AIおよび機械学習


なぜAIがリテールマーケティング担当者にとって必要なのか

Team Braze 作成者: Team Braze 2024/04/09

今やAIの時代であることは言うまでもなく、、特に小売やeコマースのブランドのマーケティング担当者にとって、カスタマーエンゲージメント戦略にAIを組み込むことは必要不可欠です。なぜなら、AIの力を活用できなければ、時間を浪費し、スキルの向上を遅らせることになるからです。マーケターには学習曲線がありますが、驚くことにそれはAIの使い方を理解することではなく、ビジネス上の課題を解決するためにAIをどのように使うかを判断することなのです。

ここで費やされる時間は、通常3つの分野に集中します:戦略とプランニング、キャンペーン管理、データ分析です。ここでは、AIがキャンペーン管理やデータ分析に必要な時間とスキルを削減し、戦略や創造性のための時間を確保する方法を紹介します。

1. AIがデータ分析を代行

データを実用的なインサイトへと変換するのは非常に大変なことです。Brazeの調査によると、小売業のマーケティング担当者の59%が、ビジネスインテリジェンスチームと協力してテストを実施し、インサイトを報告しています。

マーケティング担当者が、データインサイトを通じて新しいキャンペーンの目的を決定したいというシナリオを考えてみましょう。そのためには、どのような行動や経験が顧客の購買意欲を高めるかを知る必要があります。

Sage AI by Brazeᴹコンバージョン相関機能を使えば、マーケティング担当者は、購入経験のある顧客は未購入の顧客よりも月間セッション数が多く、ウィッシュリストに商品を追加する可能性が高いことが分かるかもしれません。マーケティング担当者はセッションを促進し、ウィッシュリストに商品を追加するようユーザーを促すことを目的としたキャンペーンを開始することができます。これはすべて、ビジネスインテリジェンスチームに手を借りることなく行うことができ、時間とリソースを節約することができます。

バリュー(価値):

・データを活用した、より良い顧客体験

・実用的なインサイトに到達するためにカスタムレポートや分析を作成する従来のプロセスを排除することで、時間を節約

・ビジネスインテリジェンスチームやツールへの依存を軽減

2. AIがキャンペーン構築を通じてクリエイティブなアイデアを引き出す

小売業やeコマースビジネスの多くは、複数の商品カテゴリーにわたって数百、数千の商品を扱っています。1日に無限の時間があるのであれば、クリエイティブと商品の組み合わせでどのようなコンバージョンが得られるかを把握するために、多くのテストを実施しなければならないかもしれません。勝者のバリアントを使用すると、マーケティング担当者は、すべてのテストから最もパフォーマンスの高いバリアントを自動的に配信することで、それを行うことができます。

さらにAIは、キャンペーンの複数のバージョンを構築する際に、創造性を高めるのに役立ちます。例えば、マーケターが過去の行動や嗜好に基づいて、さまざまなカスタマージャーニーを設定するとしましょう。AIイメージジェネレーターAIコピーライティングアシスタントがあれば、顧客が都会志向でも南国志向でも、それぞれの顧客に合ったクリエイティブを簡単に作り上げることができるのです。

バリュー(価値):

・顧客維持率と生涯価値の向上

・複雑なキャンペーンを短期間で作成

・よりクリエイティブでブランドエクイティを構築するキャンペーン

3. 顧客に専属のスタイリストがいると思わせる

多くの企業が、機械学習(ML)を活用したカスタム商品カタログやオーディエンスを作成するチームに投資しています。理想を言えば、小売業者は、まるで専属のスタイリストからおすすめされているように思わせたいものです。AIを活用して、このようなチームの負担を軽減し、個人レベルでのレコメンデーションをパーソナライズするシナリオを見てみましょう。

AIアイテムレコメンデーションは、すでにBrazeに接続されている商品カタログを使用して、顧客が購入する可能性が最も高いトップ商品を自動的に推奨することができます。また、パーソナライズできるのは表示する商品だけではありません。関連する商品詳細に基づいてメッセージ全体を動的に生成し、真の1:1体験を提供することができます。

バリュー(価値):

