メール


マーケター向けのノーコードツール開発:Brazeのメール機能を進化させる反復プロセス

Team Braze 作成者: Team Braze 2024/01/18

メールマーケティングは、1ドルの投資で最大38倍のリターンを期待できる効果的な手法です。しかし、このような成果を得るには、企業がメールプログラムを強化し続ける必要がありますが、これはマーケターにとって時間と労力の負担が大きいこともあります。一般的な課題の一つとして、多くのメールマーケターは戦略には長けていますが、HTML(メールの主要言語)を使って魅力的なメールプログラムを作成する時間や技術的な専門知識が不足していることが挙げられます。

このようなリソースの負担を減らすため、Brazeのプロダクトチームは、戦略的・技術的なマーケターが迅速に魅力的なメールを作成できるように、メールエディタを継続的に最適化しています。現在、Brazeのお客様は、ドラッグ&ドロップのメールエディタコンテンツブロックを使って、キャンペーン全体にわたるシームレスなコンテンツエクスペリエンスを簡単に構築できます。さらに、ドラッグ&ドロップのメールプレファレンスセンターを活用することで、メールのライフサイクルを完成させることができます。

Brazeプラットフォームのドラッグ&ドロップメール製品群の戦略を深く理解し、これらのツールがマーケティング成果を強化するためにどのようにサポートできるかをさらに読み進めてみましょう。

使いやすさが不可欠な理由

EメールはD2C(Direct to Consumer)マーケティングの中核として当初から存在していますが、そのメールを作成する際のわずらわしさもほぼ同じ期間存在してきました。長年にわたり多くのブランドにとって、メールがやりがいのあるチャネルであったとはいえ、手間のかかるチャネルであった理由の1つは、この領域のマーケターが集中していることと、実際にメールキャンペーンを構築するために必要なことの間にしばしばあるミスマッチです。

多くのマーケターは、この重要なチャネルの活用で顧客獲得を促進し、収益向上、リテンションを高めています。これらの目標を達成するための経験と戦略は、それ自体が大きな成果です。しかし、メールというチャネルは、HTMLの知識(本質的にコーディング言語のような機能)が必要であるため、多くのマーケターはHTMLの技術的な知識が不足していると感じます。多くの場合、HTMLを使用しないメールエディタが重要なニーズとなり、「WYSIWYG(what you see is what you get ー最終的な出力と同じものが編集画面に表示されるエディタ)」は、ESP(Emailサービスプロバイダー)や顧客エンゲージメントプラットフォームにおいて大きな利点となります。

技術的に優れたメールマーケターであっても、メール作成に対してより効率的なアプローチを好む理由が存在します。毎日何十億通ものメールが送信されており、それらのメッセージ作成を管理する必要があるのです。HTMLを十分に理解している場合でも、WYSIWYGメールエディタを備えたESP(Emailサービスプロバイダーl )を使用することで、ブランドの戦略を遂行するために必要なメールの生産をスケールアップし、価値を生み出すまでの時間を短縮することが容易になります

Brazeの製品哲学とメール機能への影響

Brazeの製品哲学は、絶え間ない継続的な反復の原則に基づいて構築されています。そのため、エンジニア、デザイナー、プロダクトマネージャーで構成されるチームは、仮説を検証し、お客様からのフィードバックを募り、時間をかけて段階的により大きな影響を与える方法で製品を進化させることができます。

Brazeの製品管理担当副社長であるGurbir Sukhijaは次のように述べています。「Brazeのプロダクト部門では、製品を開発する際にある程度の柔軟性を重視しています。その主な理由は、私たちが開発しているものが実際に顧客にとって真の付加価値をもたらしているかどうかを検証したいからです。最初から最後まで製品の完全版を作成しようとすると、非常に現実的なリスクに直面します。それは、最終的に作成したものが実際に顧客が必要としているものではない可能性があり、多くの時間とリソースを無駄にしてしまうことになります。」研究を行い、最小限の実用製品(Minimum Viable Product)を構築してから実装し、展開し、顧客がそれをどのように使用しているかから学ぶことで、何がうまくいっているか、何がうまくいっていないかを明確に把握することができます。これにより、一度にすべてを行うよりもより迅速かつ確実に一流の製品を生み出すことができます。

Brazeが2012年にメールサポートを開始した当初、最初のメールエディタのバージョンは非常にシンプルなプレーンテキストエディタでした。経験豊富なお客様がクロスチャネルのエンゲージメントミックスにメールを追加するには十分なものでしたが、プロダクトチームにとっては基本的なものであったため、時間の経過とともにアップグレードする必要があると認識していました。しかし、一流のメール製品を構築するために必要な帯域幅と投資額を考えると、エンジニアリングチームが構築しているものが、長期にわたってお客様が望み、必要とするものであることを確認することが不可欠でした。その目標を達成するために、プロダクトチームは、製品リサーチとお客様からのフィードバックに基づいた、多段階の反復プロセスを採用しました。

