メディアおよびエンターテインメント


目まぐるしく変化するメディア・エンターテインメントの世界で、顧客のライフスタイルに合った体験を取り入れよう

Team Braze 作成者: Team Braze 2024/01/11

過去5年間、メディアやエンターテインメント関連のブランドは驚異的な成長を遂げてきましたが、ブームが去ったらどうなるのでしょうか?

Accenture SongAmazon Web Services (AWS)Brazeは、この疑問に答え、メディア・エンタテイメント業界のブランドに実用的なガイダンスを提供するため、この業界の企業が直面する課題と、今日のビジネスチャンスを最大限に活用するためのベストプラクティスを共有するために独占的な提携を結びました。

インターネットの台頭。モバイル革命。COVID-19の大流行によるデジタルコンテンツ消費ブーム。長年にわたり、メディア・エンターテインメント(M&E)ブランドにとって、成長は最重要課題であり、このようなデジタルコンテンツへのエスカレートする関与は永遠に続くのではないかと思われることもありました。しかし今、M&E企業は業界が流動的であることに気づき始めました。

「エンゲージメントはピークに達している。多くの消費者がサブスクリプションに飽きている。そして、新しいテクノロジーの台頭が、この業界を再び破壊し始めている。」

このような状況で成功するためには、M&Eブランドは戦略と焦点の転換が必要です。より多くのユーザーを獲得しようとするのではなく、消費者一人ひとりのライフスタイルに合ったカスタマーエンゲージメント戦略を中心にし、リテンションと顧客主導の成長をサポートする時が来たのです。

一貫していて、パーソナライズされたブランド体験の力

M&Eブランドのマーケティング担当者は、データに関する課題に直面しています。プライバシー規制はますます厳しくなっていて、サードパーティのクッキーはもう限界です。これに対応するため、M&Eブランドはファーストパーティデータを採用し、カスタマーエンゲージメント戦略を強化する必要があるでしょう。

マーケティング担当者は、視聴者や顧客から直接同意を得てデータを慎重に収集することで、視聴者とのより深いつながりを築きながら、長期的な価値を高めることができます。それがどのようなものなのかを紹介します:

レスポンシブ・メッセージ

ユーザー行動に関するファーストパーティデータは、カスタマージャーニーにおけるエンゲージメントと収益化の新たな機会を開くことができ、マネタイズの新たな機会をもたらします。視聴者が閲覧・消費したコンテンツに基づいてメッセージを送信するプロセスを自動化することで、M&Eブランドは顧客の声に耳を傾け、必要な時に必要なものを提供していることを示すことができます。

実際にはどうでしょうか?南アフリカの大手オンライン動画配信サービスであるShowmaxは、ファーストパーティの視聴者データを使用して、チャネル全体にわたる複雑かつ効果的なセグメンテーションシステムを構築しました。このアプローチでは、視聴データと行動データを使用して、各ユーザーのエンゲージメント履歴に基づいてパーソナライズされた自動メッセージを送信し、加入、継続、獲得数を効果的に増加させました。

関連コンテンツの推奨

M&Eブランドは、古いデータに基づいてキャンペーンを送る余裕はありません。消費者は多くの場合、エピソードを見終わったり、記事を読んだり、進行中のリリースについていくのが早いのです。これはリアルタイムのエンゲージメントデータに基づいて推奨コンテンツを送ることができないブランドにとって、既に視聴した、読んだ、聴いたものを、推奨コンテンツとして送ってしまうリスクをマーケターが抱えていることを意味します。ストリーミングデータに基づいて構築されたカスタマーエンゲージメントテクノロジーを採用し、継続的なデータ収集に注力することで、M&Eブランドは最先端の提案を維持し、顧客にも収益にも有意義な価値をもたらすことができます。

実際にはどうでしょうか?グローバルストリーミングサービスのMaxは、アプリ内アンケートを利用して、ユーザーのコンテンツ嗜好に関するゼロパーティデータを収集し、その情報を活用して、各個人におすすめのカスタマイズされたコンテンツを配信しました。このレスポンシブで、データ主導のキャンペーンは、推奨コンテンツの視聴率上昇を含め、エンゲージメントの向上とコンバージョンの増加につながりました。

