a person surrounded by icons

AIおよび機械学習


AIマーケティングの極意

Team Braze 作成者: Team Braze 2024/05/08

過去5年、McKinsey や Harvard Business Review をはじめとする著名な専門家は、ビジネスの中でマーケティングがAIの恩恵を最も受けると言ってきました。しかし、最新のAI技術が急速に普及してきた今、AIマーケティングの可能性についての理論はもう古い話です。

主要ブランドはすでに、AIマーケティングツールの力を活用して、パーソナライゼーション、テスト、そして大規模なレコメンデーションを実現しています。適切なAIツールは、より速く創造的なコンテンツ生成を可能にし、マーケターはより少ないリソースで戦略とスケールに集中することができます。最高のテクノロジーは、ファーストパーティデータを魅力的なコンテンツ、カスタムレコメンデーション、顧客を長期間引きつける特別な体験を自動化します。

このガイドでは、AIマーケティングが企業にどのような効果をもたらすかをご紹介します。ご紹介する内容は以下の通りです:

AIマーケティングとは?

AIマーケティングの活用事例

ROI最大化に役立つAIマーケティングツール12選

8つのAIマーケティング事例

AIマーケティングを活用している3つの企業事例

AIマーケティングの利点

適切なAIマーケティングプラットフォームの選び方

他のAIマーケティング記事

AIマーケティングとは?

AIマーケティングは、マーケティング分析、コンテンツ作成、キャンペーンの最適化などのマーケティングタスクを自動化または向上させるために、人工知能と機械学習(ML)を利用するものです。企業はAIマーケティングプラットフォームを使用して、時間とお金を節約し、キャンペーンのパフォーマンスを向上させ、より多くの収益を生み出します。

AIはマーケターが、ブランドと顧客とのより強い関係を育む記憶に残る体験を、よりスマートに作り上げ、拡大し、適応させる力を与えます。

AIマーケティングの活用事例

2024年のグローバルカスタマーエンゲージメントレビューによると、マーケターの99%がすでにAIを活用しています。これは、単にコピーやクリエイティブを生成するだけにとどまらず、ブランドにとって有意義な結果をもたらす方法でAIをより活用しようと考えていることを意味します。当社のレポートによると、マーケターは次のような方法でAIの可能性を追求しようとしています:

・創造的なアイデアを生み出す

・繰り返しのタスクを自動化する

・戦略をリアルタイムで最適化する

・データ分析を強化する

・予測分析を強化する

・キャンペーンをパーソナライズする

ROI最大化に役立つAIマーケティングツール12選

1. AIコピーライティングアシスタント

ChatGPTを搭載したAIコピーライティングアシスタントは、プッシュ通知、SMS、Eメール、ブラウザ内およびアプリ内メッセージなど、さまざまなチャネルで使用するコピーを簡単に作成できます。さらに、トーンコントロールにより、生成したいメッセージのトーンを正確に決めることができます。

Braze AI copywriter

2. AIイメージジェネレーター

OpenAIのDALL-E 2をベースに構築されたBrazeのAIイメージジェネレーターは、マーケティング担当者に、負担の大きいクリエイティブチームに頼ることなく(あるいは待つことなく)、アイデア出しからアクションまで迅速に進めることを可能にし、競争上の優位性を獲得することができます。

An image showing how to generate images with AI

3. AIコンテンツQA

AIコンテンツQAツールを使用すると、文法ミスや不適切なコンテンツのチェックなどの作業が簡単になり、チームが戦略に集中できるようになります。

4. AIアイテムレコメンデーション

AIアイテムレコメンデーションは、大規模に各顧客に合わせた次のおすすめ商品やコンテンツを提示するよう設計されています。これをあらゆるチャネルのキャンペーンに簡単に組み込むことで、顧客がブランドからより多くの価値を得られるようにします。


An image showing how Braze AI Recommendations sends personalized recommendations to users

5. AIクエリビルダー

AIクエリビルダーは、自然言語の指示から詳細なSQLクエリを作成してレポート生成を容易にするツールです。これにより、技術的なマーケターが迅速に作業を開始できます。

