ユースケース


ポストホリデーマーケティングを勝ち抜くための3つのベストプラクティス

作成者: 2022/07/21

ホリデーマーケティングの達人と素人を分ける1つの要因は、シーズン終了後に成功をどのように計画し、達成しているかという点にあります。ここでは、ホリデーマーケティング活動を効果的に行う3つの戦略を紹介します。

戦略1:成功を評価し、次回以降の取り組みを最適化する

今回うまくいったこと、いかなかったことを総体的に把握することで、来年のホリデーシーズンのマーケティングキャンペーンや、来年1年間の顧客エンゲージメント活動をさらに成功させるための気づきやアイデアを得ることができます。以下のような重要な点について確認する必要があります。

  • うまくいった点改善すべき点

  • これらのインサイトを活用し、次の90日間でさらに成功を収めるにはどうしたらよいか次回のホリデーシーズンに向けて、これらのインサイトをどのように活用すべきか

社内で適切な事後分析を行い、ホリデーキャンペーンの取り組みのプロセス全体について主要なチームリーダーと話し合います。プロセス、コラボレーション、最終的なアウトプットに関するインサイトをすべてのコアチームメンバーが共有し、考え抜かれたアクションアイテムを提案できるようにします。このフィードバックを取りまとめて関係者全員に配信します。こうしたフィードバックループにより、組織は重要な教訓を具体化し、将来に向けて適用できます。

分析はキャンペーンの終了まで待つ必要はありません。このプロセスをブラックフライデーとサイバーマンデーの後に開始することで、残りのホリデーシーズンに向けて、季節マーケティングおよび需要管理戦略の部門全体に情報を提供できます。

戦略2:新規や既存の顧客との対話を持ち続ける

調査によると、カスタマーリテンションをわずか5%向上させただけでも、収益性は25~95%高まりました。そのため、ホリデーシーズンの終了後も、広告のリターゲティングや、メール、SMSなど独自のチャネルを通じて、顧客との関係構築を続けることが重要です。

幸いにも、ホリデーシーズン中に獲得した新規の顧客は、非常に活発で忠実なカスタマーになる傾向にあります。

弊社のガイド6 Cross-Channel Messaging Campaigns to Build Retail Customer Loyalty(小売業でカスタマーロイヤルティを高める6つのクロスチャネルメッセージングキャンペーン)では、ホリデーシーズン後に実施できるキャンペーンで、新たに獲得したユーザーの関心を維持するためのアイデアを紹介しています。はじめに、次のような手段でブランドの認知度を高めます。

  • 新しい製品やサービス

  • 報酬や特典

  • ロイヤリティプログラム

戦略3:将来の成果を実現するために必要なデータとインサイトを手に入れる

データは、組織のマーケティングを成功させるためには不可欠です。次のホリデーシーズンでさらに高い成果を目指すなら、予測インサイトに基づいて、カスタマーエンゲージメントを促進するキャンペーンのメッセージ、チャネル、ターゲティング、送信時間などを把握し、リアルタイムでマーケティングキャンペーンを最適化する必要があります。

弊社のガイドKey Measures for Customer Engagement(顧客エンゲージメントの主要測定方法)では、ブランドが事業の成長を促進するために何を測定し分析する必要があるかについて専門的なインサイトを提供しています。

調査方法

すべてのデータは、Brazeの171の小売およびeコマースブランドの顧客ベースから抽出され、匿名化と集計がなされています(特定の顧客においては親ブランドとサブブランドが存在するため、この目的では個々の顧客が複数のブランドを表す場合があります)。2021年1月1日~2022年1月1日の期間については、2021年の感謝祭から2022年元旦までをホリデー期間と定義しデータを分析しています。


関連コンテンツ

解約防止

計画的なリテンション施策:解約防止のためのプレイブック

もっと読む

リテンションの多彩な側面:リテンションとは何か、その測定方法、リテンションを高める賢い戦略とは

もっと読む

リテンション

湯快リゾート、リテンション強化戦略としてダイレクトチャネルに注目、 Brazeの活用で、パーソナライズ施策を強化

もっと読む
Braze_PressRelease

エンゲージメント

コスモ石油マーケティング、 給油だけでなくカーライフをトータルにサポートするためアプリを中心とした顧客コミュニケーションに 「Braze」を活用

もっと読む