AIおよび機械学習


AIマーケティングの極意

Team Braze 作成者: Team Braze 2023/09/09

過去5年、McKinsey や Harvard Business Review をはじめとする著名な専門家は、ビジネスの中でマーケティングがAIの恩恵を最も受けると言ってきました。しかし、最新のAI技術が急速に普及してきた今、AIマーケティングの可能性についての理論はもう古い話です。

大手企業はすでに、広告、コンテンツ、カスタマーサービス、カスタマーエクスペリエンス、カスタマーエンゲージメントにAIマーケティングツールを活用しており、日々新しい技術が追加されています。実際、マーケターの大多数(61.4%)は、自らの取り組みをサポートするためにAIを活用していると言い、88%は顧客の期待に応え、競争上の優位を得るために、AIと自動化の利用を増やすべきだと考えています。

このガイドでは、AIマーケティングが企業にどのような効果をもたらすかをご紹介します。ご紹介する内容は以下の通りです:


AIマーケティングとは?

AIマーケティングは、マーケティング分析、コンテンツ作成、キャンペーンの最適化などのマーケティングタスクを自動化または向上させるために、人工知能と機械学習(ML)を利用するものです。企業はAIマーケティングプラットフォームを使用して、時間とお金を節約し、キャンペーンのパフォーマンスを向上させ、より多くの収益を生み出します。

AIマーケティングの活用事例

Ascend2というマーケティング業界のトレンドに関する報告を専門とする市場調査会社の「マーケティングオートメーションの状況」レポートによれば、マーケターの約3分の1が、自社の広告やパーソナライゼーションの取り組みにAIを使用していると述べています。この研究によれば、他の主な利用事例には以下のようなAIの使用が含まれます:

マーケティング業界の動向調査に特化した市場調査会社Ascend2が発表した「State of Marketing Automation」レポートによると、マーケティング担当者の約3分の1が自社の広告やパーソナライゼーションにAIを活用していると回答しています。同調査によると、他の主な利用事例には以下のようなAIの使用が含まれます:

・おすすめ商品の紹介

・予測分析

・セグメンテーションの改善

・マーケティングキャンペーンを実施するのに最適なタイミングの判断

9つのAIマーケティング事例

マーケティングにおけるAIの話題は絶えることがなく、この分野におけるさまざまな話をキャッチアップすることは骨が折れることかもしれません。しかし実際には、あなたのチームは既にAIを上手く活用し、作業の効率化やより効果的なコミュニケーションを実現している可能性が高いです。ここでは、ブランドがMLやAIマーケティングソリューションを活用して、顧客との理解や関係を深める主な方法を紹介します。

1. マーケティング施策のコピー作成

多くの企業が、ChatGPTを使ったAIコピーライティングツールのような生成AIを活用し、施策の新しいメッセージのアイディアを考え出しています。

an image showing the Braze AI copywriting assistant

2. マーケティング施策の画像作成を自動化

KFC South Africaのような企業は、AI画像生成技術を使って、企業がキャンペーンをより魅力的にする新しいオリジナル画像をすぐに作成しています。

An image created with AI showing wings and a santa hat from KFC South Africa

3. キャンペーンマーケティングのリアルタイム最適化を大規模に実現

キャンペーンが送信される時間や使用されるチャネルなど、マーケティングのアプローチを強化する方法は数え切れないほどあります。AIはこれらの各ステップを自動化し、マーケターが他のタスクをこなせるようにし、最適化までの時間を短縮、最終的に成果を高めています。

4.個々のレベルでのA/Bテストおよび多変量テストの最適な選択肢を選ぶ

通常、キャンペーン開始前の実験レベルでの勝敗は全体の結果を見て適用されますが、AIを使うことで、個々のレベルでの最適なバリアントを自動的に特定してピンポイントで送信することが可能になっています。

5. 解約リスクのある顧客の予測

機械学習は、過去の顧客行動から洞察を得て、同じような行動が起きているときの警告サインを特定することができます。これは、ブランドが潜在的な顧客を失う前に再エンゲージするのに役立ちます。例えばこのようなツールを使って、企業は以下のようなことができます:

・解約リスクの高いユーザーにキャンペーンや割引を送り、購入を促す。

・中リスクのユーザーに、パーソナライズされた月次レビューメールを送ることで、製品やサービスの価値を思い出させる。

・解約リスクのないユーザーをリターゲティングキャンペーンから除外することで、有料広告費を節約する。

6. 顧客の購入可能性を特定する

AIは、解約リスクのある顧客を見つけるだけでなく、あなたのブランドで最も消費額の高い顧客を予測するのにも役立ちます。これを利用して、アップセルやリピート購入を促すためのマーケティング活動を最適化し、顧客の生涯価値を高めるためのマーケティング施策を調整することができます。

7. マーケティング・レポートの作成

画像やマーケティングコピーの作成だけでなく、生成AIを活用することで、チームメンバーの貴重な時間を割いて作成しなければならないような、ダッシュボードやレポートを作成することができます。

8. パーソナライズされたおすすめの作成

AIは、ユーザー1人ひとりに最適な商品、サービス、体験を提案することで、マーケティングのパーソナライゼーションを促進し、将来の購買につなげることができます。

9. マーケティング資料の即時レビュー

AIを活用して、誤字脱字、口調や文法の問題、不適切もしくは攻撃的な言葉の使用について資料をレビューすることで、時間を節約し、企業や施策の信頼性を高めます。

AIマーケティングを活用している3つの企業事例

1. KFCエクアドル

KFCエクアドルは、顧客の多くがアプリを使用してクーポンをダウンロードしているものの、実際にオファーを利用していないことに気づきました。このようなプロモーションでエンゲージメントを促進するために、同社は、予測インサイトと自動化を活用して、受信者がエンゲージする可能性が最も高いタイミングでこれらのマーケティング施策を配信するAIマーケティング技術を発見しました。AIを使って適切なタイミングで顧客にアプローチすることで、KFCエクアドルは収益を15%増加させることができました。