6. Personalized Variant(パーソナライズドバリアント)

Brazeのパーソナライズドバリアントは、各ユーザーの行動、嗜好、属性に基づいてメッセージを決定するように設計されています。これにより、個々にパーソナライズされたメッセージが自動送信され、各キャンペーンのエンゲージメントとコンバージョンの向上に役立ちます。

an image showing personalized messages that are being tested for customers using AI

7. Personalized Paths (パーソナライズドパス)

パーソナライズドパスは、パーソナライゼーションを大規模に促進します。ジャーニーを自動化することで、各顧客がジャーニーの各段階で最も関心を持ちやすいメッセージコピー、クリエイティブ、チャネル、オファーなどを、すべて簡単なトグルで実現できるようにします。

8.チャーン予測

チャーン予測のようなAIマーケティングツールを使用することで、問題になる前に顧客離れの兆候に先手を打つことができます。このソリューションは、チャーン(解約)のリスクがある顧客を特定し、その行動をマークして、対策を打つ時間を確保します。Braze Audience Builder 機能内のセグメントとフィルタを使用して、魅力的なプロモーションやインセンティブを提供する、高度にターゲット化されたウィンバックキャンペーンを作成することができます。

an image showing a speed gauge pointed to green

9. イベント予測

イベント予測は、製品の購入、定期購読の更新、あるいは新機能の試用など、ユーザーがカスタムイベントを実行する可能性を解釈し、予測するように設計されています。マーケターは、これらのインサイトを使用して、ユーザーに特定のオプションを実行するよう促す適切なメッセージングプロンプトを送信できます。

パーソナライズされたプロモーションコードで、これまで購入の可能性が低かったユーザーに初めての購入を促したり、購入の可能性が最も高いユーザーに大きな注文を促すことまで、この機能はより効果的なエンゲージメントを実現するための無限の可能性を提供します。

10. Intelligent Timing (インテリジェントタイミング)

Brazeのインテリジェントタイミングは、顧客がブランドからのメッセージを受け取りたいと思う最適なタイミングで配信します。朝のメッセージ配信を好む顧客も夜を好む顧客も、

アクションを起こす可能性が最も高い時間帯に正確に配信できるため安心です。

11. Intelligent Channel (インテリジェントチャネル)

イテリジェントチャネルは、過去のエンゲージメント行動に基づいて顧客が好むチャネルでメッセージを送ります。

12. Intelligent Selection (インテリジェントセレクション)

Brazeのインテリジェントセレクションは、時間によるキャンペーン成果を分析し、セグメント内の顧客に最適なキャンペーンを自動で選ぶ強化学習アルゴリズムを利用します。これにより、最も成果を上げるキャンペーンバリアントを自動的にユーザーに送信できます。

8つのAIマーケティング事例

マーケティングにおけるAIの話題は絶えることがなく、この分野におけるさまざまな話をキャッチアップすることは骨が折れることかもしれません。どの程度対応しているかを確認するために、ブランドがML(機械学習)とAIマーケティングソリューションを利用して顧客をより深く理解し、つながり、エンゲージするための主要な方法をご紹介します。

1. マーケティング施策のコピー作成

多くの企業が、ChatGPTを使ったAIコピーライティングアシスタントのような生成AIを活用し、施策の新しいメッセージのアイデアを考え出しています。

AIコピーライティングアシスタントのようなツールは、マーケターが日常的または繰り返し行うタスク、または追加のリソースが必要なタスクにかかる時間とコストを節約するのに役立ちます。

2. マーケティング施策の画像作成を自動化

KFC South Africaのような企業は、AI画像生成技術を使って、企業がキャンペーンをより魅力的にする新しいオリジナル画像をすぐに作成しています。

an image showing KFC's AI generated chicken santa

Pro tip: トーンコントロールとAIコンテンツQAにより、顧客はメッセージに必要なトーンを正確に選択し、メッセージに誤りや不適切な表現がないことを確認することができます。

