ロイヤルティ


1年振り返りキャンペーンって何?:ロイヤルティ構築のためとその活用方法

Team Braze 作成者: Team Braze 2023/11/20

今年もまた、各ブランドが一年間のビジネスを振り返る季節がやってきました。このタイプの分析は、かつては社内の学習や業界の報告書として作成されるのが一般的でしたが、近年では、ブランドにとって、競合他社との差別化を図り、ロイヤリティを高め、自社の得意分野を世間に再認識させるためのコンテンツを作成する手段となっています。

「1年振り返り(Year in Review Campaign)」キャンペーンは、顧客を巻き込み、ブランドの成功とストーリーの中心に据える方法で、マイルストーン、業績、イベントを祝う方法として、今や一般的になっています。

1年の振り返りには様々な形式がありますが、最も人気があるのは、パーソナライズされたもので、かつブランドと顧客との間につながりを生み出すものです。

この記事では、1年振り返りキャンペーンとは何か、なぜ重要なのか、そしてどのようにすればあなたも1年振り返りキャンペーンを作成することができるのかをご紹介します。

1年振り返りキャンペーンとは何か?

1年振り返りキャンペーンは、1年の終わりに向けて、その年の概要をオーディエンスにメッセージする方法です。このようなキャンペーンは通常、ブランドとオーディエンスを祝福するために、その年に起こった行動データのポイント、達成したこと、イベントなどを使います。インフォグラフィック、Eメールレター、ビデオ、レポート、またはそれらの組み合わせなど、形式は様々です。

最も成功しているものは、マルチメディアのアプローチと顧客データを使って、顧客がブランドのストーリーの一部を感じ、達成感を共有できるように体験をカスタマイズしているものです。また、ディープリンクを活用することで、過去に楽しんだアクティビティへの呼び戻しを可能にしています。

1年振り返りスタイルのキャンペーンを活性化するのに最適なチャネルとしては、Eメール、アプリ内メッセージング(IAM)、ブラウザ内メッセージング(IBM)、モバイルプッシュなど、マーケターが利用できる幅広い選択肢があります。

なぜ1年振り返りキャンペーンは重要なのか?

1年振り返りキャンペーンは、正しく行われれば、ブランドと顧客の双方にとって非常に有益なものとなります。

顧客との長期的なつながりを伝える。過去の遡ったデータを利用することで、ブランドは顧客の声に耳を傾け、顧客を大切にしていることを示すことができます。顧客の嗜好や行動を記憶していることを示すことで、ブランドはロイヤルティを証明し、顧客の体験をより適切なものにするというコミットメントを示すことができます。

エンゲージメントを促進する。顧客の功績を強調し、ディープリンクを使用することで、ブランドはオーディエンスを好きな場所に誘導することができます。つまり、ウェブサイトへの誘導をデフォルトとするのではなく、過去に実施した、オーディエンスが楽しんでいる活動や行動に誘導することができるのです。これによって、顧客は理解されていると感じることができます。

ソーシャルメディアへの共有に拍車をかける。よりクリエイティブな1年の振り返りは、顧客にそれを共有し、話題にしてもらうことにつながります。。そうすることで、顧客はブランドの支持者となり、彼らのフォロワーがあなたのブランドをどう見るか、影響を与えることができます。顧客は、ブランドが提供するコンテンツを最大限に生かすことができます。

収益、顧客満足度、ブランド認知度を向上させる。ソーシャルメディアへの共有によって引き起こされる機会には、新規顧客が購入を選択すること、旧顧客が再関与することによる収益の増加が含まれます。また、ブランドと買い手の感情的なつながりが深まることによる顧客満足度の向上も含まれます。パーソナライゼーションの利用は、知られている、評価されている、より広いコミュニティの一員であるという感覚をもたらし、あなたの製品やサービスについて話す人の数が直接の顧客以外にも広がるため、ブランドの認知度も高まります。

来年への興奮をかき立てる。新製品や今後の機能を強調したり、ポジティブな要素を強調したりすることができれば、来年への興奮をかき立てることができます。新年が振り返りと期待の両方の要素を持つのと同じように、1年振り返りキャンペーンも同様の効果を持ちます。

