A robot hand reaching out to click

メール配信機能


Botなのか否か: メールのBotクリックを理解する

Team Braze 作成者: Team Braze 2024/07/04

メール配信の指標のなかのクリック数が増えていませんか?それはあなただけではありません。分析に熱心なマーケティング担当者にとって、膨れ上がった指標の意味を理解しようとすると、非常に曖昧で、本当にイライラするものです。このようなクリック指標の増加の原因の1つは、Botクリックかもしれません。Botクリックは新しいものではありませんが、より一般的になりつつあります。ここでは、Botクリックについて知っておくべきこと、Botクリックを発見する方法、そして消費者の受信トレイを保護する方法について説明します。

Botクリックとは何か?

メールの「Botクリック」は、メール内のハイパーリンクのクリックが、私たち生身の人間の受信者によってではなく、しばしば「Bot」または「ウェブクローラー」と呼ばれる自動プログラムによって生成された場合に発生します。

なぜBotクリックがマーケティング担当者にとって重要なのか?

エンゲージメントの指標(クリック率や開封率など)を肥大化させるだけでなく、いわゆるBotクリック(ノンヒューマンインタラクション(NHI)とも呼ばれる)は、次のような結果を招く可能性があります:

・配信停止率の増加

・意図しない配信停止行為

・誤ったA/Bテスト結果

・Botトリガーによる自動メッセージングジャーニー

・不正確なフィードバック(例:メール内に複数の選択肢がある質問がある場合、同じユーザーがすべての選択肢に投票したように見える可能性があり、不正確な分析につながる)

・信頼性の低いオプトイン確認

NHIは、企業、政府機関、教育機関など、セキュリティの必要性が高いドメインに送信する場合に多く見られます。積極的な関与の履歴を持つ送信者は、NHIの影響を受けにくいですが、誰も無縁ではありません。

YahooやGmailのようなメールプロバイダーが認証要件を強化させているのを見るに、Botクリックがメールの指標に影響を与え続けているのは驚くことではありません。メールは依然としてマーケターに最も利用されているメディアです。実際、2023年には全世界で1日あたり347Bのメールが送受信されたと推定されており(ブラックフライデー/サイバーマンデーにBrazeの顧客が送信したメールの数が記録的であったことは言うまでもありません)、この数はさらに増加すると予想されています。この量を考えると、今日私たちが目にしている規制は、すべての消費者が価値のある、歓迎される、安全なメールを受け取れるようにするためのものです。

Botクリックを効果的に回避するヒントとコツ

エンゲージメントが高ければ高いほど、NHIが下がる傾向にあるため、メールを送信する際にはベストプラクティスを重視することが重要です。ここでは、Botクリックを回避するために私たちが知っていること、そして私たちのガイダンスをご紹介します:

Botクリックを特定する方法

開封時間帯を追跡しましょう。これは、メールの配信時間と開封/クリック時間を比較する行動ベースのアプローチです。メールが配信されてから1秒以内に開封またはクリックされた場合、その背景には人間ではなく機械が関与している可能性があります。

メールに隠しリンクを追加しましょう。このリンクは、白黒のテキストや句読点、メールに隠されたHTMLコメント内のリンクなど、人間が気づかないようなものです。Botはすべてのリンクをクリックする傾向があるため、見えないリンクのクリックイベントを発生させるユーザーは、実際にはNHIの結果であると結論づけることができます。

注意:セキュリティアプリケーションの中には、メッセージの隠し要素に異論を唱えるほど敏感なものもあるので、この方法は意図した効果とは逆になる可能性があることに注意してください。この方法を検討している場合は、Botとメールのやり取りに関するデータを収集するために、隠しリンクを短期間追加することをお勧めします。

Botクリックへの対処法

目標を明確にします。本当にクリックされることがメール配信の目的なのでしょうか?おそらく違います!実際に重要なことを測定しましょう: コンバージョンです。ESPによっては、アプリセッションやサイト訪問、その他のアクティビティもモニターできるかもしれません。

常にベストプラクティスに従ってください。購読者が本当にメールを欲してオプトインしている、または、データ衛生が完璧であり、バウンスやエンゲージメントのないユーザーを削除するためにリストを積極的に管理しているのであれば、開封率は最小限に抑えるべきです。

確認を求めましょう。もしNHIの配信停止フローがワンステップであるために不用意な配信停止が発生するようであれば、さらに確認が必要なプレファレンスセンターに置き換えることを検討してください。なお、Yahoo/Gmailで必須となっている、list-unsubscribeヘッダーを介したワンクリックによる配信停止を、NHIが妨害することはありません。

メール内のすべてのリンクにHTTPSを使用してください。この追加のセキュリティレイヤーは、あなたのメールが悪意のあるものである可能性が低いことを示すのに役立ちます。

オプトインを修正しましょう。Botがメール内のすべてのリンクをクリックしている場合、偽のクリックを考慮してオプトインと配信停止のプロセスを変更する必要があるかもしれません。クリック確認メールの代わりに、購読を完了するためにユーザーが入力しなければならない数字コードを送信する対策をしましょう。

送信パターンは変えないでください。Botクリックが疑われる場合は、通常通り送信するようにしましょう。これらの自動化された仕組みは、あなたの行動を学習しているため、最も純粋な、変更されていない形で確認する必要があります。あなたが常に変化しているなら、Botはそれに対応するためにクリックし続ける必要があります。

クリックは起こるものであり、それを止めることはできません。検知を逃れようとする試みは、むしろ逆効果になる可能性が高いです。セキュリティ対策は、ユーザー(あなたも!)を守るためにあるのであって、マーケッターを罰するためにあるのではないことを忘れないでください。クリック数が完全に正確であったことはありませんし、開封数も同様です。

要点

最後のアドバイス: もしも、クリック数が増加しているのであれば、冷静に対処してください。これらのクリックは、私たち全員を守るためのものです。ベストプラクティスを実践し、本当に価値のある関連性の高いコンテンツを配信することで、信頼関係を築き、より強い結びつきを得ることができます。

メールについて詳しく知りたい方は、こちらの記事もぜひご覧ください!

配信到達性(デリバラビリティ)の指標:メールのブロックリストの理解とカスタマーエンゲージメントに与える影響

2024年 メール配信の到達に関するアップデート: GmailとYahooメールに期待すること


Team Braze

Team Braze

関連コンテンツ

配信到達性(デリバラビリティ)の指標:スパムトラップの理解とカスタマーエンゲージメントに与える影響

もっと読む

配信到達性(デリバラビリティ)の指標:メールのブロックリストの理解とカスタマーエンゲージメントに与える影響

もっと読む

メール

2024年 メール配信の到達に関するアップデート: GmailとYahooメールに期待すること

もっと読む

メール配信機能

最新のメール事情:YahooとGmailの2024年から導入される新しい配信要件について

もっと読む