・購入率と購入頻度の向上

・多様なパーソナライズソリューションを1つの集中型ツールに移行することで、複雑さを軽減

・ML/AIチームへの依存を減らすことで、リソースを節約し、より迅速な対応を実現

4. 魅力的なカスタマージャーニーを推測で作らない

今日、顧客はかつてないほど多くのチャネルやプラットフォームでつながっているため、購買までの経路はますます複雑になっています。顧客にメッセージを送る適切なタイミングとチャネルを見極めるには、多くの推測かテストが必要です。あるマーケティング担当者が、ロイヤルティプログラムの顧客にもっと購入してもらいたいと考えているシナリオを見てみましょう。ロイヤルティキャンペーンには2つのパートがあります: それは、サインアップ特典のリマインドと、店舗クレジットカードに関連したアップセルです。現在、サインアップ時にすぐにプロモを含むメールを送り、7日後に店舗クレジットカードのメールを送っています。

勝者のパスを使用することで、小売業者は複数のキャンペーンバージョンを設定し、どれが自社の目標を最もサポートするかをテストすることができます。1日後、3日後、7日後にサインアッププロモーションのリマインダーを送るべきかどうか、顧客が商品を2回以上見た後、購入した後、または好意的なレビューを残した後に、店舗クレジットカードのアップセルを行うべきかどうか、メッセージはメール、SMS、プッシュのどれが最も効果的かを知りたがっています。つまり、27の異なる経路が生まれることになります。そこで、Brazeを使えば、27の経路を1つのCanvasでシームレスに管理でき、ロイヤルティ顧客は自動的に最も効果的な経路に送られます。

バリュー(価値):

・ロイヤルティプログラムのエンゲージメントとROIの向上

・効果的なキャンペーンを実施する上で、実験が邪魔になる可能性を軽減

・データ分析に費やす時間とリソースの削減

5. AIを活用し、オンライン上で可能な限りリアルに商品を体験してもらう

顧客はまだ実店舗にやって来る:54%の消費者は、店舗で購入する前にオンラインで商品を閲覧することを好んでいます。店舗で買い物をすることには複数の利点があり、それが店舗での買い物がより高い売上と相関している理由です。しかし、店舗での利点をどのようにオンライン体験に反映させれば良いでしょうか?

まず、AR(拡張現実)で店舗を再現し、顧客に店舗での買い物体験を感じさせます。次にAIを使って、まるで店内で店員と一緒に買い物をしているかのように、各商品についてアドバイスをします。顧客が新しいスタイルが自分にどう似合うか知りたければ、AIを使ってその服を着た画像を生成し、イメージを与えることができるでしょう。いくつかの服を生成し、顧客にその服全体または一部を画像から直接購入させることができます。

バリュー(価値):

・より多くの購入を促進し、返品を減らすことによる収益の増加

・差別化された体験による口コミでブランド認知度の向上

AIは魅力的なマーケティングを可能にし、誰でも利用可能

より優れたマーケターになるために、今ほど良い時はありません。シンプルで既成概念にとらわれないソリューションを今日から導入することで、時間を節約し、創造性を高め、収益を上げ、他のテクノロジーへの依存を減らすことができます。また、顧客のブランド体験に革命をもたらすような、より野心的で刺激的なAIの応用もあります。世界トップクラスのマーケターを目指すのであれば、AIは今や習熟のための基本スキルの一部であり、必ず使うべきツールです。その可能性を受け入れ、カスタマーエンゲージメントの取り組みを次のレベルに引き上げるために活用してください。

AIを使ってよりスマートに仕事をし、素晴らしい体験を生み出す方法についてもっと知りたい方は、Sage AI by Braze™をぜひご覧ください。


Team Braze

Team Braze

関連コンテンツ

AIおよび機械学習

生成AI(ジェネレーティブAI)とは?AIとの違いや特徴、活用メリットについて解説

もっと読む

AIおよび機械学習

プロンプトエンジニアリングとは?重要性や手法、設計のポイントについて

もっと読む

AIおよび機械学習

Web担当者Forum ミーティング 2024 春

もっと読む
a person surrounded by icons

AIマーケティングの極意

もっと読む