カスタマーエンゲージメント


カンヌライオンズのトレンドから見るカスタマーエンゲージメントの変革

Team Braze 作成者: Team Braze 2024/07/11

今年のカンヌライオンズ・フェスティバル・オブ・クリエイティビティは、革新的なショーケースであり、カスタマーエンゲージメントの未来を形作るような、先見性のあるトレンドによって世界中のマーケターやブランドを魅了しました。

Brazeは、トップブランドやパートナーとのエンゲージメントミーティング、WPP、Raconteur | B Corp™、VCCP、Accenture、Forbesとの華やかなイベントなど、充実した1週間を過ごしました。AIの画期的な統合から、パーソナライズドマーケティングの技術、キャンペーンにおけるユーモアの巧妙な使用まで、今年のフェスティバルから得られた洞察は、カスタマーエンゲージメント戦略の高度化を熱望するマーケターにとって、大きな変革になること間違いありません。

AIへの関心は依然として揺るぎない

AIとそのクリエイティビティとの接点は、今回も大きな話題となりました。今回初めて、Lions賞への応募の際にAIが活用されたかどうかをブランドに開示するよう求められ、そのうち12%が活用したと回答しました。

つまり、みんなAIについて話していたものの、ほとんどのブランドはそれをビジネス戦略にどのように最適に統合し、特に実際のユースケースでどのように使用するかについてまだ確信が持てていませんでした。

カスタマーエンゲージメントにおける意味:

AIは、マーケティングにおける創造性と戦略の両方を強化できる、インパクトのあるツールです。2024 グローバル カスタマーエンゲージメントレビューに見られるように、多くのマーケターは、KPIに集中しすぎる、ルーチンタスクに過剰な時間を費やす、クリエイティブな実行のための技術が不足している、クリエイティブのROIを実証できない、といった課題に直面しています。AIは、反復的な作業を自動化し、クリエイティブな思考のための時間を確保し、リアルタイムで戦略を最適化することで、これらの問題を軽減することができます。

しかし、AIを使って創造的なアイデアを生成、データ分析を強化し、予測分析を推進し、キャンペーンをパーソナライズするための成長の可能性はまだまだあります。これらのユースケースに早期に取り組むことで、障害を克服し、革新的で戦略的な顧客エンゲージメントを迅速に推進することができます。

では、AIをどこから始めるべきでしょうか?VCCPとRaconteur | B Corp™パネルでのテクノロジーを通じた効果と創造性の最大化について、BrazeのグロースチームのSVPであるSpencer Burke氏は、「この質問をしている時点で、あなたは遅れているわけではありません。あなたは正しい位置にいる、それが最初の一歩です。」と述べました。

パーソナライゼーションは関係構築で勝利する

パーソナライゼーションはマーケティングの分野で引き続き重要なテーマとなっており、多くの受賞プロジェクトによってその重要性が強調されています。ますます多くのブランドがデータ分析、AI、機械学習を活用して、個々の顧客に対して高度にカスタマイズされた体験を提供しています。

Lionsセッションの一つ、「コマース×クリエイティビティ」では、IPGのチーフコマースオフィサーであるJeriad Zoghby氏と、RG/AのチーフクリエイティブオフィサーであるTiffany Rolfe氏が、取引をより会話的でパーソナルかつインスピレーションに富んだものにし、テクノロジーやデザイン、AI、データなどのこれまでにない機会を活用して差別化を図る必要性を強調しました。

カスタマーエンゲージメントにおける意味:

パーソナライゼーションは、各インタラクションをより関連性があり価値のあるものにすることで、カスタマーエンゲージメントを大幅に向上させることができます。ファーストパーティデータを活用して、パーソナライズされたコンテンツ、オファー、およびレコメンデーションを提供することで、ブランドは顧客満足度、ロイヤルティ、およびコンバージョン率を高めることができます。