成功する1年振り返りキャンペーンを作成するための5つのヒント

1. 指標と測定

投資収益率(ROI)を決定するために追跡したい成功指標を考えましょう。これは、クリックスルー率(CTR)、ソーシャルシェア、または新規登録や特定のページへの訪問者などです。これらは、キャンペーンの目的とテストや最適化戦略を形成します。また、キャンペーンの開始時、中間時、終了時など、いつ測定を行うかについても検討し、パターンと最適化の機会を確認する必要があります。

2. 意味のあるものにする

このキャンペーンは、自分自身を褒めるためのものではなく、顧客を祝うためのものであることを忘れないでください。データポイントを見直して、顧客にとって最も重要な意味のあるマイルストーンをいくつか選びましょう。そうすることで、本物の目的を持ったつながりが生まれます。

3. ストーリーを作る

明確なストーリーで話題を整理しましょう。データポイントとともに顧客に光を当てた伝えたいメッセージを考え、理想的な反応を呼び起こします。その反応は、感情的なものであれ、商業的なものであれ(おそらく両方)、ソーシャルメディアへの共有、メールの転送、再エンゲージメント、再購読など、行動を起こしたいという欲求を植え付けます。

4. インパクトのあるビジュアル

情報の取り込み方は人それぞれですが、視覚からの印象が強い人には、グラフィックや動画などの視覚的要素を加えることで、より高いインパクトを与えることができます。多くの人はオンラインでも読み飛ばしてしまいます。1年分の情報とストーリーを、ざっと読んで共有しやすいグラフィックに凝縮することは、メッセージの優先順位をつけ、明確にする賢い方法です。作成する際は、BrazeのAIイメージジェネレーターをご利用ください。

5. 波に乗る

エンゲージメントの自然な波が来るので、それを増幅させる計画を持つことが賢明です。ブランド認知の機会を最大化し、自社チャネルでのソーシャルシェアを拡大する方法を考えましょう。マルチチャネルでも同様です。

1年振り返りキャンペーンの4つの実例

1. Peacockの1年振り返りキャンペーン、解約率を20%削減

PeacockはNBCユニバーサルのプレミアムストリーミングサービスで、市場で最も充実したストリーミング製品を提供しています。そしてカスタマーエンゲージメントは、彼らのマーケティング活動の中心です。

2022年が終わろうとしている中、Peacockは、自社のコンテンツライブラリーの充実ぶりを祝い、紹介することで、顧客獲得と顧客維持の取り組みを強化したいと考えていました。

そのため、一人ひとりのコンテンツ消費を紹介し、お気に入りの番組や映画を思い出させ、顧客一人ひとりのことを評価・理解していることを示すキャンペーンを実施しました。

Peacockは、ハイレベルなビジネス目標を設定し、消費者の分析を掘り下げることで、キャンペーンが適切、楽しくクリエイティブで、全ユーザーが消化しやすいものであることを確認しました。

プログラムはBrazeで構築され、キャンペーン全体が1つの場所にまとめられています。また、mParticleとMovable Inkを活用し、データ、パーソナライゼーション、インタラクティブ性の管理に役立てました。

その結果、30日間の解約率が20%減少し、無料購読から有料購読へのアップグレード率が6%向上し、Peacockでのコンテンツ閲覧への再訪率が2ポイント上昇しました。

Peacockの事例の詳細はこちら

2. AA Smartfuelはアプリ内セッションの記録を更新することで、新規アプリユーザーを115%増加

AA Smartfuelは、加盟店で買い物をすると給油割引が受けられるリワードプログラムです。彼らは、より感情に訴えかけるレベルで顧客を惹きつけ、ロイヤルティプログラムの価値をアピールし、ブランドを支持するモチベーションを高めようとしていました。

彼らは、Braze AlloysのソリューションパートナーであるCatch DesignとBraze Audience Syncを利用して、超パーソナライズされた1年振り返りキャンペーンを作成しました。アプリ内メッセージ、プッシュ通知、Brazeコンテンツカード、Eメールを使用することで、顧客を第一に考えたクロスチャネル戦略を提供し、チャネルのサイロ化を解消することができました。

このキャンペーンにより、新規アプリユーザーの115%増加、キャンペーン期間中の月間アクティブユーザー数(MAU)の16%増加、クリック単価の70%効率化、1年間の振り返りメールの開封率45%など、多くの成功をもたらしました。

