製品機能


Sage AI by Brazeでよりスマートに働こう

Team Braze 作成者: Team Braze 2023/06/29

最近のテクノロジーの進歩は、新しいアプリケーションの無限の可能性と大きな潜在性を引き出しています。このような進歩により、マーケティング担当者が時間を節約し、よりクリエイティブになり、新しいことに挑戦し、より早く目標に到達するための新しい機会がたくさんあります。

Brazeは10年以上前から、マーケティング担当者の時間を節約し、より良い結果を得るためにAIを活用することを優先してきました。2022年5月に初めてOpenAIのGPTモデルをコピーライティングアシスタント機能に統合し、2014年に Intelligence Suiteを発表して以来、統計アルゴリズムと機械学習アルゴリズムをプラットフォームに組み込んできました。私たちの生成ツールやその他のAIベースのツールは、お客様が時間を節約し、キャンペーンから最高の結果を得るのに役立っているという実績があります。

この度、AI機能に新機能を追加し、カスタマージャーニー全体で顧客エンゲージメントを強化する新機能、Sage AI by Brazeを発表します。Sageとは、意思決定を支援し、不確実性を軽減する、深い知恵を持った人、または信頼できるアドバイザーを意味する言葉のことです。Sage AI by Brazeの機能により、マーケティング担当者は、創造性を持ち、より良い意思決定を行い、顧客のエクスペリエンスを最適化するための信頼できるアドバイザーを持つことができます。


以下の新機能をリリースします:

  • 社内のクリエイティブのボトルネックを低減しながら、クロスチャネルキャンペーンの迅速な作成を可能にする機能。

  • AIを活用したパーソナライゼーションにより、お客様のニーズに合わせたコンテンツを提供し、解約率の低下、ロイヤルティの向上、収益の増加を促進。

  • マーケティング担当者が数回クリックするだけで、より良い結果を得られるように支援する、意思決定を自動化する機能。


Sage AI by Brazeの機能は、より広範なファーストパーティデータをリアルタイムに活用することで、より迅速でスマートな意思決定を行い、Brazeのあらゆるチャネルにおける顧客一人ひとりの体験をパーソナライズします。同時に、仮説検証のために簡単にアクセスできる、実験機能により、カスタマージャーニーのあらゆるステップで、AIの最適化とパーソナライゼーションの機会を拡大します。

Sage AI by Brazeを使用してクロスチャネル キャンペーン コンテンツを迅速に生成

より少ない時間とリソースで成果を上げなければならないというプレッシャーに直面しているマーケターのために、Sage AI by Brazeは、日常業務を自動化しながらマーケティングの創造性を刺激する機能を強化します。Sage AI by Braze は、実験、コンテンツ作成、レポート作成、ユーザー ターゲティングの自動化に役立つ機能を備えており、チャネル全体での迅速なキャンペーン作成を支援すると同時に、新しいキャンペーン バリアントを高速に生成してより迅速に実験できるようにします。

  • 1年前、私たちはAIコピーライティングアシスタント機能を導入しました。この機能は、お客様がプレーンテキストのプロンプトを使用して、チャネル全体で多言語のコピーを迅速に生成するのに役立っています。AIコピーライティング・アシスタントは、アプリ内メッセージのドラッグ&ドロップ・エディターに直接組み込むことで、さらに使いやすくなりました。

  • これは、OpenAIのChatGPT-4テクノロジーを活用して、メッセージのスペルミスや文法ミス、トンマナ、攻撃的または無神経な表現をチェックするもので、マーケターがメッセージコピーの面倒なコンテンツ品質チェックに費やす時間を削減します。

  • 昨年12月に発表されたDALL-E 画像生成ツールは、リソース不足のクリエイティブチームへのプレッシャーを軽減するのに役立ち、お客様はBrazeのメディアライブラリで直接、自然言語のプロンプトに基づいてカスタム画像を生成することができます。チームはすでに、AIが生成した画像を直接制作に移し、迅速なメッセージやキャンペーンの作成を実現しています。

