メール配信機能


2024年 メール配信の到達に関するアップデート: GmailとYahooメールに期待すること

Team Braze 作成者: Team Braze 2024/01/18

最新のメール配信ガイドラインに従うことは、メールマーケティングキャンペーンを成功させるための鍵となります。メールを購読者の受信トレイに確実に届けることは、オーディエンスの育成において非常に重要なステップです。消費者行動の変化、業界の新たな規制、メールサービスプロバイダによる新たな要件に対応することで、メールマーケティングの手法は絶えず進化しているため、変化するガイドラインに対応すること自体がベストプラクティスなのです。

    2023年10月、世界で最も広く利用されているメールプロバイダーであるGmailとYahooの2社が、2024年初頭にメール配信に影響を与えるアップデートを導入すると発表しました。

    注:日本のYahoo!メール(@yahoo.co.jp / @ymail.ne.jp)については今回の変更は対象外となります。


    新たな要件を理解するために、以下について説明します:

    • GoogleとYahooが2024年に向けて発表したメール配信の変化とは
    • なぜこのようなメール配信の変更が行われるのか
    • GoogleとYahooが発表したメール配信の変更がマーケターに与える影響
    • メール配信とメールリストのメンテナンスが重要な理由
    • 2024年の新しいメール配信の変更に備えるための4つのステップ
    • Brazeがどのように配信到達性を強化しているか

    GoogleとYahooが2024年に向けて発表したメール配信の変化とは

    GoogleとYahooは、顧客にとってより安全で快適なメール体験を提供するため、 1日あたり 5,000 件を超えるメールを一括送信する送信者向けに新たな要件を展開しています。

    2024年初頭から、大量のメールをYahooやGoogleのユーザーに送信する場合、以下のことが義務付けられます。

    1. メールの認証

    メール認証は、ユーザーがスパムやなりすましによる詐欺メールを受け取らないようにし、第三者がブランドや個人になりすますのを阻止するために考案されたものです。

    個人の場合、メール認証は、メール受信者が(悪意のある個人または他のブランドや人になりすましたものから)保護され、メールボックスに配信され るメッセージが信頼に値するものと保証することを目的としています。

    ブランドにとっては、メール認証は、不注意によりスパム送信者として認定されてしまうことを防ぐ第一の防御線です。

    メール認証には、送信者ポリシーフレームワーク(SPF)、ドメイン・キー識別メール(DKIM)、ドメインベースメッセージ認証・報告・適合性(DMARC)など、いくつかの種類があります。

    Googleの2024年の認証要件では、大量送信者はなりすましを防止し、送信したメールがスパムと判定されるのを避けるために、SPFまたはDKIMとDMARCでメールを「完全に認証」する必要があるとしています。(GoogleのFAQはこちら)

    Yahooの2024年の認証要件では、送信者は以下の業界標準の認証方法を使用して、「より強力な電子メール認証を実装」する必要があります: SPFまたはDKIMおよびDMARC(YahooのFAQはこちら)

    2. 受信者がワンクリックで簡単にメールの配信を停止できるようにする

    GmailとYahooは、ユーザーがブランドからのメール受信を拒否するために、面倒な手続きをする必要がないようにしたいと考えています。今後、一括送信者は、メールキャンペーン内で直接 list-unsubヘッダーを経由して、ワンクリックで配信停止できるオプションを購読者に提供する必要があります。(この取り組みの一環として、両プロバイダーは、影響を受けるすべての送信者にRFC 8058の採用を義務付けています)

    3. 設定されたスパム率の基準値を超えないこと

    スパム率は、メールユーザーによって報告されたスパムとされる電子メールの割合を、受信した合計メッセージと比較したものです。GmailとYahooの両方がスパム率の閾値を公表しており、大量のメールを送信する者はこれらの閾値を上回らないようにする必要があります。他の要因が存在する場合、0.3%より低い閾値でスパムフォルダへの配信やメッセージのブロックが発生する可能性があるため、スパム率をできるだけ0.0%に近づけるのが最善です。これにより、メールユーザーが不要な、未承諾の、または関連性のないメッセージを受け取るのを防ぐのに役立ちます。

    2024年2月1日から、Googleはブランドに対して、同社のPostmaster Toolsで報告されたスパム率を0.10%以下に保ち、スパム率が0.3%以上に達するのを避けることを要件とします。また、2024年2月からYahooもスパムの苦情率の最大値を0.3%に制限します。

