製品機能


Braze Instant Insightsで、より柔軟なリアルタイム分析を

Team Braze 作成者: Team Braze 2023/08/17

15年以上前のモバイルの台頭は、デジタルエンゲージメント、繋がり、顧客データに関する革命を引き起こしました。多くの消費者がスマートフォンやその他のモバイルデバイスに急速に集まる中で、マーケターが顧客から収集できる情報の量が急増し、より革新的で効果的な顧客エンゲージメントの機会を生み出しました。しかし、それはデータ収集、管理、および処理に関する大きな課題も表面化させました。Brazeの調査によると、マーケターの80%は自分たちが取り扱えないほどの多くの情報を収集していると考えています。

その中には、データ収集に関する戦略が不足していることもありますが、マーケターが自由にデータを活用するために必要なツールが不足していることも重大な要因です。このギャップを埋めるために、BrazeはデータクラウドのリーディングカンパニーであるSnowflake社と提携し、新しいカスタマーエンゲージメントの機会を明らかにし、将来の最適化を促進することができる高度な分析エンジンのベータ版を開発しました。このツール、Braze Instant Insights(BII)により、ブランドはリアルタイムでデータとインサイトを活用し、Brazeを使ったクロスチャネルキャンペーンを効果的にパーソナライズすることができます。この新機能の詳細と、それがマーケターにとって何を意味するかについて、ご紹介します。

Braze Instant Insightsとは?

BIIの主な特徴は、お客様がBrazeのキャンペーンやマーケティング施策を、あらゆる職場や地域にわたって統一された方法で簡単に利用できるようにすることです。

BrazeとSnowflakeを基盤に、Streamlitというローコードツールを利用しています。Streamlitはデータを視覚的に魅力的なウェブアプリケーションに簡単に変換できるツールです。BIIのおかげで、Brazeは使用可能なPythonアプリケーションをSnowflakeのユーザーインターフェースから直接ダウンロードできるようになりました。これにより、必要なデータを取得し、それを活用してマーケティング成果を向上させることが簡単になります。

どのようにしてBraze Instant Insightsを構築したのか?

新たな分析エンジンの開発を始めたとき、すでにお客様がデータを閲覧し理解するための様々な方法を持っていることを理解していました。一部のお客様はBrazeプラットフォームに組み込まれているダッシュボードやレポートに焦点を当てていました。また、他のお客様は、自分たちが利用できるデータをよりよく理解し、様々な分析ツールや視覚化ソリューションを活用していました。

Brazeの全てのユーザーにとって我々の手法が価値あるものにするため、Brazeの分析データを、企業が使用しているどのようなデータ共有ツールにも簡単に接続できる方法を見つける必要があると考えました。また、そのデータからマーケターがすぐに使える、具体的なアクションに結びつけることができるようにすることも重要でした。さらに、マーケターが必要に応じて自分のデータソースを持ち込んで分析をカスタマイズできる柔軟性を提供することも目指しました。

そのために私たちはSnowflakeに注目しました。Brazeは、CSVダウンロードやAPIエンドポイントからCurrents Connectorsのような高度な方法まで、マーケティング担当者がデータにアクセスするための多くの方法を用意していますが、この新しいベータ機能では、Snowflake Reader Accountsを活用することにしました。また、Streamlitアプリケーションは、リーダーアカウントとブランドのSnowflakeインスタンスの両方で作成することができるため、Snowflakeの顧客と非顧客の両方がそのテクノロジーを活用して必要なデータを視覚化し、評価できる単一のツールを作成できることを知っていました。

Brazeは次に、BrazeとSnowflake(およびその他のデータウェアハウス)間の直接、事前構築済みの接続をサポートする当社のクラウドデータ取り込み(Cloud Data Ingestion)機能を活用することで、分析した結果を簡単にBrazeに連携することを可能にしています。これらのインサイトをBrazeのカスタム属性やイベントとして、瞬時に取り込むことで、マーケティング担当者は発見したインサイトに対して迅速にアクションを起こし、Brazeプラットフォームを通じて送信するキャンペーンを最適化することができます。

Braze Insight Insightsがマーケターにもたらす価値

BrazeとSnowflake間の継続的なリアルタイム接続のおかげで、お客様はBIIを利用して、アトリビューション分析やリーチ分析などの高度な分析を、既製のStreamlitアプリでシームレスに展開できるようになりました。これにより、Brazeやその他の主要なマーケティング情報のデータを掘り下げてインサイトを発見し、潜在的なカスタマーエンゲージメントの問題を特定するために必要な作業やITにかかる作業・コストを大幅に減らすことができます。

BIIは非常に柔軟で、さまざまな分析やユースケースをサポートすることができますが、マーケティング担当者がBrazeを通じて答えられる(そして行動に移せる)可能性のある質問には次のようなものがあります:

・どのようなキャンペーンが収益に最も良い影響を与えているか?

・Brazeから送っているキャンペーンが、顧客のリテンションにどのような影響を与えているか?

・顧客が解約したくなる要因は何か?

Brazeでこの種の質問に対する回答が得られれば、それに基づいて行動するのは簡単です。例えば、過剰なメッセージ量が新規顧客の解約リスクの高さと相関していることが分かれば、Brazeのフリークエンシーキャップを迅速に活用して、メッセージの送信数が危険ゾーンに入らないようにすることができます。どのようなアクションを取るべきかは、特定した結果によって異なりますが、Brazeプラットフォームの柔軟性と範囲によって、さまざまなメッセージング戦略、最適化、調整を実行することが可能になり、今後よりスマートでインパクトのあるマーケティングをサポートします。

結論

Braze Instant Insightsを導入することで、ワークフローを簡素化、企業が手持ちの情報を理解し、簡単かつ迅速に強力で柔軟な分析エンジンを利用できるようになりました。


Team Braze

Team Braze

関連コンテンツ

キャンバスフロー

カスタマージャーニーとは?作成するメリットやマップの作り方・注意点を紹介

もっと読む

オーディエンス連携

Braze Audience Sync(オーディエンス連携)がチームの壁を取り払い、より強力な成果を生み出す方法

もっと読む

SMS

RCSの次なるステップ:Appleの大きな動きが顧客エンゲージメントに与える影響

もっと読む

Currents

Brazeがデータウェアハウスやサードパーティシステムを横断して、効果的なデータ管理をサポートする方法

もっと読む