3 phones with in-app messages from KFC Ecuador

2. Delivery Hero

大手ローカルデリバリープラットフォームの Delivery Hero は、どのユーザーが離脱のリスクにさらされているかを把握し、マーケティングチームがターゲットとなる顧客

に働きかけることでリテンション率を向上させることを望んでいました。同社は、予測型のAIソリューションを使用することでリスクのある顧客を特定し、ユーザーの解約の可能性に基づいてパーソナライズされたオファーを送信するプロセスを自動化するAIを搭載したマーケティングモデルを作成することができました。

3. 8fit

健康・フィットネスアプリの 8fit は、機械学習による予測テクノロジーを活用し、購入やコンバージョンの可能性が最も高い顧客を発見しました。これにより、AIマーケティングソリューションを使用しない場合と比較して、コンバージョン率を約4倍向上させました。

Three phones showing 8fit's emails using AI

AIマーケティングの利点

マーケターは、顧客獲得、収益、顧客の維持といった重要なビジネス成果を達成するために、これまで以上に大きなプレッシャーにさらされています。特に、企業が予算を厳しく絞る中で、利用できるリソースが少なくなっている場合が多いです。このような課題に対し、賢い企業はAIマーケティングソリューションを活用して効率化を図り、競合他社よりも迅速に結果を出しています。

1. マーケティングパーソナライゼーションの拡大

AIマーケティングツールを使用することで、過去の顧客行動から学習し、1:1レベルで適切なマーケティングキャンペーンのバリエーション、チャネル、セグメント、レコメンデーションを選択するプロセスを自動化することができます。これにより、1人ひとりに合わせた体験を提供することが可能になります。

2. キャンペーンパフォーマンスの向上

機械学習アルゴリズムは、最も効果的なマーケティングチャネル、個人レベルでのキャンペーン配信に最適なタイミング、どのセグメントにどのキャンペーンを配信すべきか、解約リスクのあるオーディエンスは誰か、購買につながる可能性の高いオーディエンスは誰か、などを予測することができます。このような情報があれば、ブランドはキャンペーンのパフォーマンスや、コンバージョンや収益などの主要な指標が時間とともに伸びていくのを見ることができます。

3. 新しいマーケティング施策の立ち上げにかかる時間を短縮

画像の作成、コンテンツの草案作成、アセットの確認は、キャンペーン開発の主要なステップで、通常は時間がかかり、何度も修正が必要です。AIのおかげで、企業はこれらのステップの一部またはすべてを自動化・支援することができ、制作時間と遅延を削減することができます。

4. マーケティングコストの削減

キャンペーン資料の作成やQAプロセスの一環としてのアセットレビューにAIを活用することで効率化を実現できる企業は、時間だけでなく、追加リソースにかかるコストも削減できます。さらに、機械学習によるスマートなセグメンテーションは、企業が最も価値の高いオーディエンスをターゲットにすることで、広告やマーケティングのコストを削減するのに役立ちます。

5. カスタマーエンゲージメントの深化

さまざまなAIマーケティングツールにより、企業は顧客が開封、クリック、コンバージョンする可能性の高いチャネルを通じて顧客にアプローチすることができます。これにより、個人の嗜好によりパーソナライズされたコンテンツを、最もエンゲージしやすいタイミングで配信することができます。

6. 解約率を下げる

関連性のないコンテンツやオファー。頻繁すぎるまたは不適切なタイミングでの送信による煩わしいメッセージ。AIを使用することで、企業はこのような顧客を遠ざけるような不快な経験を避けることができます。また、予測インサイトを活用することで、解約リスクのある顧客を瞬時に特定し、リテンションを促進することができます。

7. 収益向上

どのコンテンツが反響を呼んでいるのか、どのチャネルが最高のインパクトを与えているのか、どのユーザーが購買意欲を高めているのかを把握することは、これまで企業がリアルタイムで判断するのは困難でした。しかし、AIによってその状況は変わりつつあります。AIの力で得られる新しい知識を活用することで、企業はより多くの収益をもたらす方法で顧客と関わることが可能になっています。

8. マーケティングの生産性と機敏性を高める

AIがマーケターの多くの煩雑なタスクを引き受けることで、多忙なチームメンバーがより迅速に行動し、戦略を推進するための時間を確保できるようになり、これまで以上に迅速に多くのことを達成することができます。

適切なAIマーケティングプラットフォームの選び方

多くの企業にとって、競合からの外圧や、コスト削減やプロセスの自動化を求める社内の圧力が、AIの導入に拍車をかけています。Sage AI by Braze は、企業が時間を節約し、より強力なキャンペーンパフォーマンスを達成できるよう支援してきた実績があります。Sage AI by Brazeの詳細をご覧いただき、当社のAIマーケティングソリューションがどのように作業を効率化し、わずか数クリックでより良い結果を引き出すことができるかをご確認ください。


Team Braze

Team Braze

関連コンテンツ

a person surrounded by personalization attributes

パーソナライゼーション

パーソナライゼーションエンジン完全ガイド

もっと読む

AIおよび機械学習

AIを活用したカスタマーエンゲージメント:A Braze Playbook

もっと読む

リテールおよびeコマース

なぜAIがリテールマーケティング担当者にとって必要なのか

もっと読む

AIおよび機械学習

2024年のマーケティングトレンドを占う

もっと読む