    *Googleは、Gmailの受信者に1 日あたり 5,000 件を超えるメールを送信する企業またはユーザーを、大量送信者と定義しています。

    なぜこのようなメール配信の変更が行われるのか

    YahooとGoogleは、これらの新しいメールの配信要件を導入して、顧客のメール体験を向上させることを目指しています。その目標は、ユーザーの受信トレイが不要なメールで溢れかえらず、個々が実際に読みたいと思っているメッセージを受け取れるようにするためです。

    2023年10月の発表において、Googleはこれらの変更に関して、Gmailに組み込まれたAI を搭載したフィルタリング機能が目標をサポートし、スパム、フィッシング、マルウェアの99.9%以上を防いでユーザーの受信トレイに侵入させないようにしており、ほぼ1日あたり150億通の望ましくないメールをブロックしていると述べました。しかし、メールボックスプロバイダーは、ユーザーの受信トレイを安全かつスパムから解放するためにさらなる取り組みが必要であると認識しています。

    大量送信者が自分たちのメールを保護できない場合、メール送信者の正体を確認するメール認証基準を実装しない場合には、悪意のある第三者によるなりすましが可能になります。Yahooは、今後メール認証を義務付けることで、スパムの識別とブロックがより効率的に行えるようになり、数十億もの望ましくないメッセージがユーザーの受信トレイに到達するのを防ぐのに役立つと述べています。

    GoogleとYahooが発表したメール配信の変更がマーケターに与える影響

    メールの認証や、Brazeのようなメールマーケティングプラットフォームを使用してユーザーの要求に基づいて自動的に登録解除しているといった、既にメールマーケティングのベストプラクティスに従っている企業は、これらの新しいルールを遵守するためにあまり多くの調整を行う必要はないかもしれません。

    メール認証の設定をせず、ワンクリックでの登録解除を許可せず、ユーザーの登録解除リクエストを2日以内に処理しない、またはGoogleおよびYahooのスパム率のしきい値を超える大量送信者は、メールマーケティングのパフォーマンスに悪影響を与える可能性があります。バウンス率が上昇し、メールの配信が遅延したり、キャンペーンがまったく配信されなくなる可能性があります。考慮された望ましいメールコミュニケーションでさえ、スパムフォルダに入り、意図された受信者がそれらを見たり対話したりしない可能性があり、これがコンバージョンの低下につながる可能性があります。


    Googleのメール送信者のガイドラインによれば、大量送信者が遵守しない場合、ブランドのメールは拒否されるか、顧客のスパムフォルダに直接配信される可能性があります。

    メール配信とメールリストのメンテナンスが重要な理由

    メールは、ある試算によると38:1のROIを誇るなど、顧客とのつながりを築くための非常に強力な手段です。とはいえ、ドアをノックしたり、呼び鈴を鳴らしたりしない限り、誰かにドアを開けさせることはほぼ不可能なように、メールの配信とメールリストの健全性のベストプラクティスに従わない限り、ユーザーの受信トレイに到達することは難しく、これらは強力な送信者の評判を築くために重要です。送信者のレピュテーションが高ければ高いほど、あなたのメールが目的のユーザーに届く可能性も高くなります。

    受信者のエンゲージメントは、送信者のレピュテーションを評価する際の主要な要因です。過剰なクレームやポジティブなエンゲージメントの不足は、メールがブロックされるか、ユーザーのスパムフォルダに配信される可能性があります。開封、クリック、返信、転送、およびスパムフォルダから受信トレイにメールを移動することは、メールが受信者にとって望ましく、期待されていることを示す指標であり、将来的な受信トレイへの配置の可能性に寄与します。

    健全なメールリストを維持することは長らく重要な戦略とされています。受信者が過去6ヶ月間にメールを開封またはクリックしていないといった古典的なベンチマークに該当するメールアドレスを対象とするブランドは、メールがブロックされたり、直接迷惑メールとして送信されるリスクがあります。

    Brazeのメール配信チームは、エンゲージメント戦略に最適なポイントを見つけるためにメールプログラムを分析することをお勧めしています。 Brazeのグローバルメール配信兼コンプライアンスのシニアディレクターKelly Hoganは、「各送信者は独自の顧客ベースを持ち、メールデータを詳細に調査すると異なる洞察が得られるでしょう」と述べています。「しかし、一般的な経験則として、組織はメールの検証を設定し、サインアップ時に二重オプトインを実装し、過去6ヶ月間にメールを開封していないユーザーを自動的に停止するよう心がけるべきです。これらは、業界や業種に関係なく、配信率の向上につながる実践方法です。」

    GmailとYahooの最新の変更は、上記およびその他の既存のメール配信およびメールリストの健全性の基準を更に強化しています。これらの基準は、ブランドが意図したオーディエンスにリーチし、エンゲージメントを高めるために理解し、遵守する必要があります。

