クロスチャネル


Brazeのクロスチャネルとパーソナライゼーションを活用しマーケティングの効率化へ

Team Braze 作成者: Team Braze 2021/08/19

コミュニケーションは現代生活(そして現代のマーケティング)の中心にあり、プライベートにおいてもビジネスにおいても、私たちをつなげてくれるものです。ブランドの核となるメッセージを最良の方法でターゲットに伝え、強力なつながりを生み出すことが、マーケティングという仕事の核とも言えるでしょう。ターゲットとの関係が永続的なものに育まれれば、コンバージョンやリテンション、そして収益につながります。

ユーザーはつながりとその価値を求め、「ユーザー個人」として見られることを望んでいます。それが実現して初めて、ブランド・ロイヤルティ向上へ貢献するという視点を持つのです。

今日のマーケティング業界においては、ユーザーごとにパーソナライズされた複数チャネルの連携や、クロスチャネルで情報を通知するキャンペーンが主流になりつつあります。その際に重要なのは、クロスチャンネルのキャンペーンに必要なデータ・技術・チームを確保することです。

では、クロスチャンネルとパーソナライゼーションがカスタマーエンゲージメントにどのような影響があるのかを見ていきましょう。

クロスチャネルとパーソナライゼーションの効果

マーケターがパーソナライゼーションとクロスチャネル・オーケストレーションを活用することで、より適切で意味のある体験の提供につながり、結果的により大きな成果を得ることができます。

Brazeは、世界中の3億人以上のユーザーを対象に、ユーザーへのメッセージングチャネル(メール、プッシュ通知、アプリ内メッセージ)によって、ユーザーのエンゲージメントがどのように変化するかを調査しました。

調査の結果、クロスチャネルキャンペーンがエンゲージメントに非常に大きな影響を与えることが分かりました。クロスチャネルメッセージを受け取ったユーザーのエンゲージメント率は、メッセージを全く送られなかった人に比べて、844%も高かったのです。

なお、上記とはまた異なる調査では、マーケティングプログラムにパーソナライゼーションを加えることで収益を大きく増加させることができるという結果が出ています。マッキンゼーのジュリアン・ブーデ氏は、「パーソナライゼーションは、平均10~30%の収益アップ、顧客獲得率やエンゲージメントの向上など、大きな価値を提供することができる」と語っています。

多くのブランドにとって、パーソナライゼーションは、マーケティング戦略の成功と失敗の分かれ目になるということです。

クロスチャネルとパーソナライゼーションを活用する際におすすめのBrazeの機能

トップクラスのブランドは、より高い成果を上げるために、クロスチャネルとパーソナライゼーションという2つのアプローチ方法を同時に活用する傾向にあります。

Brazeのプラットフォームは、メールやプッシュ通知などのさまざまなチャネル、モバイルやウェブなどのさまざまなプラットフォームで、それぞれに最適なキャンペーンを構築する機能を提供します。つまり、クロスチャネルとパーソナライゼーションを同時に活用するための機能が備わっているのです。

Brazeがサポートする主な機能は以下の通りです。

・ダイナミックセグメンテーション:最適なユーザーに情報を届けるためのターゲティング機能。

フィルターやセグメンテーション機能を活用してユーザーがウェブやアプリ内においてどんな行動を取っているのかをリアルタイムで分析し、最適なターゲティングをサポートします。

・リキッド・パーソナライゼーション:すでに構築済みの文章に加え、ユーザーごとに最適な文章を自動的に追加する機能です。パーソナライズされた情報が届くため、これまで以上に効果的な広報が可能になります。

・Braze コネクテッド コンテンツ:公開されているAPIやブランド独自のシステムから自動的に情報を取得し、その場でメッセージの内容を調整して、より効果的にユーザーにアプローチできる機能です。

・Braze キャンバス:カスタマージャーニーを管理する機能です。さまざまなメッセージングチャネルをシームレスに活用可能なため、ニュアンスの異なるマルチステップのキャンペーンを把握することができます。

次のステップに進みたい方はこちら

クロスチャネル・パーソナライゼーションを使うことで、ただチャネルごとにメッセージを送るだけでは実現できない体験の実現が可能です。メッセージのパーソナライゼーションとクロスチャネル・エンゲージメントの影響について詳しく知りたい方は、こちらまでお問い合わせください!

*本コンテンツはこちらの原文を翻訳・リライトしたものです。


Team Braze

Team Braze

関連コンテンツ

クロスチャネル

BrazeがThe Forrester Wave(TM):クロスチャネルキャンペーン管理(独立したプラットフォーム)、2021年第3四半期においてリーダーの評価

もっと読む

クロスチャネル

カスタマーエンゲージメントにおいて、クロスチャネルアプローチが重要である理由

もっと読む

エンゲージメント

各チャネルにおける素晴らしい体験について

もっと読む

クロスチャネル

カスタマーエンゲージメントプラットフォーム:完全ガイド

もっと読む