3. 各ジャーニーの各ステップを最適化

適切なAIツール(例:Brazeパーソナライズドパス)を使えば、ジャーニーのどのステップでも、各顧客に最もエンゲージしやすいメッセージバリアントを簡単にマッチさせることができます。例えば、健康とウェルネスブランドは、複数のタッチポイントを持つオンボーディングジャーニーを作成し、各段階で製品利用を促しプレミアム登録を目指すパーソナライズされたコンテンツバリアントを送信することができます。

4.関連性の高いおすすめを共有

Braze AIアイテムレコメンデーションのようなツールを使用すると、ブランドはあらゆるキャンペーンやチャネルに簡単に組み込み、顧客一人ひとりに次のおすすめ商品、コンテンツ、アイテムを提示できます。パーソナライズされたおすすめは、顧客により良い体験を提供し、顧客がブランドからより多くの価値を得られるようにします。

5. 解約リスクのある顧客の予測

機械学習は、過去の顧客行動からインサイトを得て、同じような行動が起きているときの警告サインを特定することができます。これは、ブランドが潜在的な顧客を失う前に再エンゲージするのに役立ちます。例えば、エンタテイメントブランドは、解約中の購読者に、過去の行動に基づいて彼らが好きそうな新作映画のおすすめを送ることができます。このようなおすすめは、Braze AIアイテムレコメンデーションのようなツールを活用することもできます。

6. 最適な次のアクションを自動化

わずか数クリックで、あらゆるメッセージ、キャンペーン、カスタマージャーニーを自動的にテスト・最適化することで、即座に成果とコンバージョンを向上させます。

例えば、カゴ落ちメッセージやクリエイティブ、ジャーニーの異なるバリアントをテストして、顧客が購入を完了させる動機を探り、最も効果的なバリアントをオーディエンスに送信します。それぞれのユーザーが最も反応しやすいバリアントを送ることで、顧客ごとに戦略を迅速に最適化・改善できます。

7. 顧客の購入可能性を特定する

AIは、解約リスクのある顧客を見つけるだけでなく、あなたのブランドで最も消費額の高い顧客を予測するのにも役立ちます。これを利用して、アップセルやリピート購入を促すためのマーケティング活動を最適化し、顧客の生涯価値を高めるためのマーケティング施策を調整することができます。

8. マーケティングレポートの作成

画像やマーケティングコピーの作成だけでなく、生成AIを活用することで、チームメンバーの貴重な時間を割いて作成しなければならないような、ダッシュボードやレポートを作成することができます。

AIマーケティングを活用している3つの企業事例

1. Majid al Futtaim

10以上の自社ブランドをBrazeに統合したMajid al Futtaimは、SHARE報酬プログラムのマーケティングキャンペーンを一新しようとしました。BrazeのSage AI by Brazeの機能を利用して110以上のキャンペーンを自動化し、成果を出す複雑な顧客ジャーニーを構築しました。インテリジェントチャネルやインテリジェントタイミングなどのAI自動化を駆使して、顧客が最も反応するタイミングとチャネルで適切なメッセージを届けることができるようになりました。

four phone screens showing the majid al futtaim app

2.OneRoof

ニュージーランドのメディア・エンターテイメントの不動産プラットフォームOneRoofは、物件情報や住宅トレンド、インサイト、評価を提供しています。OneRoofは、コンテンツの管理と位置情報データへのアクセス強化のため、BrazeとそのAI機能を利用し、コンテンツのテスト、パーソナライゼーション、メッセージのタイミング、位置情報の利用を改善することで、ユーザー体験を向上させ、データ主導型のタッチポイントを増やしました。

3. 8fit

健康・フィットネスアプリの 8fit は、機械学習による予測テクノロジーを活用し、購入やコンバージョンの可能性が最も高い顧客を発見しました。これにより、AIマーケティングソリューションを使用しない場合と比較して、コンバージョン率を約4倍向上させました。

three phones showing push notifications and the 8fit app

AIマーケティングの利点

マーケターは、顧客獲得、収益、顧客の維持といった重要なビジネス成果を達成するために、これまで以上に大きなプレッシャーにさらされています。特に、企業が予算を厳しく絞る中で、利用できるリソースが少なくなっている場合が多いです。このような課題に対し、賢い企業はAIマーケティングソリューションを活用して効率化を図り、競合他社よりも迅速に結果を出しています。