  • 私たちは、AIクエリビルダーなどの機能を開発し、どのような技術レベルのマーケティング担当者でも、自然言語のプロンプトや説明文から直接、高度なカスタムレポートを簡単に作成できるよう支援しています。

Sage AI by Brazeで大規模なパーソナライズ体験を即座に実現

マーケティング担当者にとって、大規模なパーソナライゼーションはチャレンジングですが、価値ある顧客を獲得し維持するための重要な戦略です。Sage AI by Brazeは、高度なパーソナライゼーションを簡単に利用できるようにし、マーケティング担当者が各顧客のユニークな嗜好、属性、行動に合わせてコンテンツ、レコメンデーション、ジャーニーを作成できるようにします。

  • Predictive Suiteを使用することで、マーケティング担当者は、顧客が購入、番組のストリーミング、定期購読の更新などのカスタムイベントを実行する可能性をより正確に予測することができます。そして、ロイヤリティを高め、解約を減らし、コンバージョンを高めるために、これらの顧客を簡単にセグメント化し、ターゲティングすることができます。8fitのような顧客は、予測ターゲティングを使用して、製品を購入する可能性が最も高い顧客にメッセージを送ることができ、予測ターゲティングなしで送信されたキャンペーンと比較して、コンバージョンを3.75倍改善しました。

  • Intelligent Selection、Intelligent Timing、Intelligent Channelにより、マーケティング担当者は、顧客が最も関心を持ちやすいタイミングで、顧客が好むチャネルに、顧客が最も共感しやすいコンテンツを送ることができます。OneRoofのようなブランドは、メッセージの送信を最適化することで、クリック率から開封率を23%向上させることができました。

  • パーソナライゼーションを大規模に強化するために、私たちはAIレコメンデーション*を開発しています。この機能は、各顧客の購入可能性に基づいてパーソナライズされた商品、アイテム、サービスなどのレコメンデーションを、ブランドが簡単に共有できるようにすることを目的としています。

  • Conversion Correlation Tableは、コンバージョンに最も相関する属性や行動に関する重要な洞察を提供する自動統計分析ツールです。これらのインサイトを使用して、どの属性が顧客のコンバージョンの可能性と相関しているかを理解し、顧客をより適切にターゲット化する戦略に役立てることができます。

Sage AI by Braze を活用し、より良い結果を得る

キャンペーンやジャーニーを開始するとき、マーケティング担当者は可能性の海に圧倒され、最高のパフォーマンスを期待するバージョンをデフォルトとして選択してしまうことがあります。Brazeを使用すると、コピー、クリエイティブ、タイミング、チャネル、キャンペーン、カスタマージャーニーなどを柔軟にテストできるため、単純なA/Bテストの枠を超えることができます。Sage AI by Brazeは、意思決定を自動化し、テストの推測(と無駄な労力)を排除して、すべての顧客を最も効果的な経路に自動的に誘導する機能を提供します。高度な統計モデルにより、数クリックでブランドがキャンペーンを最適化する方法を拡大します。

  • 昨年、私たちは統計モデリングを使ってコンバージョンを最適化する機能、Winning Variantを導入しました。Winning Variantは、2つ以上の異なるキャンペーンバリアントをテストし、パフォーマンスの良い方を自動的にユーザーに送ります。Sage AI by Brazeでは、BrazeキャンバスフローにWinning Path機能を導入することで、提供するサービスを拡大しています。Winning Path機能により、マーケティング担当者はカスタマージャーニーのあらゆる部分をテストし、自動的に各ステップを最適化することができます。顧客がSMSにより良い反応を示すか、フォローアップメッセージを12時間遅らせた方が良いか、新しい円形のロゴを本当に気に入っているかなど、Winning Pathは顧客のエクスペリエンスをあらゆるステップで最適化することができます。