プレーンテキストからHTMLへ

まず、Brazeはオリジナルのエディタをアップグレードし、お客様に基本的なWYSIWYGツールを提供しました。その後、プロダクトチームとエンジニアリングチームが、プレーンテキストエディタを、オートコンプリートを可能にするHTMLエディタに置き換えました。HTMLの専門家であれば、ショートカットやそのような機能がたくさん組み込まれているので、ツールをかなり迅速に利用することができます。このアップデートは好評で、多くの用途に対して新しい機能を大幅に拡大しました。私たちは、特定のタイプの顧客向けに対応したことを知っていました。HTMLに精通していて、HTMLエディタを気に入っている顧客は満足しています。しかし、HTMLエディタがすべての人に適しているわけではないこともわかっていました。

新しいHTMLエディタのローンチ後、プロダクトチームは他の顧客からのフィードバックや感想を注意深く見て、どのニーズが満たされ、どのニーズがまだ重要であるかを理解しようとしました。彼らは、Brazeのメール製品にドラッグアンドドロップエディタを追加することが次のステップであることを知っていましたが、問題は、幅広いメールマーケターのためにシンプルでスケーラブルなメール作成をサポートするための適切な機能の組み合わせをどのように保証するかでした。

HTMLからドラッグ&ドロップへ

最終的に、Brazeのパワーユーザーが新しいHTMLエディタをどのように活用しているかを調査することで、製品チームは重要な洞察を得ることができました。主要なユースケースをサポートするために、製品チームは、リンクリターゲティングのサポート、調整可能な役割と権限のコントロール、メディアライブラリなど、追加のメール機能を導入する必要があることを発見しました。これらの洞察に基づき、プロダクトはこれらの重要な機能を優先し、コンテントブロックのサポートと共に、フル機能を備えたメールのドラッグ&ドロップエディタの実装に取り組み始めました。

「私たちは、Brazeの顧客に理想的なメールエディタについて尋ねることから始めました。それがどのような見た目で、どのように機能するかについてです」とGurbir は述べました。「また、市場にある他のメールエディタも調査し、それらの長所と短所を分析しました。そうすることで、カスタマーエンゲージメントチームが直面している問題点をどう解決できるかを探りました。エディタの最終的な形はどうあれ、迅速かつスケーラブルなメール作成と送信が可能であり、さまざまな顧客が自分たちのやり方でメールプログラムを運用できるような柔軟性が必要だと理解していました。」

Brazeの顧客基盤の多様性を考えると、プロダクトチームはどのようなものを実装しても、必ずしもすべての顧客が発売時に望んでいるもの、または必要としているものになるとは限らないことを知っていました。しかし、最小限の実用製品(MVP)から始めて、反復的なアプローチを取ることで、ドラッグ&ドロップエディタのコア機能が顧客にとって有用であることを検証し、必要に応じて方向性を変えるための柔軟性を保持することができました。

そこから、Brazeは、メールプログラム管理者が最も低い運用インパクトで最高のROIと柔軟性を得られるように(つまり、簡単に!)、機能を追加・改良していきました。ドラッグ&ドロップエディタに関連して、一度に1つの機能に集中することで、製品チームとエンジニアリングチームは、継続的な改善とお客様にとってより良い結果をサポートする方法で、実装、展開、洞察の収集を行うことができました。今日、Brazeのドラッグ&ドロップエディタは、プロモーションコードから詳細なリキッドロジック、AIコピーライティングアシスタントまで、基礎的かつ最先端の、時間節約とワークフロー最適化のための数多くの機能を誇っています。私たちの継続的な開発サイクルにより、製品に改良を重ね、可能な限り最高のものにすることができます。

最後に

このプロセスによって、私たちはBrazeのメール製品を業界トップレベルにまで高めることができました。それも、プロダクトチームの反復的で、最小限の実用製品(MVP)を中心とした開発アプローチを守りながらです。その成果は、簡単なドラッグ&ドロップ操作で、魅力的でカスタマイズされたメールを約1分でデザインできるツールです。


Team Braze

Team Braze

関連コンテンツ

A phone showing an email with different icons around it

効果的なメールマーケティング戦略の究極ガイド

もっと読む

メール

2024年 メール配信の到達に関するアップデート: GmailとYahooメールに期待すること

もっと読む

メール配信機能

最新のメール事情:YahooとGmailの2024年から導入される新しい配信要件について

もっと読む

リテンション

湯快リゾート、リテンション強化戦略としてダイレクトチャネルに注目、 Brazeの活用で、パーソナライズ施策を強化

もっと読む