Two puzzle pieces with logos representing marketing and tech teams

カスタマーエンゲージメント


LTKとVSCOから学ぶ、マーケティングチームと技術チームがうまく協業する方法

Team Braze 作成者: Team Braze 2024/04/12

デジタルファーストが進む今日、マーケターと技術チームのシームレスなコラボレーションは、「あったらいいな」から「絶対に必要なもの」へと変化しています。Forge 2023カンファレンスでは、LTKとVSCOのリーダーと対談し、トップブランドがどのようにマーケティングチームと技術チームを戦略的に連携させ、成長を促進し、カスタマーエクスペリエンスを高めているのかについて洞察を深めました。

1. コラボレーションの極意

マーケターはクリエイティブなビジョンを持つだけでは不十分で、それを実現するための適切なテクノロジーとリソースでサポートされる必要があります。この見解は、単に違いを識別するだけではなく、これらの異なる視点が互いに補完し合い、高め合うことで、イノベーションを促進し、エンゲージメントを新たな高みへと押し上げる可能性を認識することを意味します。

このような調和のとれたコラボレーションを実現するのは、偶然の産物ではありません。相互理解と目標の共有を目指した意図的かつ戦略的な努力によって可能となるのです。

2. 共通言語の構築

団結への道のりは、共通の語彙と全社的な目標を確立することから始まります。Steve氏は、マーケティングチームのために技術的なツールを理解しやすくするために、知識の共有が重要な役割を果たすことを強調し、「私は、共通のツールと目標を中心にチームを置くために、実に広範な一連のドキュメントを作り上げました」と説明しました。

3. オーナーシップの共有

VSCOでは、エンゲージメントプラットフォームのオーナーシップを共有するという理念は単なるポリシーではなく、文化でした。VSCOのライフサイクルマーケティング担当シニアマネージャーであるNisha Mehta氏は「エンゲージメントプラットフォームは社内の全員がオーナーシップを持つべきものでした。」と述べ、全員がプロセスや結果に参加することで、コラボレーションが自然に促進されるという信念を強調しました。

VSCOがモバイルからデスクトップへとユーザーを移行させる重要なプラットフォーム移行に着手したとき、彼らはマーケティングの顧客へリーチする力と技術的な知識を融合させた総合的な戦略をとりました。この成果は単なる技術的な実行ではなく、ユーザーにとってスムーズな移行を保証し、デジタル適応の新たなベンチマークを設定するものでした。

まとめ

LTKとVSCOからのインサイトは、マーケティングのアートとテクノロジーのサイエンスを融合させようと努力しているブランドが進むべき道を示しています。進化し続ける今日のデジタル領域をナビゲートする上で、これらの学問分野の融合は有利であるだけでなく、顧客の共感を得て、有意義な成長を促進する戦略を練る上で不可欠です。目標を共有し、相互理解を深め、共同の成果を祝うことで、私たちは共同作業の可能性を最大限に引き出すことができるのです。

他の一流ブランドやデジタル・プロフェッショナルが、組織全体でどのように相乗効果を見出しているかを知りたいですか?今年のForgeカンファレンスのハイライトをご覧ください。

今年のインスピレーションを得る準備はできていますか?Forge 24の開催(英語)もご期待ください!


Team Braze

Team Braze

関連コンテンツ

カスタマーエンゲージメント

CX(カスタマーエクスペリエンス)とは?向上のためのポイントや施策を成功させる道筋について

もっと読む

カスタマーエンゲージメント

Braze、「2024年 グローバル カスタマーエンゲージメントレビュー」日本語版を発表

もっと読む

カスタマーエンゲージメント

2024 グローバル カスタマーエンゲージメントレビュー

もっと読む

クロスチャネル

大規模で洗練されたマーケティングを実現: 2023年、BrazeはいかにしてJust-in-TimeかつJust-For-Youメッセージングを可能にしたか?

もっと読む