  • 場合によっては、キャンペーンの「ベスト」バージョンは人によって異なります。Personalized Variantでは、キャンペーンテストが自動的に最適化され、個人の行動、属性、嗜好に基づいて、個々の顧客が最もエンゲージしやすいバリアントを受け取れるようにします。

  • また、Personalized Path機能により、Brazeはマーケティング担当者にAI主導のパーソナライゼーションへのアクセスを提供し、カスタマージャーニーのすべてのステップに適用して、各個人が好む体験全体を決定することを意図しています。Personalized Pathの目的は、マーケティング担当者が各ユーザーの行動や嗜好を活用し、一人ひとりに合わせて完全な体験をカスタマイズし、ブランドのROIを最大化できるようにすることです。

  • 私たちはまた、ブランドがA/Bテストの勝者*をシミュレーションし、予測するのを支援する計画にも取り組んでいます。このツールの目的は、マーケティング担当者がテストを実施しなくても、最適なメッセージのバリエーションを選択できるようにすることで、より迅速にメッセージを配信できるようにすることです。

  • メール送信者にとっては、2021年にAppleがメールプライバシー保護を導入したことで、Appleメールがこの指標を人為的に高めたため、マーケティング担当者にとって、メールの開封率をが信頼性のある指標でなくなりました。現在、推定実質開封率*の統計モデルをテストしており、メールキャンペーンの成功と最適化戦略の推進に役立つ、より正確な推定実質開封率を提供する予定です。

最後に

Sage AI by Brazeは、クリエイティビティ、パーソナライゼーション、エンゲージメント戦略の最適化のための参入障壁を下げる、アクセスしやすく使いやすいツールのコレクションを提供します。これらのツールは、マーケティング担当者がよりスマートに作業し、顧客により良いクロスチャネル体験を構築し、ブランドが常に最高の結果を得られるようにするのに役立ちます。

AIが貴社の顧客エンゲージメントプログラムの強化にどのように役立つのか、ぜひこちらをご覧ください。

>> AIおよび機械学習のブログ記事をもっと読む

*が記載されている製品は、現在ベータ版またはそれ以前の開発段階です。本書に記載されている製品に関する情報は、Brazeの現在の製品計画を反映したものですが、Brazeは、独自の判断により、いつでもこれらの製品の開発を中止することができ、また、製品の一般提供を行わない場合があります。これらの製品のいずれかが一般的に利用可能になった場合、その機能はここに記載されたものと異なる可能性があります。

将来の見通しに関する記述 この投稿には、1995年米国私募証券訴訟改革法の「セーフハーバー」条項の意味における「将来の見通しに関する記述」が含まれており、これには予想される製品性能に関する記述が含まれますが、これに限定されるものではありません。これらの将来予想に関する記述は、Brazeの現時点における仮定、期待、確信に基づくものであり、実際の結果、業績、成果は、将来予想に関する記述によって明示的または黙示的に示される将来の結果、業績、成果とは大きく異なる可能性のある、重大なリスク、不確実性、状況の変化の影響を受けます。Brazeの業績に影響を与えうる潜在的要因の詳細については、2023年3月31日に米国証券取引委員会に提出されたBrazeの2023年1月31日を期末とする会計年度の年次報告書(Form 10-K)、およびBrazeが米国証券取引委員会に提出したその他の公開書類に記載されています。この投稿に含まれる将来の見通しに関する記述は、本プレゼンテーションの日付時点におけるBrazeの見解に過ぎず、Brazeは、法律で義務付けられている場合を除き、これらの将来の見通しに関する記述を更新する義務を負うものではなく、また更新する意図もありません。


Team Braze

Team Braze

関連コンテンツ

クロスチャネル戦略におけるアプリ内メッセージの重要性

もっと読む

プッシュ通知がクロスチャネル戦略に重要な理由

もっと読む
A phone showing an email with different icons around it

効果的なメールマーケティング戦略の究極ガイド

もっと読む

キャンバスフロー

カスタマージャーニーとは?作成するメリットやマップの作り方・注意点を紹介

もっと読む