1. マーケティングパーソナライゼーションの拡大

AIマーケティングツールを使用することで、過去の顧客行動から学習し、1:1レベルで適切なマーケティングキャンペーンのバリエーション、チャネル、セグメント、レコメンデーションを選択するプロセスを自動化することができます。これにより、1人ひとりに合わせた体験を提供することが可能になります。

2. キャンペーンパフォーマンスの向上

機械学習アルゴリズムは、最も効果的なマーケティングチャネル、個人レベルでのキャンペーン配信に最適なタイミング、どのセグメントにどのキャンペーンを配信すべきか、解約リスクのあるオーディエンスは誰か、購買につながる可能性の高いオーディエンスは誰か、などを予測することができます。このような情報があれば、ブランドはキャンペーンのパフォーマンスや、コンバージョンや収益などの主要な指標が時間とともに伸びていくのを見ることができます。

3. 新しいマーケティング施策の立ち上げにかかる時間を短縮

画像の作成、コンテンツの草案作成、アセットの確認は、キャンペーン開発の主要なステップで、通常は時間がかかり、何度も修正が必要です。AIのおかげで、企業はこれらのステップの一部またはすべてを自動化・支援することができ、制作時間と遅延を削減することができます。

4. マーケティングコストの削減

キャンペーン資料の作成やQAプロセスの一環としてのアセットレビューにAIを活用することで効率化を実現できる企業は、時間だけでなく、追加リソースにかかるコストも削減できます。さらに、機械学習によるスマートなセグメンテーションは、企業が最も価値の高いオーディエンスをターゲットにすることで、広告やマーケティングのコストを削減するのに役立ちます。

5. ブランドエクイティの向上

さまざまなAIマーケティングツールによって、ブランドは顧客が最も楽しめる体験を提供できるようになり、開封、クリック、コンバージョンの可能性が高まります。これにより、顧客が最も関心を持ちやすいタイミングで、個人の嗜好によりパーソナライズされたコンテンツを配信することができ、顧客をリピートさせ続ける戦略となります。

6. 解約を防ぎ、適切なユーザーのターゲティングでコスト削減

不要なコンテンツや不適切なメッセージは顧客離れを招きます。AIを活用することで、ブランドはこうした問題を避け、リアルタイムで離れそうな顧客を見つけ出し、リテンションを促進することができます。

7. 賢く働き、創造性を刺激する

AIがマーケターの面倒なタスクの多くを引き受けることで、これまで負担の大きかったチームメンバーがより素早く行動し、戦略の推進に時間を費やすことが可能になり、これまで以上に迅速に成果を出すことが可能になります。

8. 収益向上

どのコンテンツが反響を呼んでいるのか、どのチャネルが最高のインパクトを与えているのか、どのユーザーが購買意欲を高めているのかを把握することは、これまで企業がリアルタイムで判断するのは困難でした。しかし、AIによってその状況は変わりつつあります。AIの力で得られる新しい知識を活用することで、企業はより多くの収益をもたらす方法で顧客と関わることが可能になっています。

適切なAIマーケティングプラットフォームの選び方

多くの企業にとって、競合からの外圧や、コスト削減やプロセスの自動化を求める社内の圧力が、AIの導入に拍車をかけています。Sage AI by Braze は、企業が時間を節約し、より強力なキャンペーンパフォーマンスを達成できるよう支援してきた実績があります。Sage AI by Brazeの詳細をご覧いただき、当社のAIマーケティングソリューションがどのように作業を効率化し、わずか数クリックでより良い結果を引き出すことができるかをご確認ください。


Team Braze

Team Braze

関連コンテンツ

AIおよび機械学習

生成AI(ジェネレーティブAI)とは?AIとの違いや特徴、活用メリットについて解説

もっと読む

AIおよび機械学習

プロンプトエンジニアリングとは?重要性や手法、設計のポイントについて

もっと読む

AIおよび機械学習

Web担当者Forum ミーティング 2024 春

もっと読む

AIおよび機械学習

LLM(大規模言語モデル)とは?仕組みや活用事例について詳しく解説

もっと読む