Braze_PressRelease

プレスリリース


Braze、マーケティングの効率性と創造性を高める新しいAI機能を提供

Team Braze 作成者: Team Braze 2024/04/11

※こちらは米国本社が2024年3月26日に発表した内容の抄訳になります。

Sage AI by Braze のラインアップを拡充。「AIアイテムレコメンデーション」を含むパーソナライゼーションを強化し、購入までの時間を短縮

ブランドに Be Absolutely Engaging を提供する顧客エンゲージメントプラットフォームのリーディングカンパニーであるBrazeは、マーケティング担当者の創造性を刺激し、よりパーソナライズされたオーダーメイド体験を効率的に提供するための新しいAI機能群を発表しました。

豊富な知識が指先ひとつで利用できるようになった今日、AIが搭載されたツールの登場により、マーケティング担当者の感性と創造性はさらに刺激されることになります。Brazeの最新のAI機能は、このパラダイムシフトが反映されており、最近の調査では、マーケティング担当者の79%が、AI が起点となるイノベーションが喚起される可能性を認識しています。AIを活用し、タスクを簡素化、理想と現実のギャップを埋めることで、顧客エンゲージメントはさらに深化がより進みます。Sage AI by Braze は、プロセスの最適化からイノベーションの喚起まで、マーケティング担当者がカスタマージャーニーを最適化し、記憶に残るクロスチャネル体験を構築できるよう支援します。コンバージョンを促進し、ブランド価値を高めるだけでなく、Brazeはブランドが信頼できるつながりを築き、各インタラクションでお互いの価値を高めていきます。Sage AI by Braze はマーケティング担当者にとって信頼できるパートナーであり、ニーズに合わせたレコメンデーション、高度なパーソナライゼーション、効果的なコンテンツ生成、価値の高いアクションを大規模に推進する能力を提供します。

KoRo Handels GmbHのCRMチームリーダーであるPam Shih氏は、次のように述べています。

「AIアイテムレコメンデーション機能は、購入率を3倍に高めています。オンボーディングセッション中にBrazeカタログからカスタマイズされた製品をスマートに提示することで、新規ユーザーの購買行動に貴重なインサイトを明らかにするだけでなく、1,000を超える製品カタログから高度にパーソナライズされた推奨製品を提供する能力を与えてくれます。」

Sage AI by Braze に追加された新機能は以下の通りです

パーソナライズされたレコメンデーションにより、関連性の高い体験を提供し、購買率を向上:

拡張されたAIアイテムレコメンデーション機能により、ブランドはより頻繁にアイテムを更新しながら、追加のレコメンデーションモデルを作成できます。これにより、各個人の嗜好に合わせた商品、サービス、体験、オファーなど、パーソナライズされたアイテム提案を提供できます。AIを活用し顧客と最も共鳴しそうなアイテムをマッチングすることで、ブランドはより有意義な体験を創造、より強いつながりを構築し、ブランド価値を高め、より大きなコンバージョンとビジネス成長の促進を支援します。AIアイテムレコメンデーションは、あらゆるBrazeチャンネルのキャンペーンにシームレスに統合し、複雑な設定、技術的リソース、追加の連携の必要性を排除します。

パーソナライズドパスで、あらゆるタッチポイントをパーソナライズし、収益を最大化:

マーケターがBraze Canvasで使用できる新機能「パーソナライズドパス」は、各顧客と最も関連性の高いメッセージ、コピー、クリエイティブ、チャネル、オファーをシームレスにマッチング、高度なパーソナライゼーションを実現します。パーソナライズドパス機能は、ジャーニーのどのステップにおいても、各個人が好む可能性の高いバリアントメッセージを実験、自動化、共有することで、より深いエンゲージメントを促進し、各顧客によりパーソナライズされたクリエイティブな体験を提供します。

トーン・コントロールでブランド価値を強化し、Time to Valueを改善:

OpenAI GPT-4 Turboによるトーンコントロール生成機能により、マーケティング担当者はAIが生成したコピーのトーンをAIコピーライティングアシスタント内で直接指示できます。この機能は、コンテンツ制作を刺激し、創造性を育み、あらゆるチャネルで素早く生成、挿入できます。テストと最適化を組み合わせることで、ブランドはトーンを比較し、共鳴するメッセージを迅速に共有できます。

