プレスリリース


Braze、「2023年 グローバル カスタマーエンゲージメントレビューレポート」日本語版を発表

Team Braze 作成者: Team Braze 2023/04/11

Braze、「2023年 グローバル カスタマーエンゲージメントレビューレポート」日本語版を発表

マーケティング投資は3年連続新規顧客獲得から顧客維持へ
カスタマーエンゲージメントの成熟度がビジネスパフォーマンスに直結する結果に


カスタマエンゲージメントプラットフォームのリーダーである Braze株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:菊地 真之、以下 Braze)は、今年で3回目となるカスタマーエンゲージメントレビューの日本語版を公開しました。本レポートは、B2C企業のマーケティング意思決定者(世界14か国1,500名)を対象としたグローバル調査(日本を含む)です。本調査で、2022年のカスタマーエンゲージメントのトレンド、進化、そして2023年における成長と改善のヒントが明らかになりました。

本レポートから読み解けるカスタマーエンゲージメントのトップトレンドは以下です。

1. 新規顧客獲得から既存の顧客維持(リテンション)へ

2022年も不安定なマクロ経済情勢を受け、支出に対する消費者の慎重さは依然として続いています。経済の先行きに対する不透明感が増す中、新規の顧客開拓よりも、既存の顧客維持(リテンション領域)に積極投資する傾向が3年連続で高まっています。また、回答者の99%が顧客維持に向けたエンゲージメントを強化すると回答しており、すでに取引のある顧客にフォーカスし、購買行動や嗜好データを活用しながら、マーケティング投資の最大化を意識した活動を強化する企業の姿勢が明らかとなりました。

    2. データ収集と活用に依然、大きな課題

    社会が急速にデジタル化する中、消費者はさまざまなデバイスに接触する、あるいは囲まれる中で、ありとあらゆるデータが発生しています。2025年には世界中で生成されるデータ量は181ゼタバイトに上ると推定されています。企業側もマーケティング施策等にこれら情報を活用したいと考えている一方で、80%がデータの利用用途をイメージせず、データを集め過ぎていると回答しています。また、CMOの視点では42%がデータサイエンティストのマーケティングへの理解不足を指摘し、38%がマーケターのデータへの理解不足を指摘しています。データを集めるだけでなく、データを活用する側のスキル向上も喫緊の課題と言えます。

    3. サイロ化された組織は成長の阻害要因となる

    米国をはじめとした先進的な市場では、マーケターは消費者の変わり続けるニーズに対応すべく、カスタマーエンゲージメントを高度化するためのマーケティング基盤の整備を進めつつ、適切な人材を集約、グロースチームとして組織化、専任化する傾向が強まっています。一方、日本ではこの組織化、専任化という意味で、地域と比べ、若干の遅れが見られることが明らかとなりました。必要な人材が様々な部門に散在し、事業毎に異なったシステムでカスタマーエンゲージメントを実践せざるを得ない状況が読み取れます。顧客維持に必要なデータを効率的に集め、適切な人材でマーケティング施策をデータドリブンで展開し続ける環境がビジネス成長に必要不可欠になると考えられます。

    Braze Customer Engagement Indexとは

    Brazeのカスタマーエンゲージメントインデックスは「テクノロジー」と「チーム(組織)」の2つの重要な軸で構成され、合計12項目で指数化されており、成熟度が高い方からAce(エース)、Acceleratre (アクセラレート)、Activate(アクティベート)という、3つの成熟度レベルに分解されています。

    カスタマーエンゲージメントの成熟度はビジネスパフォーマンスに直結する

    3つの成熟度レベルを詳細に分析すると、成熟度レベルとビジネスパフォーマンスには相関関係がある事がわかりました。Aceブランドは非Aceブランドと比較して、顧客維持期間(LTV)が23%長く、再購入の頻度が33%高く、ユーザーごとのセッション数が53%多く、購入率が208%高いことが調査により明らかになりました。

    詳細の内容は、「2023 グローバルカスタマーエンゲージメントレビュー」をダウンロードしてご参照ください。

    調査方法
    Wakefield Researchは、世界14カ国の市場(オーストラリア、フランス、ドイツ、インドネシア、日本、フィリピン、シンガポール、韓国、スペイン、スウェーデン、タイ、アラブ長国連邦/ドバイ、英国、米国)のB2C企業のうち、年間の収益が1,000万ドル規模の企業でVP以上の役職に就くマーケティング幹部1,500名を対象に調査を行いました。調査は2022年12月9日~2022年12月18日の期間で実施され、メールでの回答依頼とオンラインアンケートが使用されました。設定された地域ごとの回答者数は500名です。

    Brazeについて
    「Human Connection」をミッションに掲げるBrazeは、消費者とブランドとの間のインタラクションを強化する、統合型カスタマーエンゲージメントプラットフォームのリーディングカンパニーです。Brazeを利用することで、グローバルブランドは顧客データをリアルタイムで取り込み、処理し、文脈に応じたクロスチャネルマーケティングキャンペーンを編成・最適化し、顧客エンゲージメント戦略を継続的に進化させることができます。Brazeは、Great Place to Work誌の「Fortune's 2022 Best Workplaces in New York」「Fortune's 2022 Best Workplace for Millennials」「2021 UK Best Workplaces for Women」に認定されています。ニューヨークに本社を置き、オースティン、ベルリン、シカゴ、ロンドン、パリ、サンフランシスコ、シンガポール、東京、トロントにオフィスを構えています。

    【報道関係者お問い合わせ先】
    Braze PR窓口 株式会社旭エージェンシー
    担当:板東
    TEL:03-4570-2420、070-2161-7120(板東)
    E-mail:[email protected]


    Team Braze

    Team Braze

    関連コンテンツ

    ギフトモール、プライベートでもビジネスでも、お祝い全体の提案強化を目的としてBrazeを採用

    もっと読む

    サッポロドラッグストアー、リテールDXの加速を目指し、Brazeを採用

    もっと読む

    カスタマーエンゲージメント

    Braze、「2024年 グローバル カスタマーエンゲージメントレビュー」日本語版を発表

    もっと読む

    Braze パートナーサミットにて「Braze Torchie Awards 2024」 受賞企業を発表

    もっと読む