Best Workplaces in NY」、Fortuneの「2021 Best Workplace for Millennials」に選ばれたほか、英国と米国で「Great Place to Work」に認定されています。詳細はhttps://www.braze.co.jp/をご覧ください。

報道関係者の問い合わせ先

Braze株式会社
広報担当:高橋
メール:Info@braze.co.jp
電話番号:090-4412-0263
所在地:東京都港区赤坂9-7-1 ミッドタウン・タワー18階


Team Braze

Team Braze

関連コンテンツ

BrazeとDearOneが提携開始、アプリ開発からマーケティング分析、モバイルエンゲージメントの実施を一気通貫で提供可能に

もっと読む

日本最大のコスメ・美容の総合サイト「@cosme」を運営するアイスタイル、 カスタマーエンゲージメント基盤として「Braze」を採用

もっと読む

Braze、新しいツールとパートナーシップの拡大を発表 今年のホリデーシーズン以降のブランドによるファーストパーティデータの活用を支援(抄訳)

もっと読む

独自AIを活用したオンデマンド型シャトルサービスを展開するNearMe、スマートシャトル™のカスタマーエンゲージメント基盤として「Braze」を採用

もっと読む