    2024年の新しいメール配信の変更に備えるための4つのステップ

    GoogleとYahooの今後の規定に先んじて進む最善の方法は、新しいルールに準拠するために必要な変更を実施することです。

    次の4つのステップは、どちらのメールサービスも今後の大量送信者に期待しているものです。

    Brazeがどのように配信到達性を強化しているか

    配信力とメール戦略の分野で、合わせて100年以上の経験を持つBrazeのメール配信チームは、クラス最高のメールマーケティングを実現し、配信力からコンバージョン、長期的な継続率に至るまで、この強力なチャネルのあらゆる面でマーケティング担当者が成功を収められるよう支援します。ここでは、より強力な配信をサポートするBrazeの2つのサービスの概要をご紹介します。

    1. Brazeメール配信センター

    このセルフサービスツールは、送信されたメールと企業の送信ドメインのデータを追跡し、ブランドのメールパフォーマンスに関する知見を提供します。Brazeユーザーは、IPアドレスや送信ドメインごとに送信者の評判を確認したり、認証をチェックしたり、配信エラーを特定したりして、配信に影響を与えている可能性のある問題を発見し、対処することができます。

    2. Braze配信モニタリングとプレミアム配信サービス

    Brazeは、配信率の目標達成を支援する2つの専門的なサービスオプションを提供しています:

    • メール配信力モニタリング: 配信モニタリングでは、メールオンボーディングセッションを強化し、指定されたBraze配信コンサルタントと毎月1対1のチェックを行います。このサービスでは、IPとドメインのウォーミングアップ、メールパフォーマンスのモニタリングとレポート、配信戦略に関するコンサルテーションを提供します。
    • プレミアムデリバラビリティサービス: プレミアムデリバビリティサービスでは、Brazeのデリバビリティコンサルタントによる、よりきめ細かいオンボーディングと継続的なサポートを受けることができます。担当のエキスパートが貴社のメールマーケティングチームの一員となって、メール配信の評価やパフォーマンスに関する詳細な情報を提供し、戦略的なメール施策を支援します。

    まとめ

    結局のところ、これらの新しい配信要件は、すべてのメール送信者が既知の一貫した優れた基準に従うことを意味します。これは、すでに有意義な顧客関係を築いているマーケティング担当者にとってはメリットです。シームレスで最適化された消費者体験を提供することに尽力しているブランドは、利益を得る立場にあります。このような取り組みの結果、受信ボックスが迷惑メールやスパムから解放され、魅力的なブランドメッセージが際立つ可能性が高まります。

    メール配信に関するよくある質問

    GoogleとYahooのメール配信に関する要件はいつから適用されるのですか?

    Yahooの要件は、2024年2月から適用されます。Gmailのルールは2024年2月1日から適用されます。両プロバイダーは、2024年6月1日までに、list-unsubscribeヘッダーを経由してワンクリックで配信停止できるようにするための要件を送信者に求めています。

    GoogleとYahooが導入した、2024年施行される主な大量にメールを送信する送信者要件にはどのようなものがありますか?

    • メールの認証
    • 受信者がワンクリックで配信停止できるようにする
    • 2日以内の配信停止リクエストに対応すること
    • 0.3%のスパム率を超えないこと

    2024年、GoogleとYahooは大量送信者にどのようなメール認証方法を導入しますか?

    GoogleとYahooの両社は、送信者に対してSPF、DKIM、DMARCによるメール認証を要求しています。

    大量送信者がYahooとGoogleの新しい要件を満たせなかった場合、何が起こるでしょうか?

    これらの対策に従わなかった場合、以下のようなことが起こる可能性があります:

    • バウンス率の増加
    • メール配信の遅延
    • ユーザーの迷惑メールフォルダへの振り分け
    • 送信者の評価の低下
    • 開封、クリック、会話などのメールパフォーマンスの低下


    その他のメール配信に関する情報はこちら:

    最新のメール事情:YahooとGmailの2024年から導入される新しい配信要件について

    マーケター向けのノーコードツール開発:Brazeのメール機能を進化させる反復プロセス

    【2022年版】顧客思考のメールマーケティング手法とは?メリット・デメリットについても紹介


    Team Braze

    Team Braze

    関連コンテンツ

    配信到達性(デリバラビリティ)の指標:メールのブロックリストの理解とカスタマーエンゲージメントに与える影響

    もっと読む

    メール配信機能

    最新のメール事情:YahooとGmailの2024年から導入される新しい配信要件について

    もっと読む

    メール配信機能

    Google Postmasterを設定すべき理由

    もっと読む