Hingeがクロスチャネルメッセージングで出会い系アプリのエンゲージメントを200%向上させた方法

出会い系アプリでは、長期的な関係を構築するのは難しいとされています。Hinge社がキャンペーンでアプリのエンゲージメントを高め、クリック率を200%向上させた方法をご紹介します。

出会い系アプリは、スワイプするだけの実のない終わりのないサイクルと言われていますが、Hinge社はそれをすべて変えようと取り組んでいます。Hingeのモバイルアプリは、「削除されることを前提に設計」されています。つまり、このブランドは、人々が出会い系アプリから永久に離れるよう、真の関係を育むことに専念しているということです。プロフィールの設定からプッシュ通知まで、すべてのユーザーのタッチポイントは、アプリを成功させるために、本物のつながりをサポートする必要があります。これは並大抵のことではありません。

ユーザーが恋に落ちる(あるいは、少なくとも重要な最初のデートに出かける)ために、Hingeのチームは、アプリに注目を集めるためのエンゲージメントの高い戦術を実行しようとしましたが、エキサイティングなアイデアを検討するうちに、よりダイナミックなキャンペーンをシームレスに実行できる技術が必要だと気付きました。そのために、彼らはBrazeに乗り換えました。

ユーザーにとって適切な場所で愛につながる出会いがあるように

Hingeのキャンペーンはすべて、リアルなデートを増やし、アプリでの空振りを減らすよう、ユーザーを後押しするように設計されています。戦術的には、ほぼすべてのキャンペーンにEメールプッシュ通知アプリ内のメッセージと組み合わせて効果を最大化します。チームは一貫してコピー、件名、タイミングをA/Bテストし、参加資格のルールを尊重し、ユーザーへのスパムを避けながらエンゲージメントを最適化しました。これらは愛につながる価値あるアプリ体験を生み出すためです。

昨年、Hingeは「相性ぴったり」キャンペーンを開始しました。ノーベル賞受賞のアルゴリズムを使い、アプリ内での好みや活動に基づいて、ユーザーが最も結びつきやすい相手と24時間ごとにペアを組むというものです。Hingeによると、ユーザーは「相性ぴったり」マッチング相手とデートに出かける確率が8倍高くなるそうです。

Hingeは、ユーザーがこの機能を最大限に活用できるように、クロスチャネルのメッセージングキャンペーンを構築しました。マッチングは、アプリを開いて新しいデート相手を見るようユーザーに促すアイスブレーカーメールで紹介されます。当初、このメールには相手の名前とプロフィール写真が含まれていましたが、いくつかの実験の後、写真を削除することでクリック率が劇的に向上することがわかりました。Hingeは、ユーザーがメールに記載された1枚の顔写真で即決するのではなく、アプリで「相性ぴったり」の相手のプロフィール全体を見ることで、より思慮深い決断ができると考えています。

プッシュ通知も、アプリの「相性ぴったり」機能でユーザーエンゲージメントを促進します。Hingeは、マッチングの準備ができたことを知らせるプッシュ通知を朝に1回送信し、期限が切れる前にリマインダーとして夜にもう1回送信しています。効果を最大化するために、Hingeは配信時間や配信数をA/Bテストしました。プッシュ通知は、スパムのようなものではなく、自然な後押しのように感じられるようにしたかったのです。

クリックスルー率とコンバージョン率の向上へ

Hingeは、クリエイティブなキャンペーンのアイデアとデータに焦点を当てた実験を組み合わせることで、どのアクションがユーザーに真のつながりを築かせ、最初のデートにつながるかを見極めました。「相性ぴったり」キャンペーンを実施したところ、クリックスルー率が200%も上昇しました。

Hingeのユーザーライフサイクル担当プロダクトマネージャーであるミッチェル・ラポフ氏は、「デートをするのはとても大変なことです。だからこそ、いい人を見つける最高の
チャンスになるように、一人ひとりに合った進め方を案内することが重要です。Brazeのおかげで、まさにそれを実現できています。」と述べています。

最後に

「削除されることを前提とした」出会い系アプリを作るということは、すべてのメール、プッシュ通知、アプリ内メッセージは、ユーザー間の真のつながりを促進するように調整される必要があることを意味します。Brazeを使用してクリエイティブなメッセージングキャンペーンを構築することで、Hingeはユーザーがアプリだけでなく、より効果的な方法でお互いに頻繁に関わることを促進しました。

PDF資料はこちらからご覧ください。

関連コンテンツ