AA Smartfuelの事例の詳細はこちら

3. GrubhubはパーソナライズされたEメールで話題を作り、利用者を惹きつけた


オンライン及び携帯で、料理の注文と配達を行う大手マーケットプレイスのGrubhubは、ブランドの認知度を高め、利用を促進するために、魅力的でパーソナライズされたEメールキャンペーンを行いたいと考えていました。そこで、1年間の注文状況をまとめたものをEメールで送信し、前年に注文したレストランと再会できる機会を提供しました。

パーソナライズされたコンテンツを統合するプロセスを自動化するために、Braze Content BlocksLiquidによるパーソナライズを使用して、ダイナミックなメールを作成しました。Liquidを使用することで、Grubhubのチームは簡単に様々なメッセージを表示し、テストすることができました。

この1年振り返りメールはGrubhubにとって最も成功したキャンペーンの一つであり、ソーシャルメディアへ共有され話題を呼び、ソーシャルメディア上では前年比100%増加、口コミによる紹介も18%増加しました。

Grubhubの事例の詳細はこちら(英語版)

4. Cabifyはどのように年末キャンペーンを構築したのか

Cabifyは、個人と企業をそれぞれのニーズに最適な移動手段でつなぐマルチモビリティアプリです。Cabifyは、ユーザーにアプリのバージョンを更新してもらえるような、最高の体験をしてもらうための説得力のある方法を探していました。

Cabifyは、利用者のエンドツーエンドの旅を地図上でマッピングしているため、豊富なデータを利用できるBrazeと提携し、アプリ内メッセージングを利用して顧客のマイルストーンをマークし、ユーザーにアプリを更新してもらいました。

Cabifyのこのキャンペーンは大ヒットしました。ローンチから2週間以内に、87%以上のユーザージャーニーが最新のアプリのアップデートで完了しました。70%のユーザーがキャンペーンに参加し、15回以上パーソナライズされたキャンペーンを視聴したユーザーもいました。

Cabifyの事例の詳細はこちら(英語版)


まとめ

1年振り返りキャンペーンは、達成したい具体的な目標があるかもしれませんが、一番は顧客を祝うものであり、より感情的なレベルで顧客とつながりたいという思いが原動力となるはずです。このような年末のキャンペーンは、顧客を喜ばせ、ビジネスがもたらす価値に感謝できるような、楽しくエネルギッシュなものを作る機会をもたらします。

顧客を引き付け、収益化し、維持するための刺激的なキャンペーンのアイデアについては、Brazeのお客様が実際に行ったキャンペーンからインスピレーションを得た50の刺激的な使用例を集めた、ひらめきアイデア大全をぜひダウンロードしてください。

よくある質問

1年振り返りキャンペーンには何を盛り込むべきでしょうか?

キャンペーンに何を含めるかは、求める結果や顧客とのつながり方によって異なりますが、顧客をアイデアの中心に据えているのであれば、おそらくそれは正しい方向に進んでいるはずです。活用できるマイルストーンには、購入、ダウンロード、訪問、ジャーニーなどが含まれます(ただし、これらに限定されることはありません)。

1年振り返りキャンペーンを作成するには、どのようなステップを踏めばよいでしょうか?

計画、調査、アセット作成、カスタマイズはすべて、年末の振り返りを作成する際に必要不可欠です。

1年振り返りキャンペーンの目的は何ですか?

1年振り返りキャンペーンは、話題を喚起し、マイルストーンを強調し、ブランドロイヤルティを構築するなどの目的があります。他にも、エンゲージメント、ブランド認知度、アプリのダウンロードやアップデートなど、1年振り返りキャンペーンから得られる利益はたくさんあります。


1年振り返りキャンペーンについては、こちらの記事も参考ください。

海外で大流行中!?年末年始にぴったりの1年振り返りキャンペーン


Team Braze

Team Braze

関連コンテンツ

カスタマーエンゲージメント

長期的な顧客ロイヤルティの構築: 消費者が求めているものとは

もっと読む

海外で大流行中!?年末年始にぴったりの1年振り返りキャンペーン

もっと読む

本物のつながりを築く: サステナビリティ戦略が顧客ロイヤルティに与える影響

もっと読む

ロイヤルティ

パーソナライズされたプッシュ通知で、顧客の再エンゲージメントとロイヤリティを最大化する方法

もっと読む