継続的な最適化

今日の厳しい状況は、成功したM&Eブランドでさえ、その栄光に安住する余裕がないことを意味します。消費者の嗜好や行動は刻々と変化しており、こうした戦略は、カスタマージャーニー全体にわたって周到かつ、継続的なテスト、実験、最適化を行うことでしか、その潜在能力を最大限に発揮できません。コピーやクリエイティブから、ユーザーの行動によって異なる経路に送られるものまで、各体験のあらゆる側面を評価することで、ブランドは何が顧客の心に響くかを常に把握することができ、顧客が何を望み、何を必要としているのかについての繊細な理解をサポートすることができます。

実際にはどうでしょうか?米国大手ストリーミングサービスのPeacockは、パーソナライズされた1年振り返りキャンペーンが効果的に展開されていることを確認するためにテストを実施し、キャンペーンの影響を評価するためにコントロールグループを使用しました。このアプローチにより、必要に応じて調整を行い、解約率を下げ、無料から有料へのアップグレード率を高めたキャンペーンの効果をサポートすることができたのです。

Accenture Song、 AWS、Braze がどのように役に立つのか

今後成功するM&Eブランドは、個々のユーザーにとってユニークに感じられるような、個々に焦点を当てた優れた体験とコンテンツを一貫して提供するための戦略とシステムを構築しているブランドです。しかし、それを実現することは非常に難しいのです。

そして、それを実現する最もインパクトのある方法のひとつが、Accenture、AWS、Brazeの革新的なパートナーシップを活用することです。Brazeは、クラウドベースのテクノロジー、生成AI、クロスチャネルのカスタマーエンゲージメント、卓越したサービスを1つに統合しています。

Accenture、AWS、Brazeを連携して活用することで、以下のことが可能になります:

1. データ価値の最大化: ブランドは、既存の顧客データとシステムからさらに大きな価値を引き出すことができる。

2. 重要な知見の全社的な表面化:顧客データと洞察を組織全体で活用することができます。

3. データ主導の学習へのアクセス: ブランドは、顧客の行動やエンゲージメントに関する洞察へのアクセスが向上し、メッセージングやパーソナライズされた経験による効果的なアクションをサポートします。

4. カスタマーエンゲージメントに関するインサイトの拡大: これらのインサイトは、初期の取り組みにとどまらず、運用ワークフローに統合して拡張することができます。

Accenture、AWS、Brazeのパートナーシップは、以下をサポートします:

・シームレスなユーザーIDの解決

・高度なセグメンテーションと分析

・継続的な顧客データの取り込みとエクスポート

・アクションベースおよびAPIトリガーのメッセージング

・各プラットフォームにおけるオウンドと広告からの経験の整合性

・AIによるレコメンデーション

・AIによるコンテンツ作成、テスト、インテリジェントな最適化

・先進的な業界インサイト、サービス、カスタムビルドソリューション

・他にも....

※こちらの記事は翻訳記事になり、日本では展開されていない情報も含まれます。

その他にもぜひM&E業界に関係する記事やコンテンツをお読みください。

ガイド:ひらめきアイデア大全 メディア・エンターティメント業界向け マーケティング施策30選

ブログ:ストリーミングメディアがユーザーの注目を集めるための方法とは


Team Braze

Team Braze

関連コンテンツ

メディアおよびエンターテインメント

歴史を創る瞬間:NBAがプッシュ通知で祝福を伝える方法

もっと読む

カスタマーエンゲージメント

ディズニーはどのようにユーザーを魅了しているのか?カスタマーエンゲージメントのベストプラクティス

もっと読む

メディアおよびエンターテインメント

ひらめきアイデア大全 メディア・エンターティメント業界向け マーケティング施策30選

もっと読む

メディアおよびエンターテインメント

ひらめきゲーム業界グローバルトレンド ~熱狂するファンの創り方とデジタル施策大全~

もっと読む