推定実質開封率でメール指標の信頼性に対応:

推定実質開封率は、Appleのメールプライバシー保護(MPP)の課題に対応し、マーケティング担当者に信頼性の高いインサイトを提供します。Brazeは、メールキャンペーンパフォーマンス分析に新しい指標を導入し、正確なメール開封率のための高度な分析モデリングを活用しています。これにより効果的なインサイトを導き、クリエイティブな体験を加速させます。


Brazeの最高製品責任者であるケビン・ワンは、次のように述べています。

「Brazeの魅力は、マーケティング担当者の効率性と創造性を高め、ビジネスの成果を促進し、適切で記憶に残る体験を提供できる点にあり、AIはこの能力をさらに高めます。私たちはすでに、マーケティング担当者が、最新のAI機能を活かして、今まででは実現不可能だったスピードと手軽さで、ユニークにパーソナライズされた瞬間を目の当たりにしています。Sage AI by Braze の最新機能は、ユーザーの日々の時間を節約するだけでなく、ブランドがBrazeのリアルタイムのデータフローを活用し、さらに有意義な成果に結びつけるためのアイテムレコメンデーションやパーソナライズパスなどの機能に焦点を当てています。これらは、マーケティング担当者がAIの可能性を最大限に発揮するための大きな一歩です。」

Sage AI by Braze の詳細はこちら

将来の見通しに関する記述
本プレスリリースには、1995年米国私募証券訴訟改革法の「セーフハーバー」条項の意味における「将来の見通しに関する記述」が含まれており、Sage AI by Brazeの機能を含むBrazeプラットフォームおよび製品の予想される性能および利点に関する記述が含まれますが、これらに限定されるものではありません。これらの将来予想に関する記述は、Braze の現在の仮定、期待、信念に基づいており、実績、実績と大きく異なる可能性があり、重大なリスク、不確実性、および状況の変化の影響を受ける可能性があります。Brazeの業績に影響を与える可能性のある潜在的要因に関する詳細情報は、2023年12月7日に米国証券取引委員会に提出された2023年10月31日終了会計四半期のForm 10-QによるBrazeの四半期報告書およびその他の公的提出書類に含まれており、米国証券取引委員会と提携しています。このプレスリリースに含まれる将来の見通しに関する記述は、このプレスリリースの日付時点における Braze の見解のみを表しており、法律で要求される場合を除き、Braze はいかなる義務も負わず、これらの将来の見通しに関する記述を更新は行いません。

Brazeについて
Braze は、ブランドが「Absolutely Engaging」を実現するカスタマーエンゲージメントプラットフォームです。Braze の活用で、マーケティング担当者はあらゆるデータソースから、データを収集、施策実行ができ、1 つのプラットフォームからマルチチャネル、かつリアルタイムに、顧客とパーソナライズされたコミュニケーションができます。さらにAIで仮説検証と最適化を繰り返しながら、大量配信を支援するスケーラビリティーで、ハイパーパーソナライゼーションを実現し、ブランドに熱狂するファンとの魅力的な関係を構築、維持できます。同社は、2024 年の米国ニュースで働きがいのあるテクノロジー企業に選ばれ、英国の Great Place to Work 誌で 2023 年の女性にとって最も働きやすい職場に選ばれ、ガートナー の 2023 年マジック クアドラント でマルチチャネル マーケティング ハブおよびマーケティング ハブのリーダーに選ばれました。 The Forrester Wave: クロスチャネル マーケティング ハブ、2023 年第 1 四半期。Braze はニューヨークに本社を置き、北米、ヨーロッパ、APAC に 10 以上のオフィスを構えています。詳細については、braze.com をご覧ください。


Team Braze

Team Braze

関連コンテンツ

TVer、高成長が続く事業を支えるマーケティング基盤として Brazeを採用

もっと読む

ギフトモール、プライベートでもビジネスでも、お祝い全体の提案強化を目的としてBrazeを採用

もっと読む

サッポロドラッグストアー、リテールDXの加速を目指し、Brazeを採用

もっと読む

カスタマーエンゲージメント

Braze、「2024年 グローバル カスタマーエンゲージメントレビュー」日本語版を発表

もっと読む