マーケターは、ファーストパーティデータを活用することで、パーソナライズされたメールキャンペーンからカスタマイズされたウェブサイト体験まで、よりシームレスで直感的なカスタマージャーニーを作り出すことができるでしょう。このデータは顧客との直接的なインタラクションから収集され、ブランドがメッセージングやオファーを個々の好みや行動に正確に合わせるための貴重な洞察を提供します。しかし、パーソナライゼーションとプライバシーのバランスをとり、データが倫理的かつ透明性を持って使用されることを確保し、顧客との信頼を築くことが極めて重要です。

このトレンドは、顧客のニーズや好みを理解し予測することで、より適切で意味のあるインタラクションを創出する方向へのシフトを強調しています。これにより、顧客関係が反応的なものから予測的なものへと昇華し、比類のない利便性を提供します。まBrazeの調査によると、消費者の80%が購入時にパーソナライズされた体験がある程度重要だと回答しています。

コメディが再び登場

ウィットに富んだ広告から、巧妙なソーシャルメディアキャンペーンまで、今年のLions受賞プロジェクトでは、ユーモアが強力なテーマとして浮上しました。軽快でありながらスマートなコンテンツは、観客の注目を集め、つながりを生み出し、ポジティブなブランドイメージを育みます。

おそらくこれが、多くのブランドがクリエイティブなキャンペーンにユーモアを取り入れて観客を楽しませ、メッセージをより共感できるものにし、エンゲージメントを促進する理由です。フェスティバルのラインアップには多様なユーモラスなコンテンツが含まれており、笑いが文化の違いを超え、コミュニティ感覚を育む世界共通言語であることを証明しています。Wendy’sは、「Social & Influencer–Use of Humour」を含む3つの銅賞を受賞し、アクティブな高齢層のソーシャルメディアスタイルを採用するという大胆な一歩を踏み出しました。タイポ、すべて大文字のうるさい投稿、過度なシェアなど、愛嬌持ってからかうことで、Wendy’sのキャンペーンは若年層と高齢層、両方の共感を得ました。このソーシャルメディアの体験は本物で親近感があり、前年比+136%のエンゲージメントの増加をもたらしました。

カスタマーエンゲージメントにおける意味:

ユーモアを適切に使用することで、障壁を取り除き、ブランドを人間味のあるものにし、オーディエンスとのつながりを作り出すことができます。サタデーナイトライブで有名なKenan Thompson氏は、VMLとのLionsパネルで、ユーモアは文化的な瞬間を作り出すことはできないし、何が流行るかを正確に知ることはできないので、扱いが難しいと認めました。「ブランドに忠実であり続けてください」と彼は言いました。「自信を持ち、一貫性を保つことが大切です。」

マーケターは、ユーモアを活用することで、競争の激しい市場で目立ち、ソーシャルシェアを促進し、忠実な顧客基盤を築くことができます。ただし、ユーモアがブランドの声と価値観に一致し、オーディエンスのユニークな視点に配慮することが重要です。そして、それがバイラルになった場合には、それに対する準備をしておきましょう!

まとめ

マーケティングの世界では、カンヌライオンズの魔法から生まれた素晴らしいアイデアが忙しさの中で埋もれてしまい、プレゼンテーションのデッキの中に留まってしまうことがよくあります。しかし、これらのアイデアの真の魅力は、それを実行することにあります。

これらの革新的なコンセプトを実行可能なカスタマーエンゲージメントキャンペーンに変えることは、有意義なつながりを築き、ビジネス目標を達成するために不可欠です。優れたアイデアが適切な技術とともに実現されると、観客を魅了し、ブランドを際立たせ、ロイヤルティを育む力が生まれます。

私たちのアドバイスは、その瞬間を捉え、これらのアイデアを積極的に実行し、顧客に深く響くダイナミックで影響力のある体験を創り出し、クリエイティブなビジョンを具体的な成果に変えることです。


Team Braze

Team Braze

関連コンテンツ

FORGE

これを読めば上司も納得!Forge2024に参加すべき理由

もっと読む

WWDCの発表:Apple Intelligence、RCSがiOS 18に登場

もっと読む

カスタマーエンゲージメント

CX(カスタマーエクスペリエンス)とは?向上のためのポイントや施策を成功させる道筋について

もっと読む

カスタマーエンゲージメント

2024 グローバル カスタマーエンゲージメントレビュー

もっと読む